SHURE SE846にイヤーピース トリプルフランジで音質チェック!

以前の記事で、SHURE SE215speにSHUREのイヤーピース トリプルフランジを装着した場合の音質チェックはしましたが、SE846にトリプルフランジを装着した場合、どんな音質になるのか検証してみたいと思います。

image28

果たしてSE215speの時と全く同じ変化を見せるのか、それともダイナミックとBAの違いによる変化があるのか、、、。

なお、トリプルフランジの形状や装着方法については、SE215spe&トリプルフランジに記載した内容と同じなので、この記事を読まれた方は、見出しの「試聴環境」から読んでみてください。

SE215spe&トリプルフランジの記事はこちら!

スポンサーリンク

トリプルフランジ イヤーピースの特徴

SHUREのイヤホンを購入したら、他社のイヤーピースを物色する前に、是非試して欲しいのがトリプルフランジイヤーピースです。

SHUREのイヤホンの特徴として、遮音性の高さが挙げられますが、私は付属しているフォームイヤーピースよりも、トリプルフランジイヤーピースの方が遮音性は高く感じます。

高い遮音性とはどの程度のものなのか、体感してみてください。

トリプルフランジイヤーピースとは

大中小のきのこが重なって見えることから、三段きのことも呼ばれる、シリコン素材のイヤーピースです。

昔からSHUREのBA(バランスド・アーマチュア)には付属しているイヤーピースですが、ダイナミック型であるSE112,SE215,SE215spe等には付属していません。

トリプルフランジイヤーピースは、エティモティックリサーチではメインのイヤーピースとなっています。

トリプルフランジイヤーピースの使い方

装着方法

通常の丸形シリコンのように耳に装着しようとしても、このトリプルフランジイヤーピースははまりません。

耳たぶを下に引っ張りながらゆっくりと耳の奥へ挿入します。

調整のやり方

もし、痛みを感じるようなら、一番先端の小さい傘の部分をハサミでカットし、ダブルフランジにするか、イヤホンに装着する側の茎を適度な長さにカットするかで調整してください。

トリプルフランジ (5)

トリプルフランジ (2)

私はこのトリプルフランジイヤーピースを色々なやり方でカットし、試してみましたが、ダブルフランジが一番しっくりきました

p1050365

耳に装着し、ベストなポジションになったにもかかわらず、イヤホン本体が耳から飛び出すようなら、茎の部分を1ミリ単位でカットしてみてください。

茎をカットするに当たって、目分量ではなく、きちんと定規等で図ってカットした方が良いです。適当にカットすると、左右を揃えようとだんだん短くなってきてしまいます。

耳からの外し方

耳から外す時は、イヤホンを上下左右にゆすりながら、ゆっくりと抜くようにしてください

力づくで一気に引っこ抜くと、耳の中が真空状態になっているため、大きな耳鳴りがし、耳を傷めます。

トリプルフランジイヤーピースの利点

トリプルフランジイヤーピースの最大の利点は、遮音性の高さと耐久性の高さを両立している点です。

この遮音性は、コンプライと同等、もしくはそれ以上です。物理的に耳に栓をする形になるので、電子制御によるノイズキャンセルよりも遮音性は高いです。

遮音性はコンプライと同等でありながら、シリコン素材でできている為、コンプライとは比べ物にならないぐらいの耐久性があります。

コンプライの耐久性は1~2か月程度ですが、トリプルフランジイヤーピースはイヤーピースが劣化してイヤホンノズルからスポッと抜けてしまう状態になるまで使用でき、その耐久期間は、最低でも1年はあります。

コンプライでトリプルフランジイヤーピースと同等の高さがあるPシリーズは、耳の中で先端がつぶれ、高域がマスクされるケースがありますが、トリプルフランジイヤーピースは、そもそも先端がつぶれるような仕様になっていないため、このような心配はありません。

試聴環境

さて、気になる音質ですが、通常の丸形イヤーピース(Lサイズ)とトリプルフランジイヤーピースで、同じ曲を聞き比べて、その違いを検証したいと思います。

試聴環境

SONY NW-ZX2というポータブルプレイヤーにSE846を直差しにします。

試聴曲は、以下の2曲を使用します。

試聴曲

斉藤由貴「情熱」(アルバム「ガラスの鼓動」)

この音源は、ハイレゾです。アナログレコードを意識したかのような温かみのあるリマスタリングとハイレゾ特有の空間表現が秀逸なため、この音源を選択しました。

BABYMETAL「イジメ、ダメ、ゼッタイ」(アルバム「BABYMETAL」)

この音源は、CDのFlacです。メタルの重さと現代の音作りの作品がどのように聞こえるのか興味を持ったので、この音源を選択しました。

試聴開始!

情熱

丸形シリコン

全体的にまろやかで温かみを感じる自然な音色です。

左右の広さは特段広いというわけではありませんが、前方に奥行きを感じます。

バスドラムやベースは重く、はっきりとベースの音階が分かります。キレキレという訳ではありませんが、とても自然な鳴りです。

ボーカルは近めです。

全ての音がはっきりと聞こえますが、各音の主張が強いわけではなく、きちんとこの曲に合ったボーカルにフォーカスが当たっています。

トリプルフランジ

音色については、ほぼ同じです。

空間はより左右に広がります。

特筆すべきは前方への立体感です。音が出た瞬間から耳を起点として逆八の字に前方へ空間が広がります。頭が音の空間に包まれるような感覚さえ覚えます。

低音の質感はあまり変わりませんが、若干丸形シリコンより強めに出ます。

より鼓膜に近い位置で音が鳴るせいか、細かい音がよりはっきりと聞こえます。

空間が広がったことにより、音の分離も良くなり、各音が聞きやすくなりました。

イジメ、ダメ、ゼッタイ

丸形シリコン

曲始まりのピアノはまろやかな音質ながら、アタック感がしっかりと出ています。

バスドラムの重みは今一つですが、切れがあります。

左右で鳴っているギターは重みと切れがあります。

ボーカルは若干前に出てきます。ハードロックのアルバムは、ボーカルが引っ込み気味なものも多いですが、この曲のバランスは絶妙だと思います。

これ以上ボーカルが前に出るとポップス的なバランスになりそうだし、逆に楽器音がこれ以上前に出ると、SU-METALの声が聴きとりづらく不満が出ます(^^♪

左右の広さは特別広いわけでもなく、立体感もあまり感じません。

トリプルフランジ

音色は変わりませんが、音が出た瞬間から「情熱」同様前方に大きな立体感を感じます。

バスドラム・ギターともに、若干トリプルフランジの方が重みを増します。

音の分離も良くなったように聞こえます。この曲は、あまり多くの音が鳴っているわけではありませんが、空間が広くなったおかげで、各音が重ならず、聞き取りやすくなりました。

そのせいもあり、MOAMETAL&YUIMETALのコーラスが若干ですが、聞き取りやすいです。

まとめ

SE215speにトリプルフランジを装着した場合と共通する点は、音色は変わらず、音にダイレクト感が増したこと、空間が立体的になったことです。

違うと感じた点は、ハイハットやシンバルといった高音域が引っ込まないこと、低音の量は若干増えますが、SE215speよりも増えないこと、SE215speでは低音の切れが若干後退したのに対し、SE846では切れは変わらないことです。

このように同じイヤーピースでも使用するイヤホンや曲によって変化が生じます。いくつか持っていると、気分に合わせて音色を変化させることができるので良いと思います。

特にこのトリプルフランジは、すべてがシリコン素材でできているので、硬い部分がなく、素材による痛みは全く感じません。

そして、遮音性がものすごく高いので、自分の世界に浸りたいときのは最適です。音楽を流すと本当に周囲の音が全く聞こえなくなるので、電話や家族が帰宅しても全く分かりませんのでご注意を(^_-)-☆

関連事項

新たなSpinFit TwinBladeをSE846に装着してみた!

SE846 関連記事一覧

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SHURE SE846にイヤーピース トリプルフランジで音質チェック!
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする