イヤーピース SpinFitをSHURE SE846に装着してみた!~サイズと音質について~

今回は、イヤーピースを1つ紹介させていただきます。付属のイヤーピースのサイズが合わない、音質の改善をしたい等の理由から他社のイヤーピースの購入を検討されている方も多くいらっしゃると思います。

比較的人気があると思われるイヤーピースは、茶楽音人のSpinFitとJVCのスパイラルドットでしょうか?

イヤーピースを購入する際、試聴できれば良いのですが、試聴できない場合、一か八かの購入となります。期待通りの音になるのか、サイズはどのサイズを選べば自分にピッタリフィットするのか。

これは実際に購入してみないと分かりません。価格も1000円前後するので、気になるイヤーピースがあっても、なかなかすぐに購入する気にはなれないと思います。

イヤーピースのレビューは他でも多く上がっていますが、そのフィット感や音質についての感じ方は個々人の差が激しいジャンルの商品なので、少しでもレビューは多いほうが良いと思い、今回投稿することにしました。

私はSHURE、WESTONEのイヤホンをメインに使うことが多いため、そのノズルに合うイヤーピースとして、茶楽音人のSpinFit(サイズ L)を購入してみました。その他、ノズル径4.5~5.5mmの製品(通常のダイナミック型イヤホンのノズルの大きさ)のバージョンもあります。

スポンサーリンク

茶楽音人のSpinFitとSHUREのシリコンイヤーピースとの比較

スピン装着

質感について

イヤーピースの厚みは、SHUREのイヤーピースより薄いです。

イヤーピースの大きさは、SHUREより少し小さいです。同じLサイズで比較すると、SpinFitのLサイズは、SHUREのMとLの中間ぐらいの大きさです。下の写真の左がSHUREのMサイズ、中央がSpinFitのLサイズ、右がSHUREのLサイズです。

スピン横

よって、SHUREのLサイズでジャストフィットの方がSpinFitのLサイズを購入した場合、耳の奥の方に押し込む形となり、あまり押し込み過ぎると、薄い素材のせいで僅かな隙間ができ、低音が逃げてしまうので、少し引き出すような感じにして、ベストポジションを見つけてください。

音の出口はSHUREのイヤーピースより大きいです。

スピン表

音質について

SpinFitは、イヤーピースの芯(ノズルを差し込む部分)の中間(下の写真の黄色と透明な部分の境目)が曲がる仕組みになっており、その仕組みのおかげで密着度の高いフィット感と、高音域と重低音域の改善が望めるというという謳い文句になっています。

スピン裏返し

スピンねじり

実際に音を聞いてみたところ、SHUREのシリコンイヤーピースより全体的に音が明るくなり、音場が広がりました。

解像度(細かい音が分離してよく聞こえる度合い)の違いはありませんでした。

高音(シンバル等)や中音(主にボーカル)の厚みに関してはあまり違いは感じませんでしたが、低音(ベースやバスドラム)については違いを感じました。

SpinFitは低音の芯がしっかり聞こえるものの、SHUREのシリコンイヤーピースより、体にドスンとくるような重みが減ります。これはイヤーピースの素材の違いからくるものと思われます。

まとめ

茶楽音人のSpinFitは、その説明にもある通り、少し深めに装着することが前提になっているようなので、その装着方法に違和感のない方、低音過多で暗めの音質と感じているイヤホンをお持ちの方で、明るい音質ですっきり聞きたいと思われている方におすすめのイヤーピースと言えそうです。

関連情報

SE846 イヤピ変更レビュー~トリプルフランジ~

SE846 イヤピ変更レビュー~SpinFit TwinBlade~

SE846 ONSO 4極リケーブルレビュー

その他 SE846関連記事一覧

イヤホン・ヘッドホン・DAP関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
イヤーピース SpinFitをSHURE SE846に装着してみた!~サイズと音質について~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする