「Xperia Ear Duo XEA20」試着&試聴レビュー~音質と操作性~

2018年4月21日に発売となる完全独立型ワイヤレス(Bluetooth)イヤホン「Xperia Ear Duo XEA20」。

30分程ですが、銀座のソニーストアにて、店員さんに話を伺いながら先行展示品を試着、試聴してきました。

音声やアクションによってスマホを快適に操作できる開放型ワイヤレスイヤホンといったイメージですが、今回、私が注目したのはイヤホンとしての音質。

この手の製品の記事を読むと、音質はそれなり…とか、クリアなどと書いてありますが、具体的にどんな音質なのか、イヤホンで言うとどのレベルなのかよく分かりません。

今回は、「Xperia Ear Duo XEA20」を試着、試聴し、感じた事を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

「Xperia Ear Duo XEA20」のターゲットは?

「Xperia Ear Duo XEA20」を試着、試聴するに当たって、あらかじめSONYの公式サイトや製品情報が載っている記事などを読んで行きました。

ここでは、「Xperia Ear Duo XEA20」の機能面についてはあまり触れないので、機能面・スペックに興味のある方は、公式サイト等をご覧になってみてください。

公式サイト以外では、PHILE WEBに掲載されている記事も情報量が多く、参考になりましたので、是非読んでみてください。

★PHILE WEB 「Xperia Ear Duo XEA20」記事はこちら

外観と装着感について

展示品は3台あり、いずれもショーケースの中に入っていました。

店員さんに声をかけて取り出してもらい、試着、試聴しました。

色はブラックとゴールドの2色で、ブラックは他の方が試着していた為、今回はゴールドを試着させてもらいました。

ゴールドと言っても落ち着いた色で、いわゆるシャンパンゴールドという風合いです。

手に取った感じは、非常に軽く、ボールペン1本を持っているぐらいの感覚でした。

耳たぶを挟み込むように、下から上にスライドさせて装着しますが、ちょっと戸惑いました。

装着は簡単そうに思えましたが、耳に当てる角度に慣れるまで、スパッと一発でハマらない印象を受けました。

一度装着してしまえば、本体が非常に軽量で、変に耳周辺に違和感を感じることもなく快適でした。

それでいながら、頭を激しく振っても耳から外れるどころかズレることもなく、装着感と装着安定性は秀逸でした。

丸形の充電機能付きポーチも非常に軽量で、イヤホンの出し入れも、変に引っかかったりすることもなく、脱着し易かったです。

操作面について

まず既にペアリングされているデモ用のスマホを使って、店員さんが「Xperia Ear Duo XEA20」の機能について教えてくれました。

イヤホン本体の表面(SONYのロゴが書いてある面)は左右ともタッチパッドになっていて、ここをタップ、スライドさせることによって、様々なアクションが出来るようになっています。

これは、専用アプリをインストールすることによって、任意のアクションに変更させることが出来ます。

展示品では、左のタッチパッドをワンクリックすると音楽の再生・停止、首を左右に振ると曲飛ばし・戻しという設定になっていたので、やってみました。

音楽の再生・停止、曲飛ばし等については、1回で反応する時もあれば、何回かやってみて、やっと反応するなど、不安定でした。

曲が中々飛ばなくて困っていたら、店員さんが「こんな感じでもっと大きく首を振ってみてください」とアクション付きで言ってくれたので、真似してガンガン首を振りましたが、それでも反応したりしなかったり…今になってちょっと首がイタタです(;^ω^)ハハハ

音量調整は、左のタッチパッドを上下にスライドすることによって行う設定になっていましたが、これは指のスライド具合に応じて音量が変化して行くという感じではありませんでした。

つまり、スマホのタッチパネルでの音量調整のように、指をスルスルに動かしてリニアに調整するのではなく、上や下に1回ずつスパッと動かして、ちょっとずつ調整するという感じです。

ペアリングについて

手持ちのスマホやウォークマンとすんなりペアリング出来るかどうか試してみました。

スマホはHUWAI P9 LITE、ウォークマンはNW-ZX2です。

NW-ZX2はアンドロイドのバージョンが4.2.2なので、接続できるか店員さんに伺ったところ、Bluetoothで接続して音楽を聴くという事なら問題ないという事でした。

接続については店員さんにやってもらいましたが、スマホやウォークマンでBluetooth機器を検索しても中々見つからず、やっと見つかって接続できたと思っても音が出ないので、再度接続のやり直しという作業を繰り返しました。

これは店内に色々な電波が飛び交っていたことが原因なのか、「Xperia Ear Duo XEA20」に問題があるのか、それとも接続するスマホとの相性があるのか不明です。

音質について

耳の穴に当たるパッドは3種類の大きさがあるようですが、デフォルトのままで違和感がなかったので、そのまま音楽を流しました。

スマホやDAP(デジタルオーディオプレイヤー)にイヤホンを挿して音楽を聴くのと比べると、音量は小さめで、ボリュームを最大近くにして、やっとイヤホンで音楽を聴いているという感じでした(個人差はあると思いますが)。

外の音を取り込みながら音楽を聴くというコンセプトのため、パッドには大きな穴が開いており、このパッドは、いわゆるカナル型のイヤーピースというよりは、本体から伸びる音の管を固定するだけの役割のようです。

さて、音質についてですが、さりげなく音が鳴っていますよという感じで、通常のイヤホンで音楽を聴いている感覚とは全く違います。

音は軽く、低音の重みは全くと言っていい程感じません。

フィット感の物凄く甘いイヤホンの音を鳴らしている感覚にも近い気がしますが、鳴っている音は、それほどシャリシャリしている感じでもなく、一定のレベルは保っている印象です。

その他、音のバランス、ボーカルの聴き取りやすさ、厚み、解像度など、何というか、それがどうのこうのというレベルの音の鳴り方ではありませんでした。

試聴するまでは、ipod等に付属しているインナーイヤー型イヤホンに近い音質なのかなと思っていましたが、個人的には、それとも全く違う、とりあえず聴くに堪えうる不快感のない音が鳴っていますという印象でした。

音楽だけでなく、youtubeを使って動画も見てみましたが、音の遅延はなく、快適に鑑賞することが出来ました。

まとめ

店員さんも言っていましたが、「Xperia Ear Duo XEA20」は、音楽鑑賞を主眼とする製品ではなく、スマホを快適に操作するツールのように思えました。

展示品の状態が「Xperia Ear Duo XEA20」の完成品で、この状態のまま来週発売されますとのことでしたが、ペアリングや操作の不安定さなどは、今後のアップデート等である程度の改善はなされると思います。

単純なBluetoothイヤホンとして、「Xperia Ear Duo XEA20」が気になっている方には、おすすめしづらいですが、最先端の技術を詰め込んだ製品として注目されている方は、是非一度触れてみて、その機能を確かめてみてください。

★Amazon「Xperia Ear Duo XEA20」商品紹介ページはこちら

関連事項

タイプ別ワイヤレスイヤホンのおすすめと留意点

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
「Xperia Ear Duo XEA20」試着&試聴レビュー~音質と操作性~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする