おすすめ!ハードロック名盤~WOLF HOFFMANN「CLASSICAL」~

今回、ハードロック名盤として紹介させていただくのは、WOLF HOFFMANN(ウルフホフマン)のソロアルバムCLASSICAL(クラシカル)です。

スポンサーリンク

ウルフホフマンとは

ウルフホフマンは、スコーピオンズと同郷のドイツの誇るヘビーメタルバンドACCEPTのギタリストです。

ACCEPTは1979年のデビューして以来、2度の解散、再々結成を経て、現在も活動しています。

ACCEPTの音楽は、ジューダス・プリーストのようにパワーのあるボーカル、スピード感のあるリズム、ザクザク刻むギターという典型的ヘビーメタルバンドです。

ちょっとここで注釈なのですが、私はハードロックとヘビーメタルは分けて考えていないので、時々ハードロックとかヘビーメタルとか書き方がちぐはぐになる時もありますがご容赦ください。

メロディアスなギターを奏でる鋼鉄の哀愁男

話を元に戻します。さて、ウルフホフマンですが、彼の特徴はギターソロを中心としたギターのメロディーが非常にメロディアスで、曲によっては、ギターソロが始まると別のバンド?と思えてしまうものもあります。

その典型的な曲がアルバムタイトル曲である「METAL HEART」という曲です。この曲はミドルテンポの重いヘビーメタルなのですが、間奏になるとウルフホフマンは「エリーゼのために」のメロディーを弾き始めます。

このように、ウルフホフマンは非常にメロディーを大切にするギタリストと言えます。

アルバム「CLASSICAL」について

収録曲
1. 「カルメン」~前奏曲(ビゼー)
2. 山の魔王の宮殿にて (グリーグ)
3. ハバネラ (ビゼー)
4. アラビアの踊り (チャイコフスキー)
5. モルダウ (スメタナ)
6. ボレロ (ラベル)
7. エリーゼのために (ベートーヴェン)
8. 「カルメン」~間奏曲 (ビゼー)
9. ソルヴェイグの歌 (グリーグ)
10. ウェスタン・スカイ (ウルフ・ホフマン)
11. 威風堂々 (エルガー)

このアルバムは、ACCEPTが2度目の解散をした時期の1997年に発表されたものです。

全曲クラシックをハードロックにアレンジしたインストアルバムで、これ程ハードロックギタリストのソロアルバムでクオリティーの高いアルバムはないと思います。

ギタリストのソロアルバムは、大抵弾きまくりか、ソロでやる必要あるの?というものが多いのですが、このアルバムはソロだからできた彼の持つ才能を全開にした渾身のアルバムです。

ハードロックとクラシックの最高バランスの融合!

ハードロックとクラシックを融合したアーティストはたくさんいますが、そのブレンド具合が非常に重要で、中途半端な融合だと期待していたリスナーはガッカリします。

私は美メロが好きなので、この手のアルバムはたくさん聞いてきましたが、満足いくものはあまりありませんでした。

しかしこのアルバムは、基本をハードロックとしながらも、うまい具合にクラシックの美旋律を散りばめ、ハードロックとクラシックの気持ち良さを両方兼ね備えた仕上がりになっています。

マイケルシェンカーかリッチーブラックモアかウルフホフマンか

アレンジの手法やギターの弾き方は、マイケルシェンカーやリッチーブラックモアに似ている部分も多く、あたかも彼らがタッグを組んで作り上げたアルバムのようにも感じられます。

とにかく美しいメロディーが、時はカッコよく、時には悲し気にアルバム全編に響き渡ります。

このアルバムが発表されたのが、1997年で、ACCEPTも解散している時期でもあり、80年代を中心にハードロックを聞いていた方々にとっても、この年辺りは、情報が抜けていたような気もするので、この最高のアルバムを埋もれさせてはいけないと思い、記事にしました。

現在活動中のACCEPTのアルバムも、ウルフホフマンの哀愁のギター満載なので合わせて聞いてみてください。

2ndソロアルバム発売!

なお、2016年7月1日に19年ぶりとなる久々のウルフホフマンのソロアルバム「Headbangers Symphony」が発売されます。

「CLASSICAL」と同系のアルバムですが、今作品はオーケストラも加わるので、まるでレインボーが武道館公演で演奏した「DIFFECULT TO CURE」のような感じになっています。

2016年6月現在「CLASSICAL」は非常に高値になっていますので、こちらのセカンドアルバムから聞かれる方が良いと思います。この鳥肌アルバムを是非聞いてみてください!

関連記事

ハードロック名盤~RAINBOW「DOWN TO EARTH」~ 

私のハードロックの広がり方

ハードロック関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
おすすめ!ハードロック名盤~WOLF HOFFMANN「CLASSICAL」~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする