ハイレゾ対応イヤホン YAMAHA EPH-200 試聴レビュー

人気を博したYAMAHAのイヤホン「EPH-100」をハイレゾ対応に進化させたイヤホン「EPH-200」が、2017年12月20日に発売されました。

YAMAHAという音にこだわるメーカーから発売される、ダブルフランジを採用したイヤホンに興味を持ったので試聴してみました。

スポンサーリンク

独特の個性を持つYAMAHAのイヤホン

外観

筒状の本体は約5~6mmぐらいで、太すぎず細すぎずといった印象です。

本体からMMCX端子が垂直に出ていて、試聴前は、この部分はゴツくて邪魔かなと思っていましたが、実際に手に取ってみると、ほとんど違和感はなく、むしろこの部分があるおかげで持ちやすい感じでした。

LRの区別は、ケーブル側のMMCX端子部分にLRの表記があり、その他、R側のMMCX端子の輪郭部分に赤のカラーリング、L側のケーブルの付け根の部分にドットが付いており、左右の区別がつきやすい仕様になっています。

本体は軽く、長時間歩きながら使用しても、イヤホンがずれて来るという心配はあまりなさそうです。

装着感

付属のイヤーピースは、SS,S,M,L,LLと5種類あるようですが、試聴機に装着されていたのは少し大きめに感じました。

ただ、試聴機には大体デフォルトのMサイズが装着されていることが多いため、きっとこの試聴機のイヤーピースのサイズもMか、来店客の希望で一時的にLに変更されていたかといったところです。

この状態で装着した感じですが、あまり耳の奥に入りませんでした。

イヤーピースが大き目だったという事もありますが、イヤーピースの形状もSHUREのトリプルフランジのように先細りでなく、ノズル径自体も太めなので、イヤーピースのサイズをSなどに変更したとしても、SHUREのトリプルフランジのような深めの装着は困難かと思います。

このダブルフランジは耳の少し奥と耳の位置口付近を塞ぐ感じで、イヤーピース自体は硬すぎず柔らかすぎずといった適度な質感があるため、イヤーピースによる耳への違和感は感じませんでした。

ただ、先程もお話しした通り、ノズルが太目なので、人によって装着ポジションが異なり、ベストポジションを見つけづらい感じもあるせいで、音質の評価が分かれるような気がしました。

ダブルフランジの効果で遮音性は高く感じました。

イヤホンケーブルにはタッチノイズ軽減のためのセレーション加工(ケーブルに溝がある)がなされていますが、試聴時、少しケーブルに触れただけで、かなり大きなタッチノイズが出ました。

EPH-200は、本体が耳から飛び出す作りになっていて、SHUREのSE215等のイヤホンのようにイヤホン自体が耳にぴったりと納まる形状ではないため、ケーブルの振動がダイレクトに届く感じです。

SHURE掛け(ケーブルを耳に掛ける)すればタッチノイズは軽減されると思いますが、イヤホンの形状から言って、SHUREと同等のタッチノイズのなさは期待できないと思います。

音質

試聴にあたり、DAP(デジタル・オーディオ・プレイヤー)は、SONY NW-ZX2を使用し、イコライザー等の音響効果設定は、全てオフの状態にしてあります。

試聴曲は以下の通りです。

  • 斉藤由貴「卒業」
  • BABYMETAL「ギミチョコ!!」
  • Wink「淋しい熱帯魚」
  • Black Sabbath「Headless Cross」
  • THE ALFEE「星空のディスタンス」
  • 高橋洋子「残酷な天使のテーゼ(Director’s Edit.Version)」

ファイル形式はflacですが、「星空のディスタンス」と「残酷な天使のテーゼ」は、ハイレゾ音源です。

上記の曲を聴いてみて、聴く曲によって印象が異なるということはありませんでした。

音場(空間)は左右に広めで、音自体は近めです。

音のバランスはボーカルが一歩前に出る印象です。

低音は少なめに感じましたが、ベースやバスドラムの音は締まっていて、かつ適度な肉付きもあるため、薄っぺらいという感じではなく、きっちりと重さを感じることが出来ました。

高音部を中心とした細かい音は明るくはっきりと聴こえます。

全体的に柔らかめの音ですが、少し癖のある音で、自然な音と言い難い印象を受けました。

まず、一番耳につくのが高音部で、耳に刺ささらないギリギリのエッジ(音の輪郭)のキツさがあります。

これに関しては、高音の粒立ちが良いという言い方をされる方もいると思います。

その他、ボーカルのサ行やタ行、バスドラム等の音のアタック音に「シャチッ!」という感じの刺激音を感じます。

この辺りは、イヤーピースの選定やイヤホンの挿入深度によって、ある程度緩和されると思いますが、いずれにせよ、少し癖のあるイヤホンと言えそうです。

まとめ

少し癖のあるイヤホンと言いましたが、こういったイヤホンはハマる曲にはハマるので、EPH-200の購入を検討されている方は、ネットのレビューのみで購入の可否を判断せず、出来れば自分の好きな曲で試聴して判断されると良いと思います。

★Amazon YAMAHA EPH-200商品紹介ページはこちら

関連事項

タイプ別Bluetoothワイヤレスイヤホンのおすすめと留意点

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
ハイレゾ対応イヤホン YAMAHA EPH-200 試聴レビュー
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク