松田聖子 ベストCD「sweet days」レビュー

2018年1月31日に、松田聖子さんのシングルAB面を収録したCD「Seiko Matsuda sweet days」が発売されました。

松田聖子さんがデビューした頃、私は小学生で、松田聖子さんのレコードを何枚か買ったりして、よく聴いていました。

今でも松田聖子さんの曲をよく聴きますが、これまで松田聖子さんのCDは一枚も購入したことがありませんでした。

それは、松田聖子さんのCDは最寄りの図書館や、近所の規模の小さいレンタルショップでもたくさん置いてあり、CDを購入せずともヒットソングを中心とした曲を聴くことが出来たからです。

ただ、私もアナログ派で、好きな音楽はモノとして持っていたいほうなので、いつか松田聖子さんのCDを購入したいと思っていたところ、シングルレコードを聴いている気分になれそうな「Seiko Matsuda sweet days」が発売されたので購入することにしました。

今回は、このCDの仕様や、他のベスト盤との音質差、シングルレコードとの比較などについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アイドルソングらしからぬ楽曲の数々

封入物等の製品仕様

ジャケットには非常にかわいらしい松田聖子さんが写っており、写真だと分かりづらいですが、全体にラメが入っており、光の当たり具合で、キラキラと光ります。

このCDは3枚組で、ジャケットの大きさはシングルレコードサイズになっています。

ジャケットは見開き仕様で、この間にシングルレコードのジャケット集が挟まっています。

CDはレコードのようにジャケットの端から取り出す形になっていて、見開いて左側には2枚、右側には1枚のCDが入っています。

紙の袋に収められたCDは、レコードを聴くときの手順のようなものを思い出させてくれるパッケージングです。

シングルレコードのジャケットを集めた小冊子ですが、もちろん裏面の歌詞もプリントされています。

懐かしくなって当時購入した松田聖子さんのシングルレコードを引っ張り出し、見比べてみたところ、歌詞の書いてある裏面の一部に違いがあることに気づきました。

記録時間の秒数、事務所所在地の有無、アルバム告知…etc

ライナーノーツ(曲の解説等)はありません。

収録曲は、「裸足の季節」から「旅立ちはフリージア」までのAB面と、ボーナストラックとして、1983年に発売されたベストアルバム「Seiko・plaza」に特製シングルとして付属した「WITH YOU」「小さなラブソング」となっています。

音質について

松田聖子さんのベストアルバムは数多く発売されており、その都度、リマスターや高音質化のための技術を施したCDへの記録などにより、音質は向上し、現在発売されている松田聖子さんのCDの多くは、これ以上、どうしようもないぐらい高品位なものになっていると思います。

そういう訳で、音の質という部分に関しての優劣というよりも、リマスターの違いを確認してみたくて、手持ちのベストCDと聴き比べをしてみました。

音質比較のために使用した音源は以下のものです。

  1. SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~
  2. 「We Love SEIKO」-35thAnniversary松田聖子究極オールタイムベスト50Songs-

1.はBlu-spec CD 全曲リマスター、2.はSHM-CDでリマスターの表記は見当たりません。

「Seiko Matsuda sweet days」は、Blu-spec CD2でリマスターの表記はありません。

視聴には、パソコンにSONYのポータブルアンプPHA-2をデジタル接続し、ヘッドホンはSONYのモニターヘッドホン MDR-Z1000を使用しました。

音楽再生ソフトは、SONY MEDIA GO(AISO出力)で、CDの取り込みフォーマットは全てflacです。

まず、今回購入したしたCD「Seiko Matsuda sweet days」ですが、1曲目の「裸足の季節」の音が出た瞬間、いい音だなーと思いました。

ボーカルはクリアでクリスタルのような輝き、高音は荒々しさのない澄み切った音、ベースやバスドラムのキックの音は芯のしっかりとした重い音です。

音のバランスはどこに偏るということもなく、解像度(音の鮮明さ)や分解能(音の分離具合)も非常に高いので、どの音も非常に聞き取りやすいです。

現代のCDらしく音圧は高めで、全体的にアナログレコードのような力強さを感じます。

音場(音の空間)は上下はさほど広くありませんが、左右に広く、奥行き・立体感があります。

一番気に留まったのは、セパレーション(左右の音の分離)の良さで、そのせいで、空間の中央にきらめく空気のようなものを感じます。

「Seiko Matsuda sweet days」についてまとめると、スカーっとした胸のすくような音に力強さを兼ねそなえた音質と言えます。

次に上記のCDと聴き比べた音質の違いですが、曲によって若干の違いはありますが、総じていうと、「Seiko Matsuda sweet days」と「SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~」は、ほぼ同じ傾向の音質、「We Love SEIKO」は音圧を抑え気味にしたすっきりとした音質という感じでした。

私はよくこういた同じ曲を使用した聴き比べをするのですが、上記に挙げた視聴環境でも違いは結構分かります。

ただ、「Seiko Matsuda sweet days」と「SEIKO STORY~80’s HITS COLLECTION~」に関しては、何度も聴き比べましたが、ほとんど違いが判りませんでした💦

あえて違いを挙げるとすれば、「Seiko Matsuda sweet days」のほうが、若干セパレーションが良く、中央の空間がすっきりしているような気がしないでもないです。

最後に、手持ちのシングルレコード(青い珊瑚礁)との聴き比べもしてみました。

レコードをパソコンに取り込んでしまうとデジタル音源になってしまい、レコードのニュアンスが一部削がれるので、レコードの出力端子に、I-O DATAのオーディオキャプチャーケーブルをつなぎ、そのラインアウト端子とPHA-2のライン入力端子に接続して聴いてみました。

レコードから出るその音は、どのCDとも全く違いました。

空間の広さはそれ程違いはありませんが、その空間で鳴っているそれぞれの音像(音の面積)が大きく、音が空間を埋め尽くしているという感じです。

それに加えて音が耳の近くでなるため、迫力があり、ノリノリです。

ノイズの有無を差し置いても、このレコードの音に未だ捨てきれない魅力を感じました。

CDでは、ボーカルが僅かに固い気がしましたが、レコードでもそれ程違わなかったので、これは声を張るシーンがよくある松田聖子さんの声の特徴なんでしょうね。

まとめ

久しぶりに松田聖子さんの曲を体系的に聴いてみましたが、何となくアイドルソングを聴いている気がしませんでした。

岩崎宏美さんの曲をデビュー曲から聴いていた時も、そんな感覚になりましたが、松田聖子さんという素晴らしい表現者、作詞作曲編曲といったアイドルを別次元に昇華させるチームの存在が、アイドルソングのクオリティを上げ、その後のアイドルブームを牽引して行ったような気がします。

「Seiko Matsuda sweet days」は、珠玉のB面の曲も聴きたいという方にうってつけですが、この製品仕様に一番感動するのは、かつて松田聖子さんのシングルレコードを買ったり借りたりしながら、AB面聴いたアラフィフ世代の方々かな…なんて思います。

アルバムジャケットの写真が非常に可愛く、完全生産限定盤で、近いうちに手に入りづらくなると思いますので、少しでも気になったら、すぐに入手してみてください。

★Amazon「Seiko Matsuda sweet days」商品紹介ページはこちら

関連事項

私の作った河合奈保子ノートに書かれていたこと

80年代アイドル記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
松田聖子 ベストCD「sweet days」レビュー
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク