年齢と共に涙もろくなる…のかな?~涙とストレス~

昔から年を取ると涙もろくなるという話をよく聞きますが、皆さんはいかがですか?

先日、AKB48の学園ドラマ「マジすか学園」(PART1)を見て滝のように涙を流してしまいました💦

私は昭和40年代生まれで、昔からドラマや映画でマジに生きている人が、懸命に何かと戦って挫折をしたり成功したりするシーンを見る度、涙がポロポロ出ていましたが、若い頃と比べて涙を流す回数が多くなったのかというと、特に変わりないというか、むしろ年齢を重ねると共に体裁を気にするせいかだんだん泣かなく・泣けなくなったような気がします

でも、先日ドラマを見て涙を流してしまった時、若い頃とは違った感覚に気づきました…

スポンサーリンク

涙とやさしさ

テレビなどで年齢と共に涙もろくなるのは、涙腺が…とか、脳の機能が…とかの話を聞きますが、実際、そういうことに当てはまって涙もろくなっている方もいると思いますし、個人差もあると思います。

私個人は、そういった実感は全くありません。

ただ、若い頃は、ドラマや日常のお涙頂戴シーンに感情移入して涙を流していたのに対し、最近は、こういったシーンを見た瞬間、自分の生きてきた道程が走馬灯のように脳裏をよぎり、心のストッパーが外れる感覚があります。

時に人の優しさに触れたくて、自分のツラい思いを口にしてしまうこともありますが、理解のない人に話しても逆に嫌な思いをするだけということを繰り返しているうちに、ネガティブなことは口に出さず、自分の胸にしまっておくようになりました。

かつては何か嫌なことがあると、そのことで頭がいっぱいになって何もできない状態が続き、よりネガティブな思考になりがちでしたが、親や自分の青春時代に活躍していた芸能人の他界、闘病生活を送っている姿を見たりしているうちに、自分も年齢的にいつどうなるか分からないから時間を大切にしよう、ふさぎ込んでいる時間がもったいないと思うようになり、よりネガティブなことについてのストッパーが強力になったような気がします。

私のリフレッシュ方法

皆さんの周りにはどんなことを話しても受け止めてくれる友達、恋人、知人などはいますか?

私にはどんな話でも素直に話せてそれを受け止めてくれる高校時代からの親友が一人だけいます。

こういう人が一人でもいると心が軽くなりますよね。

耐えきれない程、心がしんどくなった時は、この友達に連絡を取って話を聞いてもらったりしていますが、お互い結婚と同時に別の土地に移り住み、それぞれ諸々忙しいので、そう頻繁にも会えず、連絡を取り合うのも年に数回程度。

なので、通常はリフレッシュするために好きな音楽を聴いたりするようにしていますが、正直、気分が落ち込んでいる時は音楽を聴いても気分が晴れることはほとんどなく、音楽を聴こうという気にもなれません。

ただ、数年前から私にとってストレスを和らげてくれる音楽が一つだけあります。

それは、本田美奈子さんの音楽で、かつアイドル以後のクラシカルな方面に進出した曲。

優しさで包んでくれるような歌声の持ち主は多々いますが、本田美奈子さんの歌声は理屈抜きで自分の何らかの波長にピッタリ合うのかもしれません。

死が目前に迫ろうとも希望を捨てず晴れやかに歌い続けた本田美奈子さんの根性、生きることの喜びを全身で表現するその態度に勇気づけられるということもあると思います。

そういうこともあって、よく本田美奈子.ミュージアムや本田美奈子さんのお墓参りに行ったりして生きる力をもらっています。

あとは我が家の愛犬キャバリアの”まちろ社長”の存在。

いつも私のそばにぴったりくっついてグーグー寝ていますが、この子のかわいらしさにいつも癒されています。

ツイッターの優しさ

2年前ぐらいから情報の共有を目的にツイッターを始めましたが、情報共有はもちろんのこと、リアルな人間関係と変わらないフォロワーさんとの交流を日々楽しんでいます。

フォロワーさんは皆さんとても優しく、色々な話題で楽しく会話が出来るので、ツイッターをやっていなかった頃と比べると、日々の生活がかなり潤うようになりました。

今では、ツイッターは私にとって孤独感やストレスを和らげてくれる大事な存在になっています。

家族の誰もが心配してくれないようなちょっとした風邪程度でも「大丈夫ですか?」「お大事に」などと声をかけてくれ、何気ない一言ですが、ほっとします。

うちの奥さんにも見習って欲しい…なんて思ったり(;^ω^)

ただ、私にとって過剰な優しさは時に諸刃の剣で、優しさが自分が押さえ込んでいる甘えを開放してしまったり、辛い事に立ち向かうためにピンと張っている糸が緩んでしまったりして前進しづらくなることがあるので、基本的にはネガティブなツイートはしないようにしています。

そんなことを言いながら、時にはそんな発言もしたりして…💦

こんな感じでどうにかバランスを取りながら、ストレス発散も含めてツイッターを活用しています。

まとめ

特に何が言いたいという訳でもなかったのですが、「マジすか学園」の前田vsサド(篠田麻里子)の戦いで、前田に敗れたサドが「優子さん…」と言いながら泣き崩れるシーンを見て、上記のようなことが頭の中を駆け巡ったので取り留めもなく書いてしまいました。

お付き合いありがとうございました<m(__)m>

関連事項

本田美奈子の歌と生きざまについて思うこと

我が家の癒し犬”まちろ社長”記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク