簡単レコードクリーニングの効果~激落ちくん vs レコクリン~

今回は、レコードのノイズを除去したいけど、あまり時間とお金をかけたくないといった方に向けた話です。

レコードのプチプチ・チリチリといったノイズを除去・低減する方法は多々ありますが、出来る限り簡単で時間をかけずに洗浄した場合、どの程度ノイズが減るのでしょうか?

その検証に当たり、レコードクリーニングで、よく話題になる「水の激落ちくん」と「レコクリン」を使用し、クロスで汚れと水滴を拭き取るだけで、どの程度のノイズが除去できるのか、どちらの方がよりノイズを除去できるのか、その違いを聴き比べてみました。

スポンサーリンク

水の激落ちくんvs レコクリン

今回使用するのは、洗浄液として、ホームセンター等で売られている「水の激落ちくん」、ディスクユニオン公式クリーナーの「レコクリン」、汚れや水分を拭き取るものとして、ディスクユニオンで売られている「レコクロス」です。

「水の激落ちくん」は、近所のホームセンターで購入し、500mlのボトル入りで258円(税込)でした。

「レコクリン」と「レコクロス」は、新宿のユニオンレコードで購入しました。

「レコクリン」は、200mlで1512円(税込)、「レコクロス」は、50枚入りで648円(税込)でした。

クリーニング方法

テーブルを汚さないように、新聞紙を敷き、念のためレコードの入っているビニール袋をレコード盤の下に敷きました。

使用したレコードは、もう30年近く前に購入したもので、久しぶりに見てみたら、盤面の淵辺りに手あか(指紋)のようなものが、あちらこちらに付いていて、状態はあまり良くない感じです。

まず、今回拭き取りに使用する「レコクロス」ですが、触った感じは家の掃除をする時に使用するクイックルワイパーシートのようなものとほぼ変わりません。

ただ、よく見ると、「レコクロス」の方が若干きめが細かい感じです。

「レコクロス」を広げると、レコード盤面に近いぐらいの大きさになります。

クリーニングをする時は、何度か折って、このぐらいの大きさにしました。

初めに、「レコクリン」でクリーニングしてみます。

クリーニングは、Youtubeにアップされているディスクユニオン公式ページで紹介されているものと全く同じやり方で行いました。

まず、「レコクリン」を10円玉程度の大きさ5つ分垂らします。

「レコクリン」は、下に向けてもドバーっと垂れて来ず、ボディーを押すと少しずつ出てくるため、垂らす加減は調整できます。

これを「レコクロス」で、盤面に沿って少しずつ軽めの力で拭いていきます。

「レコクロス」で盤面を拭いていると、レコードの溝をガッチリと掴んでいる感覚があります。

1周拭き終わったら、「レコクロス」の面を替え、もう一度同じ工程を繰り前しますが、2度目は1度目よりも少し力を入れて拭いていきます。

写真だと分かりづらいですが、クリーニングに使用した「レコクロス」には、うっすらと黄ばんだような汚れが付いていました。

次に、新しい「レコクロス」を取り出して、先程と同じ程度の大きさに折り曲げ、時折面を替えながら、2周程度拭いていきます。

1周目の拭き取りでも、かなり水分が拭き取れ、それほど多くの面は使用しないので、拭き取りに使用した「レコクロス」は、次回も使用することが可能です(ユニオンレコードの店員さんにもそのように教わりました)。

次に、「水の激落ちくん」ですが、盤面に5か所程度吹きかけ、クリーニングは「レコクリン」の時と違って1回のみにして、同様の拭き取りをしました。

「水の激落ちくん」はスプレー方式なため、そこそこ飛び散るので、新聞紙は大きめに広げておいた方が良いかもしれません。

ノイズ低減の程度の違い

では、実際に聴いてみます。

テストA(レコクリンの効果)

クリーニング前の音。

「レコクリン」でクリーニングした音。

テストB(水の激落ちくんの効果)

クリーニング前の音。

「水の激落ちくん」でクリーニングした音。

検証結果

「レコクリン」で2度拭きした場合と、「水の激落ちくん」で1度拭きした場合でのノイズ低減の差ですが、皆さんはどう感じられたでしょうか?

どちらも完全ではないにしろ、ノイズがかなり低減されていることが分かると思います。

ちなみに、テストAでクリーニングしたものを、さらに「水の激落ちくん」でクリーニングしてみたら、よりノイズが低減されました。

このように、一度のクリーニングでノイズが気になるようなら、もう1~2回程度クリーニングを繰り返すと、さらなる効果があるかもしれません。

かつて、レコードをクリーニングするため、レコード盤面を水で濡らし、家庭用洗剤を薄めた水に使わなくなった歯ブラシを浸し、盤面をこすり、普通のタオルで水分を拭き取り、天日干し、若しくはドライヤーで乾かしたりしましたが、ほとんど効果はありませんでした。

一番やって欲しくないのは、盤面の水滴をティッシュで拭き取ること。

これをすると、かえってノイズが増えました。

たぶん、ティッシュの繊維が盤面に付着したためと思われます。

まとめ

ノイズの除去にこだわる方は、精製水を使用し水道水は使わない、歯ブラシはデンターシステマを使用する、盤面の水滴は布を使わずケルヒャーのような窓の水滴を吸い取る機器を使用するなど、様々な方法でクリーニングをされています。

これらの効果はあると思いますが、そこまでやる気になれないという方は、完全ではないにしろ効果は期待できるので、上記のような方法を試してみてください。

個人的な感覚としては、どのクリーニング液にするかということよりも、クロスなどの水滴を拭き取る手段の方が重要に感じました。

●Amazon「レコクロス」商品紹介ページはこちら

●Amazon「レコクリン」商品紹介ページはこちら

●Amazon「水の激落ちくん(320ml)」商品紹介ページはこちら

関連事項

レコードをパソコンに取り込む方法

レコード関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
簡単レコードクリーニングの効果~激落ちくん vs レコクリン~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする