ザ・ベストテン 1988年 ランクイン全曲紹介

1987年におニャン子クラブが解散し、この1988年は、TM NETWORK等のバンドや、徳永英明、渡辺美里さんといったニューミュージック系アーティストの躍進が目立った年でした。

アイドルに関しては、光GENJIが男性アイドルを牽引し、工藤静香、南野陽子、中森明菜さんといった一部の定番アイドル以外は、月日が進むにつれてランクインしなくなってきました。

8月7日に、シブがき隊は解体(解散)宣言をし、11月2日に解散しました。

スポンサーリンク

ザ・ベストテン 1988年

  • ガラスの十代 / 光GENJI(8週連続1位獲得)
  • SHOW ME / 森川由加里
  • はいからさんが通る / 南野陽子(主演映画「はいからさんが通る」主題歌)
  • ABC / 少年隊
  • 難破船 / 中森明菜
  • It’s All Right / 仲村トオル・一条美奈
  • Again / 工藤静香
  • 男と女のはしご酒 / 武田鉄矢・芦川よしみ
  • 悲しい気持ち / 桑田佳祐
  • テンダー・レイン / 高井麻巳子
  • 悲しいね / 渡辺美里
  • 命くれない / 瀬川瑛子
  • RESISTANCE / TM NETWORK
  • 風のLONELY WAY / 杉山清貴(「火曜サスペンス劇場」主題歌)
  • ストレンジャーtonight / 荻野目洋子
  • 1月の雨を忘れない / THE ALFEE
  • 夢であいましょう / 田原俊彦
  • AL-MAUJ / 中森明菜
  • Believe Again / 浅香唯
  • プリティ・デイト / 吉川晃司
  • 乾杯 / 長渕剛
  • DAKARA / BOOWY
  • タンポポの草原 / 島田奈美
  • サクラが咲いた / 西村知美
  • FORMULA WILD / 池田聡
  • You’re Only My Shinin’ Star / 中山美穂
  • 吐息でネット / 南野陽子(化粧品CMソング)
  • 風のエオリア / /徳永英明
  • ほらね、秋が来た / うしろ髪ひかれ隊
  • 愛は心の仕事です / RA MU
  • 両手いっぱいのメモリー / 渡辺美奈代
  • 抱いてくれたらいいのに / 工藤静香
  • 炎のエスカルゴ / とんねるず
  • パラダイス銀河 / 光GENJI
  • BEYOND THE TIME / TM NETWORK
  • GOOD MORNING-CALL / 小泉今日子(CMソング)
  • DOWN TOWN MYSTERY / カルロストシキ&オメガトライブ
  • WEEKEND SHUFFLE / THE ALFEE
  • ONE NIGHT GIGOLO / チェッカーズ
  • ふたり / 少年隊
  • You Were Mine / 久保田利伸
  • いつか何処かで / 桑田佳祐(JALキャンペーンソング)
  • Made in Japan / 近藤真彦
  • Marrakech / 松田聖子
  • C-Girl / 浅香唯
  • 抱きしめてTONIGHT / 田原俊彦(ドラマ「教師びんびん物語」主題歌)
  • 僕の腕の中で / 杉山清貴
  • スターダスト・ドリーム / 荻野目洋子
  • 恋したっていいじゃない / 渡辺美里
  • Beach Time / チューブ
  • TATOO / 中森明菜
  • 1億のスマイル / 酒井法子
  • NEVER CHANGE / 長渕剛
  • ちょっとFallin’ love / 渡辺美奈代
  • NO! / 島田奈美
  • FU-JI-TSU / 工藤静香
  • 天使のゆびさき / 西村知美
  • GET BACK IN LOVE / 山下達郎
  • あなたを愛したい / 南野陽子
  • 少年は天使を殺す / 菊池桃子
  • Diamondハリケーン / 光GENJI
  • みんなのうた / サザンオールスターズ
  • 太陽の破片 / 尾崎豊
  • ORACION / 来生たかお・斉藤由貴
  • Jim&Janeの伝説 / チェッカーズ
  • What’s your name? / 少年隊
  • YAZAWA / とんねるず
  • 人魚姫(マーメイド) / 中山美穂(ドラマ「若奥様は腕まくり!」主題歌)
  • 渚のすべて / 杉山清貴(スポーツドリンクCM曲)
  • ANGEL / 氷室京介
  • DEAR~コバルトの彼方へ~ / 荻野目洋子(映画「マリリンに逢いたい」主題歌)
  • SEVEN DAYS WAR / TM NETWORK
  • 19(nineteen) / THE ALFEE
  • アクアマリンのままでいて / カルロストシキ&オメガトライブ
  • かっこつかないね / 田原俊彦
  • セシル / 浅香唯
  • 時代 / 薬師丸ひろ子
  • DAYBREAK / 男闘呼組(ザ・ベストテンのおける最後のジャニーズ)
  • 微笑みに乾杯 / 安全地帯
  • MUGO・ん…色っぽい / 工藤静香
  • レースのカーディガン / 坂上香織
  • 旅立ちはフリージア / 松田聖子
  • KOME KOME WAR / 米米クラブ
  • あぁ、グッと / 近藤真彦(作曲:吉田拓郎)
  • Begining / CHA-CHA
  • HAPPY AGAIN / 酒井法子
  • 彼女とTIP ON DUO / 今井美樹
  • Only Love / ハウンド・ドッグ
  • 素直にI’m Sorry / チェッカーズ
  • DEAR ALGERNON / 氷室京介
  • Heart and Soul / 浜田麻里
  • 港の五番街 / 五木ひろし
  • 君を忘れない / シブがき隊
  • 剣の舞 / 光GENJI
  • 秋からも、そばにいて / 南野陽子
  • とんぼ / 長渕剛
  • 最後の言い訳 / 徳永英明
  • 怪盗ルビィ / 小泉今日子(同名映画の主題歌)
  • I MISSED ‘THE SHOCK’ / 中森明菜
  • Melody / 浅香唯
  • じれったいね / 少年隊
  • Witches / 中山美穂
  • One More Kiss / レベッカ
  • Mother’s Touch / 藤井郁弥
  • COME ON EVERYBODY / TM NETWORK
  • いわゆるひとつの誤解デス / CHA-CHA
  • 酒よ / 吉幾三

私の購入したレコード

この年は、レコードからCDに大分移行してきた年で、これまでアルバムを中心にCD化されていたものが、シングルレコードもCDとして発売されることが多くなりました。

p1050772

私がこの年購入したザ・ベストテンランクイン曲は、THE ALFEEの「19(nineteen)」と「WEEKEND SHUFFLE」の2枚のみでした。

この年に初めてシングルCDを購入しました。小さくなって、収納しやすくはなりましたが、あまりの小ささに違和感を覚えました。ジャケットが小さく、今一つレコード(CD)を購入した気がしないという感覚でした。

特にアイドルのシングルレコードには、小さなポスター(ピンナップ)みたいなものもレコードジャケットについてきたものですが、そういうものが全くなくなってしまいました。

昨今、CDが売れなくなって久しいですが、CD化により、レコードの時のような所有欲を満たす要素がなくなってしまったことも、セールス低下の一因ではないかと思うこの頃です。

まとめ

さて、翌年の1989年で、ザ・ベストテンは最終回を迎えます。この記事を作成している時、やたら曲名に横文字が多くなってきたなと感じました。

平成に入ってから、多くの横文字バンドがデビューしていきますが、この1988年はそれを予感させる年だったのかもしれません。

●ザ・ベストテン 年代別ランクイン全曲紹介はこちら

関連事項

おすすめアルバムソング~斉藤由貴編~

ブログトップページ

スポンサーリンク
ザ・ベストテン 1988年 ランクイン全曲紹介
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする