SHURE SE846 レビュー~各ノズルの音質チェック!~

前回SE215speとの比較でSE846のレビューをしましたが、今回はSE846単体のレビューをしたいと思います。

p1050369

SHURE SE846は高額ですが、こもる、優等生、つまらない、SE535の2倍の価格差はないという否定的な意見も見られるため、購入を迷われている方もいらっしゃると思います。

購入を検討する際、良い意見よりも、どうしても否定的な意見が気になってしょうがないと思いますので、今回はノズルを交換したり、ノズルを少しいじってみたりして、その音質を確かめていきたいと思います。

スポンサーリンク

試聴環境と試聴曲

試聴環境

オリジナルのケーブルを使用し、イヤーピースはシリコン(大)を使い、あまり深く押し込まず、耳の入り口をふさぐ程度の挿入感にします。

DAPはSONY WALKMAN NW-ZX2を使用します。

試聴曲のファイル形式は、全てFlacです。

試聴曲

淋しい熱帯魚  (アーティスト)WINK (アルバム)Wink memories 1988-1996 Disc1

曲始まりのシンセサイザーの音色の明暗、バスドラムの量と切れ、ボーカルの質感、左右に振られたパーカッションの音色と聞き取りやすさをチェックします。

この曲は、ユーロビート歌謡曲ですが、使用するイヤホンによって上記の状態に差が出やすいため選曲しました。

Spread Your Fire (アーティスト)ANGRA(アルバム)Temple Of Shadows

全体的な音量バランス、バスドラムの切れ、バッキングギターの質感、シンバル・ハイハットの音色、ボーカルの聞き取りやすさをチェックします。

この曲は、いわゆるメロスピという疾走感のあるハードロックですが、使用するイヤホンによって、バスドラムの切れに差が出やすいので選曲しました。

SE846のノズル別試聴

さて、SE846の音を聞いたことがない方は、このノズルチェンジによってどんな音が出ると思われますか?

バランスは普通、ブライトは明るい、ウォームはこもる?

では、さっそく聞いてみます。

バランスノズル

淋しい熱帯魚

曲始まりのシンセサイザーはクリアーで、はっきり聞こえます。この音色は明るすぎず、暗すぎずといった感じです。

曲始まりのバスドラムの音は、芯の太く締まった重い音です。しかし、他の音に比べて特別低音の量が多いというわけではありません。この低音が重く胸に響くような感覚があるため、人によっては低音の量が多いと思う方もいるかもしれません。

左右に振られたパーカッションの音は、落ち着いた音色ですが、はっきり聞こえます。

ボーカルは、艶やか&まろやかで厚みがあり、生の人の声を聴いている感じがします。

音のバランスは、ボーカルが他の音よりも一歩前に出ている感じがします。

Spread Your Fire

曲始まりのバスドラムは、キックに重みがありながらアタックがしっかりしており、重みと切れを兼ね備えた良質な低音です。

左右に振られたギターのザクザクとしたバッキングには厚みがあります。

シンバル・ハイハットといった高域部分は、落ち着いた音色ではありますが、はっきりとわかります。

この曲のスネアの音は埋もれがちなのですが、量は少ないながらもきちんと聞き取れます。

ボーカルの音も他の音に負けずにしっかりと出ています。

ブライトノズル

淋しい熱帯魚

曲始まりのシンセサイザーが鳴った時から、シンセサイザーにかかっているエコーの音が明るく聞こえます。

バスドラムが鳴ると、さらに明るい空間が増してきます。バスドラムは、バランスノズルに比べると、エッジ(音の輪郭)が立っており、芯の太さと音の厚みが少し減ります。それ故、バランスノズルの時に感じたもしかすると量が多いかもしれないという感覚はなくなりました。

左右のパーカッションが入ってくると、音場全体が明るくなり、バランスノズルよりも高音域が明瞭に聞こえます。

ボーカルも明るく、エッジの立った感じですが、バランスノズルの時に感じた音の厚みは減退し、ボーカルが前に出てくる感覚はなくなりました。

音のバランスはフラットになった気がします。

Spread Your Fire

この曲は、一気に全部の音が出て始まるのですが、音が出た瞬間、まず思ったのは音の厚みが減ったなということでした。

バランスノズルで感じたギターの重くザクザクする感じが、重さを伴わないザクザク感になりました。かといってめちゃくちゃ軽くなったというわけではありません。あくまでもバランスノズルと比較してという事です。

バスドラムは、バランスノズルの時に比べて、芯が細くなり、重みが減ります。

シンバル・ハイハットに金属的響きが乗るようになり、より明瞭に生々しく響き渡ります。

全体的に少し音が硬くなった感じがしますが、高音の音はこのノズルが一番はっきり聞こえます。

ウォームノズル

淋しい熱帯魚とSpread Your Fire

ウォームノズルのレビューは2曲まとめさせていただきます。これは、どちらの曲も同じ傾向だったためです。

一言でいうと、バランスノズルとブライトノズルを合わせた感じの音です。

音色はバランスノズルと同等ですが、音圧感はブライトノズルのそれと同じです。

つまり、柔らかめの音で、音圧感がそれほど強くないという感じです。

曲中で鳴っている音は、柔らかく、フワッとした質感なので、ブライトノズルのような高音に耳が奪われることもなく、解像度を意識させない、優しく、さらさらと流れるように曲を聞かせてくれます。

SE846の音質のまとめ

各ノズルの総評

一番SHUREらしい音と感じたのは、ボーカルに厚みがあり、生々しい音を奏でるバランスノズルだ思いました。そして、SE846のローパスフィルターの威力を感じられるのもバランスノズルだと思いました。

ブライトノズルは、単に音色が明るくなるのではなく、エッジが立ち、音圧感も減ります。ただ、刺さるような音は一切出しません。アルティメットイヤーズのUE900に音の厚みを持たせたら、この感じに似る気もします。

ウォームノズルは、音圧が減り、柔らかくて優しい感じの音になります。モワっとした低音が強く出るようなイメージがありますが、全くそんなことはありません。少し、WESTONEの音に似ている気もします。

ノズル別おすすめ

ボーカルを生々しく聞きたい方は、バランスノズルがおすすめです。

バランスノズルで音が暑苦しい、又は高音が足りないと思った方には、、ブライトノズルがおすすめです。

やかましくなく、ゆったりと音楽を聞きたい方には、ウォームノズルがおすすめです。

SE846に対しての批判的意見について

音がこもる?

これは、相対的な感想だと思います。このレビューを書く前まで、MDR-Z1000で音楽を聞いていましたが、それからバランスノズルを装着したSE846に変えて音楽聞くと、高域の音色がが落ち着いていて、低音のパワーがあるため、音が曇って聞こえます。

しかし、このレビューを書くにあたってノズルを入れ替えながら1時間ほど音楽を聞いていたら、耳が慣れたせいか特別こもって聞こえるという感じはなくなりました。

このように、SE846を聞く個々人の環境差(使用しているDAP、イヤホン、よく聞く曲の音色等)によって、この部分の評価は異なると思います。

優等生でつまらない?

ノズルチェンジによって、これだけ別の顔を見せてくれること、バランスノズルでの胸に響くような低音をだすという部分を見れば、「こんな優等生はいない!」というのが私の感想です。

SE535の2倍の価値はあるか?

これは価値観の問題が強いと思いますが、私の個人的な意見では、3つのノズルで3つの別々な音を出すことを考えると、1つのイヤホンで3つのイヤホンを買うのと同じ価値があるということと、イヤホンでこれだけ重くボワつかない芯のある低音は、他のイヤホンではなかなか聞けないという2つの点から、SE535の2倍の価値は確実にあると思います。

番外編~ノズル改造~

ノズルの下(本体に刺す部分)をよく見ると、焦げ茶色の詰め物みたいなものがあります。

これを取ったらどんな音になるのか、興味本位で全部のノズルの詰め物を外してみました。

写真左が通常の状態、右が詰め物を取った状態です。

ノズル(底面)

これで音を聞いてみると、どのノズルの音も大差がなくなり、低音がほとんど出ず、スカスカな感じになります。

NW-ZX2のクリアベースをMAXまで上げると、それなりの低音が出るようになるのですが、すごくバランスの悪い音になりました。

よって、皆さんはマネをしないように!ノズル一組で3000円を超えるので痛い出費になります!!

もしこの詰め物をはずしてしまって、外すときに詰め物がどこかに飛んで行ってしまったとしても、下の写真のようにこれぐらいにティッシュを丸めて、イヤホンのクリーニングツールで軽く押し込むと、音は外す前の音にほぼ戻ります。厳密に聞き比べていないので、100パーセント戻るとも言い切れないのですが、、、。

ノズル(ティッシュ)

ノズルとクリーニングツール

まとめ

p1050372

p1050370

いかがでしたか?かつてSHUREのイヤホンと言えば、音はいいけど壊れやすい・断線しやすいといったデメリットがあり、金額も高額なので、サポートは良いけれども、なかなか買いづらいメーカーでした。

しかし、MMCXを採用した製品からは、本体・ケーブルを含め以前よりもかなり頑丈な作りになりました。基本的にはこれ一本で、オールジャンルを高次元で楽しめます。

音の変化も楽しめ、壊れにくさも加味すると、今後何本もイヤホンを買いまくることを考えれば、値段的にも決して高くはないと思います。

迷わてれいる方は、一歩踏み出しても良いイヤホンだと思います。

今後、イヤーピースの音質チェックのレビューも挙げたいと思っています。どのイヤーピースを選択するかによって、ノズルを交換したのと同等、またはそれ以上の音質変化があるためです。よろしければ、また遊びに来てください。

★Amazon SHURE SE846商品紹介ページはこちら

★フジヤエービック SHURE SE846商品紹介ページはこちら

関連事項

AZLA試聴レビュー~SE846をよりクリアにチューニングしたら…~

SE846 イヤピ変更レビュー~トリプルフランジ~

SE846 イヤピ変更レビュー~SpinFit TwinBlade~

SE846 ONSO 4極リケーブルレビュー

各スパイラルを止めるための提案~スパイラル記事 番外編~

その他 SE846関連記事一覧

イヤホン・ヘッドホン・DAP関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SHURE SE846 レビュー~各ノズルの音質チェック!~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする