SHURE SE215spe おすすめリケーブルと音質について Part1~ZEPHONE EL-14(Orange Owl)~

SE215はリケーブルできる仕様ゆえに、他社ケーブルの購入を検討されている方も多くいらっしゃると思います。

現在、SHUREが採用しているMMCX仕様のリケーブル製品は、各価格帯ごとにかなり多くの種類がそろっています。

初めてリケーブルされる方は、本体価格を超えるケーブルを購入するのに抵抗があると思いますので、今回は1万円以内のケーブルを1つ紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ZEPHONE EL-14(Orange Owl)について

今回紹介させていただくケーブルは、「ゼフォーン」というメーカーの「オレンジ オウル」です。この製品の紹介前に、リケーブルに対する注意点を書いておきます。

リケーブルの動機

リケーブルによって皆さんのSE215にどうなって欲しいのでしょうか?

  • 音質を変えたい
  • 音質を良くしたい
  • ケーブルの取り回しをよくしたい(ケーブルの太さ、ワイヤーの有無等)
  • ケーブルをファッショナブルなものにしたい

きっと上記のような理由だと思いますが、1つだけ注意していただきたいのは、「音質を良くしたい」という理由で購入を検討されている場合です。

リケーブルすることにより音の線の太さ、音の明暗、音場の広さといった音の質感は変わりますが、どんなに高額なケーブルを購入したとしても、イヤホン本体の性能を超える音質にはなりません。

つまり、SE215に5万円のケーブルをつけても、SE846のような音質には絶対にならないということです。これを踏まえた上で、リケーブル製品の購入を検討してください。

ZEPHONE EL-14(Orange Owl)の質感・取り回し

字のごとく、綺麗なオレンジ色のケーブルです。6千円台の値段にもかかわらず、プラグやケーブル分岐点回りの質感が良いです。

ケーブルは細目で軽く、取り回しが良いです。ケーブル全体に真っすぐになるようなクセがついており、丸めて仕舞ってあっても、一瞬でケーブルがばらけます。

耳掛け部分がワイヤー無しの形状記憶になっています。

リケーブル オレンジ(全体)

純正ケーブルとZEPHONE EL-14(Orange Owl)の聞き比べ

以前の投稿でSE215speのレビューをしましたが、前回と同じ音源で同じイヤホンのレビューをしても仕方ないので、今回は試聴曲を変えて純正ケーブルとの比較をしていきたいと思います。

  • 使用イヤーピース 純正シリコン(大)
  • 試聴機 SONY NW-ZX2
  • 試聴曲 河合奈保子「けんかをやめて」、BABYMETAL「ギミチョコ!!」

けんかをやめて

純正ケーブル

ドラム、ベースの音の芯が太く力強さを感じます。アタックもしっかりしており、「ボワッ」という感じではなく、「ドン」という感じです。

低音に迫力がありますが、ボーカルやコーラスは埋もれることなく、ボーカル等にかかっているエコーなのどエフェクト音も分かります。

シンバル、ハイハットに関しては、低音の力強さに埋もれて聞こえづらい感じです。

空間については、上下左右とも広くもなく、狭くもなくといった感じです。

この曲はドラムから始まるバラードなのですが、純正ケーブルではちょっと低音のパワーがありすぎてハードロックのパワーバラードかと思ってしまいました。

ボーカルとそれを取り巻く空気はクリアーなのですが、その周りに暗めの空気をまとった芯の太い低音が居座っているので、闇の中にぽっかりと浮かび上がったボーカルというイメージが沸きました。

低音の芯は太いですが、ドラムやベースのアタックや輪郭はぼやけていないので、低音の質自体は悪くないと思います。再生周波数帯域から言って、それほど重低音が出るイヤホンではないのですが、アタックのはっきりした芯の太い低音が出るので、とても低音が重く感じます。

ZEPHONE EL-14(Orange Owl)

低音の感じが変わります。そのせいで、他も色々変わります。

純正ケーブルの低音をボディービルダーと例えるなら、こちらは細身のボクサーです。つまり、低音のアタック感や重さはそのままに、芯がかなり締まります。

これによって、ボーカルを取り巻く明るい空気が全体に広がって、全体的に明るい音になり、空間も広がって聞こえ、シンバルやハイハットといった高域部分や低音の陰に隠れていた細かいパーカッションの音など聞き取りやすくなりました。

ギミチョコ!!

純正ケーブル

空間は左右に広いです。音全体が少し遠くから聞こえるのですが、SE846で感じた奥行き感とは違います。

左右に振られたギターのバッキングが図太く、重くザクザクです。オジーオズボーンの「ミラクルマン」のザックワイルドのギターみたいです(分からない人はごめんなさい)。

バスドラムはアタックがしっかりしており、重さもありますが、「けんかをやめて」のような図太い感じはなく、他の楽器の邪魔になるような鳴り方はしていません。

ハイハットやシンバルの音は弱く感じます。

ZEPHONE EL-14(Orange Owl)

バスドラムとギターの音が締まって、全体的にクリアーな音質になります。

ハイハットやシンバルは聞き取りやすくなります。

空間については同じです。

「けんかをやめて」の時と違った感想を持ったのですが、ギターの音が締まったせいで、バッキングのザクザク感は減少します。

まとめ

ZEPHONE EL-14(Orange Owl)にリケーブルすると、すっきりした見晴らしの良い音になるので、現在SE215speの音が暗く、低音が強すぎると思っている方にはお勧めです。

上記のように曲によっては純正ケーブルの方が気持ちよく聞こえることもありますので、リケーブルしたとしても、純正ケーブルの出番もあると思います。

あと、このケーブルのおすすめポイントは、耳掛け部分が形状記憶になっているところです。これがすごく楽で、ワイヤーのようにケースにしまっていたら変な癖がついてしまって、耳に掛ける時にまた癖のつけ直しといった手間は一切ありません。

ワイヤーなしのケーブルも私は好きですが、ケーブルが太かったり、癖がつきやすい素材のものだと耳から浮いてしまう恐れがあります。

さて、次のページでは、EL-14より数千円高いEL-21(Blue Seagull)を紹介したいと思いますが、大分音の雰囲気が変わります。

<次のページ>SE215spe リケーブル ZEPHONE EL-21(Blue Seagull)レビュー

●Amazon ZEPHONE製品一覧ページはこちら

関連事項

SONY NW-ZX300試聴レビュー~アンバランス編~

超絶かわいい声を聞きたいならこのアイドル~おすすめ!80~90年代アイドル~

SE215spe関連記事一覧(リケーブル・イヤーピース変更)

イヤホン・ヘッドホン・DAP関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SHURE SE215spe おすすめリケーブルと音質について Part1~ZEPHONE EL-14(Orange Owl)~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする