ザ・ベストテン 1984年 ランクイン全曲紹介

この年は、アルフィー、安全地帯、チェッカーズといったバンドが活躍し始めた年でした。

中でも、チェッカーズはアイドル的人気を誇り、翌年以降もランキング上位をキープし続けます。

女性アイドルでは、中森明菜さんが不動の人気を確立し、「北ウイング」「十戒(1984)」は、初登場1位を獲得しました。

小泉今日子さんも「迷宮のアンドローラ」で自身初の1位を獲得し、ここからキョンキョン人気が急上昇してきます。

スポンサーリンク

ザ・ベストテン(1984年)

  • 瞳はダイアモンド / 松田聖子
  • 艶姿ナミダ娘 / 小泉今日子
  • ラヴ・イズ・オーバー / 欧陽菲菲
  • エル・オー・ヴィ・愛・N・G / 田原俊彦
  • 釜山港へ帰れ / 渥美二郎
  • カム・フラージュ / 柏原芳恵
  • 時に愛は / 松本伊代
  • 疑問符 / 河合奈保子
  • 細雪 / 五木ひろし
  • 悲しみが止まらない / 杏里
  • 北ウイング /中森明菜
  • もしも明日が / わらべ
  • サムライ・ニッポン / シブがき隊
  • お久しぶりね / 小柳ルミ子
  • クライマックス御一緒に / 小泉今日子
  • 星空のディスタンス / アルフィー(1位のお祝いに星形のタンスがプレゼントされた)
  • 抱いてマイ・ラブ / 早見優
  • Rock’n Rouge / 松田聖子
  • チャールストンにはまだ早い / 田原俊彦
  • 白いハンカチーフ / 堀ちえみ
  • 黄昏ダンシング / 麻倉未稀
  • ワインレッドの心 / 安全地帯
  • めざめ / 石川秀美
  • 涙のリクエスト / チェッカーズ(チェック柄の服や髪型が流行した)
  • 22歳 / 谷村新司
  • 一番野郎 / 近藤真彦
  • ト・レ・モ・ロ / 柏原芳恵
  • 恋のKNOW-HOW / 松本伊代
  • 微風のメロディー / 河合奈保子
  • モニカ / 吉川晃司(水球の選手だった。母校のプールから中継した際、歌い終わりにプールへ飛び込んだ。)
  • 渚のはいから人魚 / 小泉今日子
  • 喝! / シブがき隊
  • 君のハートはマリンブルー / 杉山清貴&オメガトライブ
  • プロフィール / 倉沢淳美(「わらべ」からソロデビュー)
  • サザン・ウインド / 中森明菜
  • 誘惑光線・クラッ! / 早見優
  • 君が嘘をついた / オフコース
  • 稲妻パラダイス / 堀ちえみ
  • 哀しくてジェラシー / チェッカーズ(5/17には3曲同時にランクインした)
  • ギザギザハートの子守唄 / チェッカーズ
  • 気ままにREFLECTION / 杏里
  • 愛情物語 / 原田知世(同タイトル映画の主題歌)
  • 君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね / 中原めいこ
  • 時間の国のアリス / 松田聖子
  • 騎士道 / 田原俊彦
  • STAR SHIP / アルフィー(アニメ映画「レンズマン」の主題歌)
  • 長良川艶歌 / 五木ひろし
  • ふたりの愛ランド / 石川優子とチャゲ
  • メイン・テーマ / 薬師丸ひろ子(同タイトル映画の主題歌)
  • ケジメなさい / 近藤真彦
  • サヨナラは8月のララバイ / 吉川晃司
  • コントロール / 河合奈保子
  • 雨音はショパンの調べ / 小林麻美 with C-POINT
  • 迷宮のアンドローラ / 小泉今日子(キョンキョン初の1位の曲)
  • アッパレ!フジヤマ / シブがき隊
  • NEVER / MIE(元ピンク・レディーのミーがソロデビュー)
  • ミス・ブランニュー・デイ / サザンオールスターズ
  • 東京Suger Town / 堀ちえみ
  • 十戒(1984) / 中森明菜
  • 桃色吐息 / 高橋真梨子
  • 顔に描いた恋愛小説 / 田原俊彦
  • ピンクのモーツァルト / 松田聖子
  • 熱風 / 石川秀美
  • 星屑のステージ / チェッカーズ
  • 前略、道の上より / 一世風靡セピア
  • 唇のプライバシー / 河合奈保子
  • 愛・おぼえていますか / 飯島真理(映画「超時空要塞マクロス」の主題歌)
  • 永遠に秘密さ / 近藤真彦
  • ラ・ヴィアンローズ / 吉川晃司
  • 最愛 / 柏原芳恵(中島みゆきさんの楽曲)
  • バージン・ブルー / SALLY
  • ヤマトナデシコ七変化 / 小泉今日子
  • 泣かないで / 舘ひろし(元クールスのVo. ドラマ「西部警察」でも活躍)
  • べらんめぇ!伊達男(ダンディ) / シブがき隊
  • 恋はじめまして / 岡田有希子(3rdシングルで初のランクイン)
  • 恋人達のペイヴメント / アルフィー(アポなしでファン宅を訪れるも留守というハプニングあり)
  • クレイジーラブ / 堀ちえみ
  • 天国にいちばん近い島 / 原田知世(同タイトル映画の主題歌)
  • 浪花節だよ人生は / 細川たかし
  • ミステリーウーマン / 石川秀美
  • Woman / 薬師丸ひろ子(映画「Wの悲劇」の主題歌)
  • 恋の予感 / 安全地帯
  • ハートのイヤリング
  • 雪にかいたLOVE LETTER / 菊池桃子(3rdシングル 初のランクイン)
  • いっそセレナーデ / 井上陽水
  • ラストシーンは腕の中で / 田原俊彦
  • 飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜
  • ジュリアに傷心(ハートブレイク) / チェッカーズ
  • 北駅のソリチュード / 河合奈保子
  • 抱きしめてジルバ / 西城秀樹(ワム!「ケアレス・ウィスパー」のカバー)

私の購入したレコード

この中で、私が購入したレコードは、「微風のメロディー」「君が嘘をついた」「メイン・テーマ」「コントロール」「北駅のソリチュード」です。

この他に、河合奈保子さん、オフコースのアルバムや薬師丸ひろ子さん主演映画「メイン・テーマ」のサントラ等を購入しました。

この年の私の思い出

私は河合奈保子さんが好きだったので、同じ「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」からデビューした石川秀美さんをひいきめで見ていました。彼女の歌う「熱風」は歌い出しの「風!」というところが非常に印象的な曲です。

松本伊代さんの歌う「時に愛は」は、私の好きだったオフコースのシングル曲名と同じだったので、はじめはオフコースのカバーを歌うのか?と思いました。

オフコースはギタリストの鈴木康博さん脱退後の最初のシングル「君が嘘をついた」がランクインしました。非常に良い曲なのですが、私は鈴木康博さんがいなくなったオフコースを見て、少し悲しい気分で聞いていました。

私はこの年から本格的にALFEEが好きになり、映画「レンズマン」もALFEEが主題歌を歌うということで見に行きました。

「迷宮のアンドローラ」が流行っている頃、小泉今日子さんが好きな友人に誘われて、小泉今日子さんのコンサートに行きました。コンサートの中盤辺りだったと思いますが、音量測定をするロボットみたいなのが出てきて、小泉今日子さんが「大きな声を出してくださ~い!」というので、大声でデシベルを上げるために何度も叫んだ記憶があります。

この友人とは小泉今日子さんのコンサートに付き合う代わりに、私の好きな河合奈保子さんのコンサートにも付き合うという約束をしていたのですが、何だかんだで一緒に行ってくれませんでした、、、(@_@)

まとめ

この年をきっかけに翌年の1985年は、さらにバンドブームが加速します。C-C-B、ハウンド・ドッグ等の新たなバンドのランクイン、斉藤由貴さんと菊池桃子さんの「卒業」対決、おニャン子クラブ旋風と1985年は、みどころ満載のベストテンになりました。

ザ・ベストテン 年代別ランクイン全曲紹介

関連事項

80年代アイドル関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
ザ・ベストテン 1984年 ランクイン全曲紹介
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする