至高の美声 八神純子 ヒット曲に隠れた名曲の数々 PART1

70年代後半から80年代が私の歌謡曲ど真ん中で、初めて八神純子さんの歌を聞いた時、聞いたことのない美しくやさしく伸びやかで艶やかな声に魅了されました。

曲中で吹くサンバホイッスルも曲に合っていて、とても気持ち良かった記憶があります。私の家にもおもちゃのサンバホイッスルがあって、よく八神純子さんのマネをしていました。

当時、私は八神純子さんの曲と言えば、自分の良く見るザ・ベストテン等の歌番組で歌唱された「みずいろの雨」「パープルタウン」「Mr.ブルー~私の地球~」「ポーラースター」ぐらいしか知りませんでした。かろうじて「想い出のスクリーン」「思い出は美しすぎて」は知っていましたが、、、。

後になって八神純子さんのアルバム、ベストアルバム等を聞き、八神純子さんの名曲はまだまだたくさんあることを知りました。

今回のPart1では、上記に挙げた曲以外で、アコースティックサウンドを中心とした癒し系の曲を何曲か紹介したいと思います。

スポンサーリンク

アコースティックサウンドの優しくゆったりと癒される曲

「パープルタウン」等、ザ・ベストテンなどにランクインした曲や80年代に発表された曲は、結構派手なサウンドと力強く伸びやかな声で聴く人を圧倒したものでした。

ここでは、お茶でも飲みながらゆったりと八神純子さんの美声に浸れる曲を紹介します。

雨の日のひとりごと(1974年)

八神純子さんのデビュー曲です。ヤマハのポプコンというコンテストで、自ら作詞作曲をしたこの曲を歌い、優秀曲賞を獲得しました。3歳からピアノを習っていて、歌同様にピアノの演奏も、とても上手です。この時、八神純子さんは16歳でした。

ファーストアルバム「思い出は美しすぎて」の1曲目にも収録されていますが、シングルとアレンジが違い、歌も取り直ししています。

シングルバージョンはガットギターとシェイカーのゆったりとしたボサノバのリズムと、明るい曲調で終始曲は流れていきます。八神純子さんは全力で歌っていて、ビブラートが強くかかっています。サビでは八神純子さんの高音が鼓膜を震わせます!

アルバムバージョンは、悲し気なピアノの悲し気なメロディーで始まります。途中からゆったりとしたボサノバのリズムにのせた明るく優しいメロディーに変わります。リラックスした歌い方であまり強くビブラートをかけず、曲がさらりと流れていく感じがします。

この曲の八神純子さんの声は、16歳という事もあって、少し線が細めでかわいらしい声です。どちらのバージョンも良いのですが、デビュー曲としては、シングルバージョンの方が刺激的でよいです。

さよならの言葉(1978年)

4枚目のシングルです。ただ、この曲は八神純子さんの作詞作曲ではなく、第13回ポプコンで優勝した小野香代子さんの作品です。いわゆるカバーソングですね。

アコースティックギターを中心としたゆったりとしたテンポの優しいメロディーです。

「雨の日のひとりごと」と「さよならの言葉」の辺りの八神純子さんの高音は、非常にキラキラしていて、朝倉理恵さんの美声を思い出します。

目覚めた時に(1978年)

5枚目のシングル「みずいろの雨」のB面の曲です。

サックスから始まるおしゃれで心休まるメロディーを持った曲です。

この曲辺りから、ため息交じりに出す声など、大人のアーティストといった雰囲気が出ています。

Mellow Cafe(1992年)

15枚目のアルバム「Mellow Cafe」の2曲目に収録されているタイトル曲です。

リズムマシーンのゆったりとしたリズムにピアノの伴奏を主体とした安らぎソングです。

力強い高音域はあまり使わず、肩の力を抜いた歌い方をされています。

まとめ

今回紹介させていただいた曲ですが、皆さんご存知でしたか?

八神純子さんの声が大好きだった方、もし知らない曲がありましたら、ぜひ聞いてみてください。

こういったゆったりとした曲調で、初期のかわいらしさの残る声を聴いてみたい方は、ファーストアルバム「思い出は美しすぎて」を聞いてみてください。

2016年7月20日にBSCD2仕様で、1600円程度の比較的お求めやすい価格で再発されています。

さて、次回のPart2では、カッコいい曲、グッとくるバラードなどを紹介したいと思います。

よろしければ、また遊びに来てください!

関連事項

至高の美声 八神純子 ヒット曲に隠れた名曲の数々 PART2

岩崎宏美 珠玉のアルバム収録曲レビュー

八神純子と双璧をなす「下成佐登子」全シングルレビュー~

美声歌手 朝倉理恵のおすすめ曲!

70-80年代ニューミュージック記事一覧

昭和TVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
至高の美声 八神純子 ヒット曲に隠れた名曲の数々 PART1
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする