SHURE SE215spe Westone「STARシリコンイヤーチップ」を試してみた

今回は、Westoneの「STARシリコンイヤーチップ」をSHURE SE215speに使用すると、どのような音質になるのか検証してみたいと思います。

p1050276

スポンサーリンク

Westoneのイヤーピースについて

Westone1,2,3,4といった、イヤホンの型番の数字が一桁だった頃のWestoneのイヤーピースは、ほとんどSHUREのイヤホンと同じようなイヤーピースが付属していました。

しかし、Westone10,20,30,と型番が二桁になってからは、完全なオリジナルのイヤーピースに変更されました。

一つは、シリコン素材の「STARシリコンイヤーチップ」、もう一つは、コンプライ等でお馴染みの潰してから耳の穴で膨らむ「TRUE FIT FORMイヤーチップ」です。

「STARシリコンイヤーチップ」と「TRUE FIT FORMイヤーチップ」について

私は、かつてWestone W30を所有していました。その時、全てのイヤーピースを試してみました。

シリコン、フォーム共に、各5種類のイヤーピースがあります。

大雑把にいうと、高さ違いのSサイズが2種類、高さ違いのMサイズが2種類、Lサイズが1種類という感じです。

大きさの判別は、イヤーピースの茎の付け根の色で判断できます。

黒が通常のSサイズ、青が高さのあるSサイズ、黄緑が通常のMサイズ、赤が高さのあるMサイズ、オレンジがLサイズです。

販売サイトによっては、黒をSSやXS、赤をMLやL、オレンジをLLやXLと表記しています。

サイズの種類が豊富なため、万人に合う確率は高いと思います。

フォームイヤーピースですが、コンプライに比べるとかなり硬めです。そして、潰し方や挿入のしかたによって、先端がつぶれ、音質に影響が出やすいです。

そのため、フォームイヤーピースに関しては、私はおすすめしかねます。

しかし、シリコンイヤーピースに関しては、装着感と音質が秀逸なので、今回はこの「STARシリコンイヤーチップ」のみ紹介させていただきます。

SHUREのイヤーピースとの形状の違い

では、SHURE SE215speに付属している丸形シリコンイヤーピースと、WestoneのSTARシリコンイヤーチップの形状を比較してみます。

申し訳ありませんが、写真付きの大きさの比較については、今手元に残っているのはSTARシリコンイヤーチップのLサイズ(オレンジ)しかないため、SHUREのLサイズとの比較のみとさせていただきます。

なお、ここでは便宜上、STARチップの茎が黄緑のものをMサイズ、赤のものをMLサイズ、オレンジの一番大きいサイズをLサイズとして、以下、記載させていただきます。

各サイズの実寸

下の写真は左から、SHURE(M),(L),WESTONE STAR TIP(L)です。

westone-3

SHUREのシリコンイヤーピースとWestoneのSTARチップの実寸の比較をしてみました。

なお、SHUREのシリコンは球状なので、一番幅の広い部分を計測しています。

  • SHURE(M)   幅 13mm   高さ 11.5mm
  • SHURE(L)   幅 15mm   高さ 12mm
  • Westone(M)  幅 12mm   高さ 11mm
  • Westone(ML) 幅 12mm   高さ 14mm
  • Westone(L)  幅 13.5mm 高さ 14mm

ちなみに、SHUREのトリプルフランジの高さは、21mm、一番上の小さな傘をカットしたダブルフランジの高さは、17mmなので、WestoneのMLとLサイズの高さは、他社製品には中々見られない、独特な高さになっています。

westone-1

STARチップの大きさの選択についてですが、SHUREシリコンのMサイズが丁度良ければ、STARチップはM,MLで大丈夫だと思います。

SHUREシリコンのLサイズが丁度良い方は、少し微妙です。STARチップのMLサイズは耳の奥に挿入できるため、基本的にはMLサイズで良いと思います。

ただ、私は普段SHUREシリコンならLサイズを使用しているのですが、左耳はぴったりで、右耳はフィット感に欠けました。なので、STARチップはLサイズを使用しています。もしかすると、人によってはLサイズは大きすぎると感じるかもしれません。

試着できるなら是非試着してフィット感を試してみてください。試着できない場合は、MLとLの2サイズを購入するか、一か八かで、大きめのLサイズを購入するか等、検討してみてください。

形状の違い

SHUREのシリコンは球形、Westoneのシリコンは釣鐘型です。

音の出口についてですが、SHUREのシリコンは小さく、Westoneは出口に向かってラッパ形状に広がっています。

p1050273

このWestoneの形状を見ただけでも、WestoneのイヤーピースはSHUREのイヤーピースと比べて異なる音を出すことが予想されます。

なお、胴の長いタイプのSTARシリコンチップを使用する場合、結構耳の奥まで入りますので、トリプル(ダブル)フランジ同様、耳たぶを下に引っ張りながら挿入するようにしてください。外す時も同様に、耳を痛めないようにイヤホンを上下左右に揺すりながら、ゆっくりとはずすようにしてください

胴が長いタイプのSTARシリコンイヤーチップは、耳の中の接地面が増え、耳の奥まで挿入できることから、SHUREのシリコンや茶楽音人のSpinFitに比べて、遮音性が上がります。ただし、SHUREのトリプル(ダブル)フランジの方がより耳に深く挿入できるため、一番高い遮音性を誇るのは、トリプル(ダブル)フランジとなります。

Westone「STARシリコンイヤーチップ」の音質について

今までのイヤーピース比較との整合性を保つため、以前のイヤーピース比較レビューで使用したのと同じ視聴環境で音質チェックをしたいと思います。

試聴環境

SONY NW-ZX2というポータブルプレイヤーにSE215speを直差しにします。

試聴曲

斉藤由貴 / 卒業(アルバム)AXIA

このアルバムは1985年に発売された初期のCDです。再発リマスターされたものではありません。しかし、解像度(細かい音が聞き取れる度合い)が高く、非常にクリアーな音質のCDです。

この曲では、主に低音の締まり・量、ハイハット・シンバルの音質、ボーカルのクリアー加減・艶・刺さり等のチェックをします。

Galneryus / The Time Has Come(アルバム)Phoenix Rising

2011年に発売されたガルネリウスという日本のハードロックバンドのアルバムでで、日本のハードロック界では非常に人気のある超絶テクニックを駆使したメロスピバンドです。

この曲はツーバス連打のスピード感のある曲です。

この曲では、主にボーカルと各楽器の音量バランス、音の質感、ツーバスの切れと重さをチェックします。

卒業

丸形シリコン

音色は暗めです。

空間は、左右は広いのですが、上下、奥行きは余り感じません。

バスドラム、ベースは重く、その圧力を感じます。低音の芯に筋肉がついているといったイメージです。

これらの低音のエッジは立っていませんが、ボワついてはおらず、ベースラインも分かります。

左右で鳴っているパーカッションの音は良く聞こえます。

シンバル等の高音域については、少し引っ込んで聞こえます。シャリ付きは感じませんが、乾いたカサカサとした感じの音です。

アコースティックギターは自然な厚みがあり、弦のスティール感が分かります。

ボーカルは、少し「サシスセソ」が気になります。刺さる訳ではないのですが、耳にフッと息を吹き込まれるかのような感じがします。

中高域の音色は無機質で艶や音の余韻は感じられません。

ボーカルとベース・バスドラムといった中音・低音の音がフォーカスされた音量バランスです。

STARシリコンイヤーチップ

音色は、さほど変わりませんが、若干明るめになります。

空間は、左右は同じぐらいですが、少し上下間が出てきたのと、奥行きを感じるようになりました。歌詞の2番目の「離れても~」辺りから鳴り始める、シンセサイザーのフワッとした音やコーラス、間奏の辺りで、SHUREシリコンとの奥行きの違いを感じます。

左右のパーカッションの聞こえ具合は同じぐらいです。

シンバルが少し引っ込みぎみなのも同じです。

アコースティックギターの質感は、SHUREシリコンよりも硬めで、少し厚みが少し減少します。

ボーカルは、ダイレクト感を増し、距離が近くなります。サシスセソに関しては、刺さりぎみです。

全体的な音の艶については、少し艶が出てきたかな?というレベルです。

全体的な音のバランスは、SHUREシリコンとあまり違いはありません。

この曲に関してまとめると、SHUREシリコンと比べて、全体的な音が近くなり、全ての音の主張が強くなります。そして、音のエッジが出てきて、ドラムのキックのアタック音、ベースライン、パーカッション等の鳴り具合が、はっきりと分かります。

The Time Has Come

丸形シリコン

ハイハット等の高域の音が引っ込み気味で、金属感を伴わない、カサついた感じです。

バスドラムは重く、音圧感がありながら、キックの連打がはっきりとわかります。

ボーカルは引っ込んではいませんが、少々厚みが足りません。

左右ステレオで出ているギターのバッキングは、重みと厚みがあり、ザクザク感がとても気持ちがいいです。

空間は、左右は広いですが、上下奥行きは感じません。

全体的に艶のない無機質な音質です。

STARシリコンチップ

ハイハットの質感はSHUREとさほど変わりませんが、少し音が前に出てきて、シンバルの余韻も聞き取りやすくなりました。

バスドラムは、聞いた瞬間、「気持ちいい~!」と思ってしまいました。SHUREと同じ重みを持ちながら、キレキレです。ツーバス連打の気持ち良さは、今まで紹介させていただいたイヤーピースの中で一番かもしれません。

ギターも同様です。重みと切れを兼ね備えています。

空間は余韻も感じ取れるような奥行きが出てきました。

まとめ

総評としては、音質と遮音性は、SHUREのトリプル(ダブル)フランジと茶楽音人のSpinFitの中間といったところでしょうか?

強力な遮音性、パワー、ボーカルの艶、高音の主張を大人しめにして刺激を押さえるといった場合は、トリプル(ダブル)フランジ、こもり感を完全に排除してスカーっとした音で聞きたい場合は、SpinFit、聞きづかれしない音色でパワーと切れを求めるならSTARチップというような選択をされると良いと思います。

試聴曲の「卒業」は、そもそも音が硬く、刺さりやすい傾向にあるため、あまり気にされなくても良いかもしれません。ただし、AKINOさんの「一万二千年の恋」等の刺激的なボーカルの曲を聞く場合は、「卒業」同様、刺さるかもしれません。

今回紹介させていただいたWestoneのSTARシリコンイヤーチップは、ツーバス連打の曲を非常に気持ちよく聞かせてくれました。こういった重みとスピード感のある曲を中心に聞く方には、このイヤーピースが最適かもしれません。

関連事項

SE215spe リケーブルレビュー~ZEPHONE EL-14(Orange Owl)~ 

SE215spe リケーブルレビュー~SE846のケーブルにリケーブルすると…!? ~

SE215spe イヤピ変更レビュー~Spinfit~

SE215spe イヤピ変更レビュー~Spinfit TwinBladel~

SE215spe イヤピ変更レビュー~SONY トリプルコンフォートイヤーピース~

イヤホン リケーブル記事一覧

イヤホン・ヘッドホン・DAP関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SHURE SE215spe Westone「STARシリコンイヤーチップ」を試してみた
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする