レコードをアンプなしでPCに録音する方法~Audacityとオーディオキャプチャー~

レコードをデジタル化する方法は色々ありますが、据え置きアンプがなくても、レコードをパソコンに録音することが出来ます。

今回はレコードプレイヤー直でパソコンに録音する方法を紹介したいと思います。

用意するものは、レコードプレイヤーとパソコン、レコードプレイヤーとパソコンを繋ぐオーディオキャプチャーケーブル、録音したアルバムの分割・不要部分の削除等の編集をするAudacityというフリーソフトです。

これで中々CD化されないレコード等をデジタル化してみましょう。

スポンサーリンク

録音のためのセッティング

フォノイコライザーの有無を確認する

まず、手持ちのレコードプレイヤーにフォノイコライザーが搭載されているか否か確認してください。

それによって、用意するオーディオキャプチャーの種類が変わります。

フォノイコライザーとは、レコードの音を増幅する装置の事で、これがないとまともな音が出ません。

中には、フォノイコライザーのオンオフスイッチが搭載されているレコードプレイヤーもあるので、裏面や側面など、くまなく探してみてください。

私のレコードプレイヤーは、ターンテーブルのゴムをめくったら、フォノイコライザーのオンオフスイッチが出てきました。

もし、フォノイコライザーの搭載の有無が分からなければ、レコードプレイヤーをテレビの入力端子に繋いで、通常のテレビを見る音量で、レコードの音が鳴るか試してください。

音量を最大近くまであげないと、レコードの音が聴こえないようなら、フォノイコライザーは等されていないことになります。

ちなみに、最近流行っている以下のようなスピーカー付きのレコードプレイヤーには、フォノイコライザーは搭載されており、中にはUSB端子による出力が出来るものもあるので、この場合は、オーディオキャプチャーケーブルがなくても、USBケーブルさえあれば、パソコンに録音することが出来ます。

用意するオーディオキャプチャーケーブル

オーディオキャプチャーケーブルの種類はたくさんあるので、その中で評判の良さそうなものを選んでみました。

フォノイコライザーがない、又はオンオフの切り替えができる場合は、フォノイコライザー搭載の以下の製品を手に入れてください。

フォノイコライザーがあり、そのオンオフの切り替えが出来ない場合は、フォノイコライザー非搭載の以下の製品を手に入れてください。

厳密にいうと、これらのケーブルについて、もっと色々な説明をしたいところなのですが、あまり余計なことまで書いてしまうと混乱されると思いますので、とりあえずこういった定義のもとに、どちらを購入するか決定してください。

Audacityのダウンロードとインストール

先程紹介したオーディオキャプチャーケーブルには、取り込んだファイルを編集するソフトが付属していますが、機能的に物足りない事や、使いづらい部分があったりするため、データの編集には、フリーソフトのAudacityの使用をおすすめします。

Audacityは昔からある定番の音楽ファイルの編集ソフトなので、使い方に困った時、ネットで検索すると、たくさんの回答が出ていますので、非常に扱いやすいのもメリットです。

★窓の杜 Audacityダウンロードはこちら

ダウンロードしたら<次へ>を順次クリックして行けば、インストールは完了します。

機器の接続

私の持っているレコードプレイヤーは、フォノイコライザーのオンオフが出来るので、フォノイコライザー搭載の「I-O DATA レコード/カセット かんたんCD保存 フォノイコライザー搭載USB接続オーディオキャプチャー AD-USB 」を購入しました。

箱の中には、ケーブル、取扱説明書、取り込んだデータを編集するソフトの入ったCD-ROMが入っています。

まず、パソコンを立ち上げます。

次に、レコードプレイヤーにフォノイコライザーのオンオフスイッチが付いている場合は、これをオフにし、レコードプレイヤーから出ている赤白のピンジャックを、オーディオキャプチャーケーブルに接続します。

レコードプレイヤーからアース線が出ていたら、それをこのクリップに挟んでください。

なお、録音中はレコードの音声はパソコンから出ませんので、音をモニターしたい時は、以下のLINE OUT端子にスピーカーを繋いでください。

このLINE OUT端子に直接ヘッドホンを接続すると大音量で音が流れるので、ヘッドホンの直差しは止めてください。

オーディオキャプチャーケーブルのUSB端子をパソコンに接続すると、「ディバイスを認識しています」等の表示が出るので、それが完了するまで待ちます。

Audacityの録音設定

機器の接続が終わったら、Audacityを立ち上げ、赤丸の部分をクリックし、入力元を「ライン(I-O DATA AD-USB)」に変更します。

次に、録音品質の設定をします。

赤丸の「編集」→「設定」の順にクリックしてください。

「品質」の部分をクリックすると、録音品質の設定をすることが出来ます。

以下の赤丸を付けた部分の数値を変更することによって、ハイレゾ以上の音質で録音することも出来ますが、入力する側の機器がそれに対応していないと、いくらこの数値を上げても、ハイレゾ以上の音質にはならない点に注意してください。

今回使用するオーディオキャプチャーケーブルの最高サンプリング周波数は48kHz、量子化ビット(サンプル形式)は16bitとなっているため、取り込むことの出来る音質はCD音質となります。

そのため、上記の数値設定は、サンプリング周波数44100Hz、サンプル形式16bitで良いと思います。

数値設定後、「OK」を押したら設定は完了です。

録音開始

では、レコードを録音してみましょう。

レコードを再生する前に、もし家庭に掃除する時に使うクイックルワイパーのようなホコリ取りシートがあったら、それでレコードを拭いてみてください。

これでも大分レコードに付いたホコリを取ることが出来ます。

それ以上の頑固な汚れに関しては、別のクリーナー等を使用するようにしてください。

まず、Audacityの一時停止ボタン(青丸)を押し、次に録音ボタン(赤丸)を押します。

この状態でレコードを再生してみてください。

すると、レベルメーターが動き出します。

レベルは、0を超えないように音量を調整してください。

録音レベル調整は、以下のフェーダー(赤丸)を動かして調整します。

色々試してみましたが、フェーダーの位置は50~55辺りに調整すると良いと思います。

録音レベルの調整が終わったら、一度レコードを止めて、再度レコードの再生をスタートし、一時停止ボタンを押して、録音を開始してください。

<次のページ>録音したアルバムを分割する方法

関連事項

flacファイルの音量調整のやり方

音楽ファイルの音量調整・タグ編集記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
レコードをアンプなしでPCに録音する方法~Audacityとオーディオキャプチャー~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする