大食いでないのにペヤング超超超大盛やきそばを食べてみたら…

2018年6月18日から関東限定で発売されたペヤングのGIGAMAXと名付けられた超超超大盛りやきそば。

7月9日から全国で販売されるようですが、ツイッターでGIGAMAXを食べたというツイートをを時々見るようになり気になっていたところ、スーパーに買い物に行った時、山積みになっていたGIGAMAXをたまたま見つけて、無性に買いたくなりました。

ただ、「こんなの買って食べられるかな?」」と思い、かごに入れるまでに5分ぐらい悩みました。

私は普段、ご飯は1杯ぐらいしか食べません💦

食べても丼ぶり特盛1杯程度…

かつてペヤング焼きそばの超大盛りは特に問題なく食べることが出来たので、とにかくチャレンジしてみました。

スポンサーリンク

ピタッと止まる箸(*’▽’)

超超超大盛だけあって、お腹を空かせてから食べようと思い、朝食を抜き、お昼に食べることにしました。

「さあ食べようかな」と思って棚を見上げたところ、赤いきつねの2倍ぐらいある大きさに、食べる前から戦意喪失気味💦

350mlの飲料缶ぐらいの重みのあるGIGAMAX。

入っているかやく、ソースもデカイ💦

中には面が2つに分かれて入っていました。

こんなに大盛りでも出来上がり時間は通常のモノと同じく3分。

お湯もたくさん使うだろうと思い、いつもカップラーメンを作る時よりも多めの水をヤカンに入れてお湯を沸かしましたが、実際にお湯を注いでみると、それでも足りなくなりそうで一瞬ヤバいかなーと心配になりました。

どうにかお湯の量も足り、あっという間に出来上がりました。

ツイッターでは、途中で飽きるみたいなことを言っていたので、飽きてきたら、キャベツ等を炒めてトッピングする予定で食べ始めました。

いつもと変わらぬペヤング焼きそばの美味しさにバクバク食べ進め、4分の1ぐらい食べたところで普通に満腹。

まだまだイケるという感じで食べ進め、半分食べたところで、ピタッと箸が止まりました💦

別に味に飽きた訳ではありません。

何だか喉ぼとけの下あたりまで焼きそばが詰まっているような感覚になったことと、液体ソースの風味のせいか胸の辺りがムカムカとしてきました。

駄菓子屋のソースせんべいを死ぬほど食べたような感覚?です。

立ち上がってトッピングを調理する気にもなれなかったので、ちょっと休憩し、焼きそばにマヨネーズを少しかけました。

マヨネーズをかけてから10分ぐらいボーっとしてしまいましたが、気合を入れて再開。

しかし、さらに半分食べたところで、また箸が止まり、それ以来、止まった箸が動くことはなく、残りは腹をすかせた娘が食べてくれました💦

もう二度と食べない…という気持ちになりましたが、夜になったら、その気持ちは薄れて行きました(*’▽’)

単に満腹になって「もう食べられない!!」という感覚とは違った不思議な体験をしてしまいました。

おしまい<m(__)m>

関連事項

秋葉原で食べたとんこつしょうゆラーメン

おでかけ・ランチ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
大食いでないのにペヤング超超超大盛やきそばを食べてみたら…
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク