おすすめ!ハードロック名盤~ULI JON ROTH 「Scorpions Revisited」~

今回紹介させていただくハードロック名盤は、ウリ・ジョン・ロートの2015年に発表された「Scorpions Revisited」というアルバムです。

皆さん、覚えていますか?あのSCORPIONSの元ギタリストです。今でも現役でやってますよ。

スポンサーリンク

ULI JON ROTH 「Scorpions Revisited」

ULI JON ROTHについて

元々SCORPIONSは、サイケロックバンドのような音楽をやっていましたが、ウリがギタリストとして加入してから、マイナー調の美旋律が特徴的なハードロックバンドとなりました。ウリはSCORPIONSで美旋律を奏でる一方、SCORPIONSのアルバムの曲として彼の好きなジミヘンドリックス調の曲を作り、自分でボーカルを取っていました。

音楽性の相違から、ウリは4枚のスタジオアルバムを残してSCORPIONSを脱退し、その後ソロ名義のELECTRIC SUNを立ち上げ、ジミヘンとクラシックの旋律を取り入れた3枚のアルバムをリリースした後、ギターで新しいクラシックアルバムを出すべく、曲作りのため沈黙します。

1996年にその序章のアルバム「プロローグ天空伝説」をリリースした後、それに関連した5枚のアルバムをリリースしました。

ウリがギタリストとして高い評価を受けているのは、ジミヘンっぽい部分ではなく、ハーモニックマイナーという通常のマイナーよりも悲しげなスケール(音階)を、ハードロックのギタリストとして積極的に取り入れた第一人者だからだと思います。現在、この音階を多用するのは、イングヴェイマルムスティーンですが、イングヴェイが世に出てくるまでは、ハーモニックマイナーといえばウリでした。

ウリのギターの特徴は、歪み過ぎないトーンでハーモニックマイナースケールを速く、滑らかに弾く、抒情たっぷりなチョーキングを多用するという点です。

SCORPIONS脱退後、「SKY GUITAR」というオリジナルのギターを作ります。クラシックの奏法を意識した32フレット仕様(通常のギターは22フレット程度です)になっていて、かなり高い音が出ます。30フレット近くの音は、小鳥のさえずりのような音に聞こえます。

「Scorpions Revisited」について

久々に発表されたハードロックアルバムで、SCORPIONS時代の曲を、極力当時のアレンジで演奏したセミライブアルバム2枚組です。このセミライブというのは、お客さんなしでライブをした一発どりという意味らしいです。

ボーカルはもちろんウリ自身も歌っていますが、メインのボーカルはNathan Jamesという方です。SCORPIONSのクラウスマイネの声とは違いますが、イングヴェイのアルバム「TRILOGY」のボーカリスト、マークボールズみたいな感じで、これはこれでよいと思います。

一発どりだけあって、緊張感があり、ウリのギターのビブラートの弦とフレットがこすれる音まで聞こえます。ウリのギターを含めた全ての演奏が素晴らしいので、一聴の価値ありです。

CD1
01.The Sails Of Charon
02.Longing For Fire
03.Crying Days
04.Virgin Killer
05.In Trance
06.Sun In My Hand
07.Yellow Raven
08.Polar Nights
09.Dark Lady

CD2
10.Catch Your Train
11.Evening Wind
12.All Night Long
13.We’ll Burn The Sky
14.Pictured Life
15.Hell-Cat
16.Life’s Like A River
17.Drifting Sun
18.Rainbow Dream Prelude
19.Fly To The Rainbow

なお、2016年中に「Tokyo Tapes Revisited」というDVDが発売される予定です。これは、 2015年2月に中野サンプラザで行われたウリのライブ映像です。

関連記事

おすすめ!ハードロック名盤記事一覧はこちらからどうぞ!

スポンサーリンク
おすすめ!ハードロック名盤~ULI JON ROTH 「Scorpions Revisited」~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする