おすすめ!ハードロック名盤~Yngwie malmsteen「Trilogy」~

ハードロック名盤として、今回紹介させていただくのはYngwie malmsteen(イングヴェイ・マルムスティーン)の「Trilogy」(トリロジー)というアルバムです。

当時、ハードロック嫌いだった私をハードロックの世界へ導いてくれたのは、Yngwie malmsteenでした。

ハードロックが好きになりたての頃、英語表記の読み方が良く分からず、Yngwieを「イングウェイ」と言ったり、AlcatrazzのボーカリストGraham Bonnet(グラハム・ボネット)を「グラハム・ボンネット」と言ったりして、友人によく訂正されました(>_<)

私はYngwie malmsteenが好きで、何度かLIVEを見に行きました。一番良かったのはジョーリンターナーがボーカリストだった時のLIVEでした。

Yngwie malmsteen以外にバンド内に要となるメンバーがいると、バンドとしてのまとまりや一体感をLIVEを見ていて感じました。それ以後のLIVEは、Yngwie malmsteenがどんな場面でも目立っており、バンドとして成立していない感が満載でした((+_+))

スポンサーリンク

Yngwie malmsteenとは

スウェーデン出身のギタリスト兼ソングライターです。ディープ・パープル等のハードロックとクラシックの影響を受け、そのギターは、激しくも非常に美しい旋律を奏でます。

正確に超絶スピードで弾きまくるわがままギタリスト

元スコーピオンズのULI JON ROTHのようなハーモニックマイナーという非常に哀愁漂う音階を、無駄のないピッキングや正確なスィープ奏法等を用いて、ものすごい速さで弾きまくるギタリストです。

スティーラーというバンドでデビューしましたが、脱退後に加入したアルカトラズで人気を博し、アルカトラズ脱退後は、ソロとなり、現在でもソロで活躍しています。

正確にはソロでなく、バンド名義になったりと複雑なのですが、いずれにせよ、Yngwie malmsteenの自己中心的なものなので、あえてソロ活動と書かせていただきました。

Yngwie malmsteenは、基本的に自分の思い通りに事を進めたいタイプで、自分の意見とメンバーの意見が合わない場合、協調するより、そのメンバーを解雇してしまう度合いの方が強いです。

よって、メンバーはかなり流動的で、時には自分一人で多重録音をしてアルバムを出してしまうこともあります。

音楽性は一貫していてアルバム毎に傾向が変わることはありません。Yngwie malmsteenの大ファンの方なら、傾向が変わらないので安心して聞く事が出来ると思いますが、Yngwie malmsteenは好きだけど、大ファンという訳ではないという方にとっては、アルバム毎に同じようなギターフレーズや曲調が多数あるため、お腹いっぱいと思われることもあると思います。

アルバム「Trilogy」について

Yngwie malmsteenがソロになってから現在まで、ライブアルバムを除くと21枚のアルバムをリリースしています。

私がハードロックに目覚めたきっかけは、Yngwie malmsteenのファーストアルバム「Rising Force」に収録されている「Icarus’ Dream Suite Op.4」というインストの曲でした。

ハードロックはうるさいものと思っていた私にとって、この曲は非常に繊細で美しいメロディー、正確な速弾き、ディストーションが掛かっているのかいないのか分からないぐらいクリーンなギターの音、、、衝撃でした。

しかし、今回紹介させていただくのは、このファーストアルバムではなく、サードアルバム「Trilogy」です。

数あるアルバムの中から「Trilogy」をおすすめする理由

現在まで数多くのアルバムをリリースしている中からこのアルバムを選んだのは、Yngwie malmsteenのアルバム全曲に渡る作曲センス、ギターのバッキングやソロの構成、曲に合ったボーカル、サウンド(音質)面の良さといったトータルバランスに長けているためです。

他のアルバムでも良いアルバムはあるのですが、上記に挙げた何かが欠けていたり、アルバムをリリースするごとにYngwie malmsteenの手癖による同じようなフレーズのオンパレードになってしまったりするため、初期の色々な意味でバランスの取れた「Trilogy」を選びました。

個人的には、4thアルバム「Odyssey」(オデッセイ)、7thアルバム「The Seventh Sign」(ザ・セブンス・サイン)、8thアルバム「Magnum opus」(マグナム・オーパス)もボーカルの良さと楽曲センスの良さがあり、おすすめなのですが、Yngwie malmsteenを聞いたことがない方でしたら、やはり「Trilogy」をまず初めに聞いてみてください。

アルバム参加メンバー

このアルバムではベーシストがおらず、Yngwie malmsteen自身がベースを弾いています。そのため、曲の所々にベースの速弾きが見られます。

ボーカルは、マーク・ボールズという方で、音楽雑誌「BURRN!」の1999年のベストボーカリストに選ばれるほどの実力の持ち主です。後に、ハードロックバンド「ROYAL HUNT」のボーカリストになったこともあります。

ドラムはアンダース・ヨハンソン、キーボードはヤンス・ヨハンソンで、この2人は兄弟です。アンダースが兄です。

彼らは、「シルバー・マウンテン」を初め、色々なハードロックバンドに所属しており、彼らの所属したバンドを追って聞いてみるのも面白いと思います。

ちなみにキーボードのヤンス・ヨハンソンは、今年(2016年)の6月に19年ぶりに復活した、リッチーブラックモア率いるRAINBOWのキーボーディストとして参加をしています。

アルバム「Trilogy」の楽曲構成とアルバム全体の雰囲気

収録曲は以下の通りです。

  1. You Don’t Remember, I’ll Never
  2. Liar
  3. Queen In love
  4. Crying(インスト)
  5. Fury
  6. Fire
  7. Magic Mirror
  8. Dark Ages
  9. Trilogy Suite Op:5(インスト)

ミドルテンポの派手な曲で幕を開け、その後ハイテンポ、インストといった具合に、曲順も良く練られています。

現在のYngwie malmsteenは、あまり作り込まれたリフを弾くことは少ないのですが、このアルバムは、曲ごとにギターリフや曲の始まり方などよく考えられています。

さっきこんな曲きかなかったっけ?ということはなく、1曲1曲丁寧に作り上げられた印象があります。

圧巻なのは最後の曲「Trilogy Suite Op:5」で、ギターの速弾きから始まり、途中から正確な3連符を弾きまくります。

ギターとキーボードとソロ掛け合いを経て、アコースティックギターのバラードが始まります。

その後、ドラムタムの速い連打とシンクロしたギターフレーズをきっかけに、再度エレキギターが顔を現し、ミドルテンポのカッコいいリフと共にハードな曲調になっていき、その勢いのまま曲は終了します。

この曲でYngwie malmsteenが弾くベースは、Mr.Bigのベーシスト、Billy Sheehan(ビリー・シーン)のごとく、かなり高速です。

まとめ

Yngwie malmsteenのアルバムは、後になればなるほど、手抜きなんじゃないかと思われてしまう作品も多くみられます。ただ、そういったアルバムの中にも、皆さんの琴線に触れる珠玉の名曲が何曲か入っていることも確かです。

もし、Yngwie malmsteenを気に入られたなら、「Trilogy」を切っ掛けとして、ファーストアルバムから順に聞いてみてください。

当ブログのハードロック名盤をおすすめする時、私は、次に聞いて欲しいのは○番目のアルバムと大体記載するようにしているのですが、Yngwie malmsteenに限っては、上記の通りファーストから順に聞いて欲しいと思います。

Yngwie malmsteenの作曲、サウンドプロデュースに対する考え方の変化が、アルバムを追うごとに分かります。

どこまでYngwie malmsteenを追えるかチャレンジしてみてください!

関連事項

胸を打つ!泣きのギター~おすすめ泣き泣きハードロック~

おすすめ!ハードロックのインスト BEST 30 Part 1

こんな感じでハードロックを聴いていきました(^^♪

ハードロック関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
おすすめ!ハードロック名盤~Yngwie malmsteen「Trilogy」~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする