サトレックス DH298 A1 Bu試聴レビュー~新イヤホン ブルーのツボミ~

2017年8月1日、SATOLEX(サトレックス)から、新たなハイレゾ対応イヤホンの青いTubomi(ツボミ)DH298 A1 Buが発売されました。

7月に秋葉原で開催されたポタフェスにて先行販売され、5000円以内という価格の手頃さもあって、お持ち帰りになった方も多いと思います。

私は、ベースモデルの黒いツボミ(DH298 A1)を試聴した時、5000円以下の価格のイヤホンの中で、ノリの良い低音と、耳障りの良いまろやかな音質、大きな音像で低音に埋もれることのないボーカルに魅力を感じました。

この青いツボミ(DH298 A1 Bu)は、サトレックスのベースとなるイヤホンの黒いツボミ(DH298 A1)の低音を抑え、高音域に繊細さを加えたチューニングとされていますが、実際のところ、どんな音なのか気になったので、試聴してきました。

スポンサーリンク

Tubomiの青と黒の聴き比べ

青いツボミ(DH298 A1 Bu)が、ベースモデルとなる黒いツボミ(DH298 A1)とどう違うのか、比べながらレビューしたいと思います。

見た目について

青いツボミ(DH298 A1 Bu)は、深いブルーで、美しいカラーリングになっています。

黒いツボミとの違いですが、カラー以外では、プラグ部分がL字に変更になりました。

下の写真は、ベースモデルの黒いツボミですが、このようなストレートプラグの場合、使用する機器や、スマホ・DAPの収納の仕方によっては、プラグのとコードの付け根辺りに負荷がかかり、断線する危険性が高まるので、L字に変更したのは、こういった対策からだと思われます。

音質について

試聴にあたって、DAPはSONY NW-ZX2を使用し、音響効果は全てオフにしてあります。

試聴曲は、斉藤由貴「卒業」、Wink「淋しい熱帯魚」、BABYMETAL「ギミチョコ!!」、手嶌葵「La Vie En Rose」、欅坂46「二人セゾン」で、ファイル形式はflacですが、「二人セゾン」のみハイレゾ音源です。

全体的な印象

黒いツボミより低音を抑えたとあるので、どの程度のバランスになったのか、早速、音を聴いてみました。

音が出た瞬間に思ったのは、「低音が強い!」でした。

低音を抑えたとは思えないぐらい、低音が出ています。

ただ、サトレックスの低音は、音の芯と低音の出す空気感のブレンドが巧みで、ノリの良さと迫力を両立しており、他の帯域の音が聴きづらいということはありません。

ボーカルは、まろやか、かつ、艶やかで、サ行が刺さる感覚は全くありませんでした。

シンバル・ハイハット等の高音域は、クリアではっきりと聴こえますが、やはり低音の主張が強いせいか、意識は低音に行ってしまいます。

空間表現は、左右と上方向に広めで、下方向や奥行きは、あまり感じませんでした。

解像度(音が鮮明に聴こえる度合い)や分解能(音が分離して聞こえる度合い)は、高くもなく低くもなくといった印象を受けました。

ザラザラした音の荒さや音の薄っぺらさがなく、質の良いダイナミック型イヤホンだと思いました。

試聴曲別による印象

試聴に使った斉藤由貴の「卒業」は、初版CDのもので、音のバランスはフラット、かつ、音質は硬めで、使用するイヤホンによっては、サ行が刺さり気味になりますが、青いツボミで聴くと、音の硬さは取れ、ボーカルは艶やかでサ行は全く気になりませんでした。

低音が少し強めに出てくれるので、こういったマスタリングの曲は、非常に気持ち良く聴くことが出来ました。

BABYMETALの「ギミチョコ!!」は、イヤホンによっては、バスドラム・ベースが強く聴こえるものと、左右で鳴っているザクザクしたギターの音が強く聴こえるものがあるのですが、青いツボミの場合は、バスドラムとベースの主張の方が強く聴こえました。

欅坂46の「二人セゾン」は、曲始まりの「二人セゾン~」という静かな部分ではボーカルの艶やかさとクリアな空間を感じましたが、曲が盛り上がって来て、音数が多くなってくると、音が団子気味に聴こえました。

音圧を上げた平成アイドルソングは、こういった感じのマスタリングが多いですが、ツボミの低音の質・量感が、それを助長させる感じがあり、こういったマスタリングを施された曲には、今一つ合わない印象を持ちました。

黒いツボミとの音質の違い

青いツボミを聴いた後、黒いツボミを同じ環境で聴いてみましたが、低音の量に関しては、さほど違いを感じませんでした。

一番の違いは、高音部の明るさで、青いツボミの方が晴れやかで、高音部分を聴き取りやすかったです。

ただ、黒いツボミの方は、全体的な音色の統一感があり、違和感のない聴きやすさを感じました。

まとめ

青いツボミと黒いツボミの比較をさせていただきましたが、この2つのイヤホンに関しては、優劣というより、好みだと思います。

それゆえ、青いツボミと黒いツボミで購入を迷われている方は、使用するスマホ・DAPや、試聴する曲によっても、印象が違うと思いますので、出来ればお店で聴き比べをして、自分の良く聴く曲が、より気持ち良く聴こえる方を選択してみてください。

●Amazon サトレックス Tubomi DH298 A1 Bu商品紹介ページはこちら

関連事項

サトレックス 黒いツボミ(Tubomi A298 A1)レビュー

サトレックス Tubomi Sterling Silver(DH310-A1SS)レビュー

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
サトレックス DH298 A1 Bu試聴レビュー~新イヤホン ブルーのツボミ~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする