SpinFit TwinBlade & NuForce HEM1レビュー

2017年4月29日に、茶楽音人(さらうんど)から新しいSpinFit TwinBladeが発売になりましたが、もうお試しになりましたか?

今回は、Nuforce HEM1にTwinBladeを装着し、その音質や装着感のレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

SpinFit TwinBladeの外観と装着感等

質感について

パッケージはこんな感じです。裏面にはSpinFit TwinBladeの特徴の説明文が記載されています。

SpinFit TwinBladeは、1段目は柔らかく、2段目は1段目よりは硬いとありますが、実際に触ってみた感じは、1段目の白い部分は、従来のSpinFitの質感とほぼ同じで、フニャッと柔らかい感じです。

2段目の黒い部分は、HEM1付属のシリコンより、若干柔らかい感じです。

くびれの部分の曲がる感じは、従来のSpinFitとほぼ同じ強さ(反発が少し強め)です。

大きさについて

どちらもLサイズでの比較で、高さの違いはこのぐらいです。

横幅の一番広い部分に関しては、若干、TwinBladeの方が大きいです。

SpinFit TwinBladeの装着感

従来のSpinFitは耳の奥にスルッと入って行く感じでしたが、今回のSpinFit TwinBladeの装着感は、従来のSpinFitとは全く違います。

上記の写真でも変わる通り、従来のSpinFitと比べて同サイズでもSpinFit TwinBladeの方が横幅があり、耳の穴の入り口を塞ぐ感じになります。

自然にSpinFit TwinBladeを耳に装着する分には全く耳に違和感はなく、1段目の傘の存在を忘れてしまうぐらいです。

ただ、従来のSpinFitのように、無理に耳の穴の奥に装着しようとすると、1段目の傘が耳の穴の奥に当たるようになり、痛くはありませんが、少し違和感が出てきます。

遮音性についてですが、HEM1付属のシリコンと比べて、さほど違いはありません。

SpinFit TwinBladeをHEM1に装着する方法

今回発売されたSpinFit TwinBladeは通常径のもののみなので、HEM1やSHUREのイヤホンのようなノズル径が細いものには、そのままでは装着することが出来ません。

もし、SHUREのシリコンイヤーピースをお持ちでしたら、以下の方法で、イヤーピースの芯を取り出し、TwinBladeを装着するためのアダプターとして使用してみてください。

使用しないシリコンイヤーピースを用意し、裏返して、茎の部分をカットしてください。

この茎の部分をノズルに挿し、その上から、SpinFit TwinBladeを装着します。

もし、SHUREのシリコンイヤーピースを持っていなければ、HEM1の全く使用予定のないイヤーピースの茎の部分をハサミでカットして、アダプターとして使用してみてください。

ただ、SHUREのシリコンイヤーピースの芯と比べると、HEM1付属のイヤーピースの芯は太めなので、TwinBladeを装着するには、ちょっときつめで、ぐりぐりねじ込んで装着する感じになります。

あまりTwinBladeとHEM1の芯の脱着を繰り返すと、TwinBladeの芯が緩くなってきそうな気がします。

音質の変化について

試聴環境は、DAPはSONY NW-ZX2、試聴曲はWinkの「淋しい熱帯魚」(ファイル形式はFlac)です。

DAPの音響効果は全てオフの状態にしています。

まず、付属のイヤーピースでの音ですが、簡単に言うと、自然な音色、重い低音、艶やかなボーカル、スカーっとした空間という感じです。

バランスはフラットですが、シングルBAにも関わらず、低音の重さがあり、解像度も良いので、ベースラインもはっきり追えます。

空間は横と上に広く、奥行きも感じます。

音の距離は顔面から近すぎず遠すぎずといった感じです。

とにかく、いつまでも聴いていたくなる、そんな心地よい音を奏でてくれるセッティングです。

これを、TwinBladeに変えてみると、全ての音にエッジが立ち、音が明るめになります。

音の輪郭がクッキリとするため、細かい音の聞き分けがさらにしやすくなります。

特にシンバル、ハイハット、その他のパーカッションは、付属のイヤーピースより、分かりやすく、意識しなくても耳に音が飛び込んできます。

その反面、ボーカルは、少しサシスセソにかすれが感じられるようになりました。

といっても、刺さるという事ではなく、スッっと息を吹き込まれるような感じが少しする程度です。

音の厚み、低音の量感等に違いは感じませんでしたが、ボーカルが少し前に出てくる感じになりました。

まとめ

HEM1の音がもう少しクリアに聴こえたらいいのに…と思われているなら、このイヤーピースで解決できます。

元々のバランスを崩さず、音色を明るくし、キリッとした音になりますので、是非一度試してみてください(^^♪

★Amazon SpinFit TwinBlade商品紹介ページはこちら

関連事項

NuForce HEM1にSHURE トリプルフランジを付けてみた!

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SpinFit TwinBlade & NuForce HEM1レビュー
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする