宇宙戦艦ヤマトの音楽が好き!~さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち~

1970年代から80年代にかけて私たち胸を熱くさせた宇宙戦艦ヤマト。

2012年から現在まで、かつての宇宙戦艦ヤマトシリーズに新解釈を加えた「宇宙戦艦ヤマト 2199」「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」が公開、ソフト化されていますが、皆さんはご覧になったでしょうか?

リアルタイム世代の方には賛否があると思いますが、いずれにせよ、宇宙戦艦ヤマトが現在でも息づいて、世代を問わず認知されることは嬉しい限りです。

私は宇宙戦艦ヤマトが大好きで、ヤマトクルーの生きざまに大きな影響を受けました。

それと同時に、美しい旋律を持つ宇宙戦艦ヤマトの音楽にも惹かれました。

今回は、宇宙戦艦ヤマトシリーズの音楽の中から、私が大好きな曲を思いつくまま紹介したいと思います。

スポンサーリンク

名曲選~宇宙戦艦ヤマト・さらば宇宙戦艦ヤマト~

宇宙戦艦ヤマトの第1シリーズがテレビ放送された頃、私は幼過ぎて、その世界観を理解することが出来ず、ほとんど見ませんでしたが、繰り返される再放送を見ているうちに、ヤマトクルーの熱い思い、戦術の妙、印象深い音楽に魅力を感じるようになりました。

その後に公開された劇場版「宇宙戦艦ヤマト」を映画館で見てからは、完全に宇宙戦艦ヤマトの虜になり、宇宙戦艦ヤマトの粗を突く友達と戦いながら、宇宙戦艦ヤマトの良さを訥々と語っていました。

宇宙戦艦ヤマトは、科学的根拠の甘い部分や、無理のあるストーリー設定などから、ハマる人はハマる、ハマらない人は全くハマらないという賛否が極端に分かれるタイプのアニメでしたが、新作の製作が続いているところを見ると、宇宙戦艦ヤマト作品の根底にある”愛”というテーマが、新しい世代の方々にも支持されているような気がします。

宮川泰の珠玉のメロディー

そして忘れてはならないのが、宮川泰さんの作曲した音楽で、宇宙戦艦ヤマトのヒットは、宮川泰さんの音楽との相乗効果があってこそだと思います。

宇宙戦艦ヤマトのために作られた宮川泰さんの音楽、特にメロディーは非常に印象深いものが多く、これらの楽曲は、単なるBGMとしてでなく、「ゴッドファーザー」「鉄道員」といった名画の名曲のような1曲の独立した音楽として成立するクオリティーの高い作品となっています。

かつて、松本零士作品を宮川さん指揮によるオーケストラで演奏する「幻想軌道」というライブに2年続けて行きましたが、とても素晴らしく、感動したのを覚えています。

ヤマトの名場面と使用楽曲

ここでは、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」を中心とした私の好きな名曲を、その使用シーンとともに紹介したいと思います。

宇宙戦艦ヤマト

ストーリー開始時のナレーションが入るシーン(遊星爆弾の降り注ぐシーン)

多くの方はご存知かと思いますが、「ア~ア~」という川島和子さんの美しいスキャットの曲が使用されていました。

CDのETERNAL EDITION File No.1 「宇宙戦艦ヤマト」 には「無限に広がる大宇宙」という題名で収録されています。

イスカンダルに到着したシーン

さわやかで美しく雄大なメロディーを持つ曲が使用されました。

ETERNAL EDITION File No.1 「宇宙戦艦ヤマト」 では「惑星イスカンダル」という題名で収録されています。

さらば宇宙戦艦ヤマト

オープニングで白色彗星が画面いっぱいに広がるシーン

最初は重々しいパイプオルガンの旋律のみで奏でられ、途中からパイプオルガンの伴奏が入ってくる曲です。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「白色彗星」という題名で収録されています。

同じ曲のバリエーション違いなのですが、古代たちがテレサを解放した後に映る彗星帝国のシーンで使用されている、ダイナミックに始まるバージョンも好きです。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、デスラー総統」という曲名で収録されています。

ヤマトクルーが英雄の丘で敬礼するシーン

ゆったりとした曲調の悲壮感と決意、男気を感じる、主旋律にトランペットを使用した曲です。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「英雄の丘」という題名で収録されています。

テレザート星の地下でテレサを発見するシーン

神秘的でありながら優しさを感じるスローテンポの曲です。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「テレサの祈り」という曲名で収録されています。

古代と対峙した傷ついたデスラーがピストル落とすシーン

悲壮感のある曲で、敵側の曲でありながら胸を打つメロディーです。

「さらば宇宙戦艦ヤマト」音楽集では、「デスラー孤独」という曲名で収録されています。

負傷したユキが医務室で古代に泣き崩れるシーン

「大いなる愛」という曲の1バリエーション的な曲ですが、短い演奏時間でありながらドラマティックで、ユキの心情がよく分かる曲です。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「医務室にて」という曲名で収録されています。

都市帝国に潜入し、動力炉を破壊するため真田、斉藤を残して古代が涙を流しながら立ち去るシーン

川島和子さんの「ア~ア~」のスキャットのドラムなしの静かに始まるバージョンです。この曲がかかることによって悲壮感がぐっと増します。

ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「決意」という題名で収録されています。

クルーを退艦させ、古代一人がヤマトに残るシーン

バイオリンの悲し気で美しい旋律をピアノ伴奏で奏でる曲です。

通常のサントラの「さらば宇宙戦艦ヤマト」では、「想人(おもいで)」という曲名で収録されていますが、ETERNAL EDITION File No.2&3「さらば宇宙戦艦ヤマト」愛の戦士たちでは、「永遠の生命」という曲名で収録されています。

<次のページ>宇宙戦艦ヤマトの音楽が好き!~新たなる旅立ち・永遠に・完結編~

関連事項

新宿で昭和を満喫!かっこいいピカデリーの宇宙戦艦ヤマト

懐かしTVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
宇宙戦艦ヤマトの音楽が好き!~さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク