八木さおり 1st アルバム「PURITY」レビュー~おすすめ!80年代アイドルアルバム~

2017年5月31日に、八木さおりさんの1stアルバム「PURITY」(ピュアリティ)が、デジタルリマスターにより再発売されました。

デビュー曲「瞳で片想い」は、歌唱力の要求されるマイナー調のバラードですが、こういった曲をアイドルのデビュー曲に持ってくるケースは稀です。

私は、緊張しながらも一生懸命に歌っている八木さおりさんの「瞳で片想い」が大好きだったので、この再発売を機に、1stアルバム「PURITY」を購入してみました。

今回は、この「PURITY」というアルバムについての情報と、私が感じた事などを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アイドル王道の1stアルバム「PURITY」

ラグジュアリー歌謡×クリンクレコード アーカイブシリーズ

八木さおりさんの1stアルバム「PURITY」は、クリンクレコードというレーベル(発売元はキングレコード)から、リリースされています。

そして、このアルバムは、「ラグジュアリー歌謡×クリンクレコード アーカイブシリーズ」の第5弾と銘打たれています。

ちなみに、このシリーズで現在(2017年7月)私が確認できたのは、以下の通りです。

  1. 長谷川真由美「トゥインクル」
  2. 藤真利子「シ・ナ・リ・オ」
  3. PINK TANK「ELECTRIC CINDERELLA
  4. 小林みちこ「リメンバー」
  5. 八木さおり「PURITY」
  6. 八木さおり「MOON & LOVE」
  7. 八木さおり「MERLIN」

CDの仕様(内容)

基本的に、このCDはLP仕様になっていて、表面と裏面のジャケット、封入されている写真集&歌詞カードは、LPと同じものです。

これに加えて、1stシングル「瞳で片想い」、2ndシングル「くちづけの舞台」のジャケットが写真集&歌詞カードとは別に封入されています。

この「PURITY」というアルバムは、1987年にリリースされましたが、販売形態はLPとCD、カセットでした。

CDはLPには収録されていない「センシティブハート」が収録されており、LPよりも1曲多い仕様になっていました。

今回、再発売されたCDも「センシティブハート」が収録されており、さらにボーナストラックとして、収録曲の5曲分のカラオケが収録されています。

このため、CDケース裏面に表記されている収録曲(LP仕様)と、実際に収録されている曲とは異なっています。

全収録曲については後述します。

CDの音質

音質のチェックには、パソコンにUSBケーブルでSONYのポータブルアンプPHA-2を繋ぎ、ヘッドホンはSONY MDR-Z1000を使用しました。ファイル形式はFlacです。

このCDは、今流行のUHQCD、Blu-specといった仕様ではありませんが、「マスターテープからの最新デジタルリマスター」と記載されています。

曲によって、若干音質差がありますが、基本的には音の力強さとキレがある、空間は立体的、音の分離が良い、ボーカルはクリアといった具合に、非常に高音質だと思います。

1曲目の「私・発見」など、曲によってはハイレゾ音源を聴いているような感覚すらします。

LPレコードや初版CDと比べることが出来ないので、デジタルリマスターによって、どの程度音質が変化したのか分かりませんが、私が現在所有している「20世紀BEST キング・アイドル・ヒストリー」というCDに収録されている「瞳で片想い」で聴き比べをしたところ、ほとんど音質の違いは感じられませんでした。

なので、今回再発売された「PURITY」の最新デジタルリマスターというのは、今一度マスターテープからノイズ等を除去した程度で、音圧調整やイコライジングなどは、ほとんどされていないように思います。

アルバムの印象

収録曲は以下の通りです。

  1. 私・発見
  2. くちづけの舞台(2ndシングル)
  3. ガラスのレジスタンス
  4. 天使もパニック
  5. ガールフレンド
  6. センシティブハート(1stシングルB面)
  7. 春風に甘えて(2ndシングルB面)
  8. 内気な冒険者(アドベンチャー)
  9. 瞳で片想い(1stシングル)
  10. ポーズ
  11. コメディーはせつなくて
  12. 瞳で片想い(カラオケ)
  13. センシティブハート(カラオケ)
  14. くちづけの舞台(カラオケ)
  15. 春風に甘えて(カラオケ)
  16. 私・発見(カラオケ)

80年代アイドルソングが好きな方なら、1曲目の「私・発見」の音が鳴った瞬間に、このアルバム買って良かったなと思うと思います。

ミドルテンポのメジャー調(明るい感じ)の曲で、キラキラしたシンセサイザーの音が、曲調をより一層かわいらしくしています。

デビュー曲は、来生たかお&えつこさんによる「瞳で片想い」というマイナー調(悲し気な曲調)の少し重めの曲でしたが、このアルバム「PURITY」に収録されている曲は、様々なバリエーションを持ったメジャー調の曲が多く収録されています。

マイナー調の曲は、「瞳で片想い」を含め、11曲中3曲です。

「PURITY」は、1stアルバムだけあって、アルバムジャケットのイメージ通り、素直な歌い方で、全体的にさわやかな印象を受けます。

どの曲もメロディーやアレンジにフックがあり、聴いていて、とても心地の良いアルバムとなっています。

まとめ

80年代王道アイドルソングを好きな方なら、この「PURITY」というアルバムは買いです。

きっと、この「ラグジュアリー歌謡×クリンクレコード アーカイブシリーズ」は、しばらくすると入手困難になりそうな予感がするので、もし気になるアルバムがあったら、早めに購入したほうが良いと思います。

関連事項

斉藤由貴 2ndアルバム「ガラスの鼓動」CDとハイレゾを比較してみた!

80年代アイドル関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
八木さおり 1st アルバム「PURITY」レビュー~おすすめ!80年代アイドルアルバム~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする