終わりのないスパイラルの止め方~最終章 ポータブルアンプ編~

第1章から始まったスパイラルストップ記事もこれで最後となります。

今回はポータブルアンプ(以下、ポタアン)に興味を持ち始めてから興味をなくすまでの話をしたいと思います。

スパイラルストップ記事一覧

スポンサーリンク

ポタアンを購入するまで

私は、カセットウォークマンからポータブルオーディオを使い始め、外出時に気軽に音楽が聞けるという意味から、壊れては買い換えという行為を繰り返してきました。

高級イヤホンを買ってから

MP3プレイヤー(以下DAP)を使い始め、SHURE E4Cという高額なイヤホンを購入したことによる音質の向上に驚き、それ以来、ポータブルオーディオに「気軽に音楽を聴く」ということだけでなく「高音質」ということも追求するようになっていきました。

私がDAPの音質について興味を持ち始めた当時、ネット上ではWalkmanとipodはどちらの方が音質が良いかという論争が多く見られました。

多くの意見は、DAP直差しではWalkman、ポータブルアンプ(以下、ポタアン)を繋げればipodの方が音質は良いというものでした。

私は、それならWalkmanにポタアンを繋げれば、もっと音質がよくなるのではないかと思いましたが、Walkmanをポタアンに繋げた場合、Walkman側のアンプをキャンセルすることはできず、Walkmanとポタアンのアンプを2重に通すことになり、逆に音質は劣化するが、ipodの場合は、ipodのアンプをキャンセルして純粋にポタアンのアンプを使用することができるため、音質が向上するというものでした。

正直なところ、あまり意味がわからなかったのですが、ポタアンを使うならipodと理解し、ポタアンを使うために、使い慣れたWalkmanからipodに買い替えることはしたくなかったことと、ポタアンを購入してもかさばる等の理由から、常に持ち歩いて使用することは考えられず、直差しで使用する頻度が多いと予想されることから、とりあえずはWalkmanでいいやと思っていました。

Walkman用Dockケーブルが増えだした

ipod+ポタアンが気になりつつも、しばらくの間、Walkmanやイヤホンを買い替えながら音楽を楽しんでいました。

こうしている間にWalkmanポート(Walkmanを充電する時に刺す端子)からポタアンにつなぐDockケーブルなるものが続々と発売されるようになりました。

しかし、Dockケーブルの効果については、Walkmanのアンプはキャンセルされない、いやキャンセルされると意見が分かれており、SONYがこの件について公式に発表していなかったため、結局良く分かりませんでした。

Walkman用Dockケーブルを使ってポタアンを使用し、それなりの音質向上が見られるという口コミも増えてきたため、一度試してみようかなと思い始めました。

ポタアンを探し始める

当時、私はSONY NW-A867というポータブルプレイヤー(以下、DAP)を使用しており、音のクリアーさにはそれほど不満はなかったのですが、音の力強さが足りないというか、音の芯がしっかりしていないというかそういうところに不満を持っていました。

特にSONYのヘッドホンMDR-Z1000等を使用した時にそれを顕著に感じていました。

自宅のプラズマテレビにMDR-1000をつないでライブDVDの音を聞いたところ、音がどっしりして、空間の広がりもあり、こんな音がDAPでも出て欲しいと思いました。

それで、クリアーさはそのままに、音に力強さが出るようなポタアンを購入すべく、ネットの口コミを頼りにいろいろ探し始めました。

ポタアンを購入するからには確実に音質が向上して欲しいので、中途半端なポタアンを購入するのは止めようと思いました。

ただ、あまり本体が大きかったり、電池の持ちが悪いと使用頻度が落ちると思ったので、なるべくコンパクトで電池の持ちが良いポタアンを探し始めました。

<次のページ>実際にポタアンを買ってみた!

関連事項

SONY NW-ZX300試聴レビュー~アンバランス編~

どちらの音が良いのか!?カセットウォークマン vs デジタルウォークマン

イヤホン・ヘッドホン記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
終わりのないスパイラルの止め方~最終章 ポータブルアンプ編~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする