私の好きなオフコース BEST 30 Part 1~アルバムの色褪せないサウンド~

私はオフコースが大好きですが、気が付けばオフコースに関する記事は1つしか書いていなかったので、今回は、オフコースの曲の中で私が好きだった曲を、曲にまつわる思い出や、好きなポイントなどを絡めながら書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

私の好きなオフコース BEST 30

オフコースの魅力

私のオフコースとの出会いは、ラジオで聴いた「さよなら」でした。

その静と動をダイナミックにブレンドしたサウンドに衝撃を受けて以来、オフコースにハマり、それ以前・以後のアルバムは全部聴きました。

私はフォーク時代、バンドの時代のどちらも好きです。

どちらの時代のオフコースも、基本的には「愛」がテーマになっていて、曲を聴いていると、色々な場面の恋愛模様が頭に浮かんできます。

私が最もオフコースにハマったのは中学生の時で、辞典のような歌本を購入して、毎日のように弾き語りをしていました。

フォーク時代のオフコースは、美しいメロディーに切ない歌詞が印象的ですが、よりオリジナリティーを出すためか、転調やテンションノートを用いた複雑なコードを多用していて、弾き語り初心者には苦行を強いられました💦

バンドの時のオフコースは、これまでの作曲手法を用いた曲にバンドの音を入れたという単純なものではなく、作曲手法自体を大胆に変更し、完全なロックバンドになりました。

サウンド自体は、重くしっかりとしたリズムを基調としたシンプルなもので、それ故に、全ての楽器のフレーズがメロディーを奏でているかのような、かなり練り込まれたものとなっています。

シンプルな楽器編成ゆえに、空間に隙間が出来ますが、その隙間を分厚いコーラスや、楽器の出す余韻等で埋めています。

こういった緻密な計算に基づいて放たれるオフコースのサウンドが、私を魅了してやみませんでした。

私の好きなオフコース BEST 30

今回、好きな曲を適当にプレイリストに突っ込んでみたところ、曲数は約90曲ぐらいでした。

ここから30曲に絞りました。泣く泣く切った曲がたくさんあります。

便宜的に順位を付けましたが、あまり意味はなく、選曲も別の日にやったら、きっと変わってくると思います。

こんな程度のBEST 30なので、気楽に読んでみてください!

以下、順位・曲名・(収録アルバム名)といった形で記載していきます。

では、オフコース BEST 30 スタートします( `ー´)ノ

30位 僕のいいたいこと(OVER)

松尾和彦さんの曲で、ゆったり&フワッしながらも重いサウンドといったイメージの曲です。

この曲を初めて聴いた時、対旋律(カウンターメロディー)の不思議な感じに心魅かれました。

歌詞も別々な2つのメロディーが同時進行して行き、大間ジローさんの激しいドラムのフィルインから、小田和正さんの重々しいシンセサイザーのメロディアスなフレーズの間奏へ突入するといったアレンジも大好きでした。

29位 君におくる歌(OVER)

鈴木康博さんの曲で、ゆったりとしたテンポのおしゃれでカッコいい感じの曲です。

この曲は、アルバム「OVER」のオープニングを飾る、華々しい「愛の中へ」の次の曲で、一見地味な感じに聴こえますが、鈴木さんのギターフレーズがカッコよく、小田さんの常人では出すことのできないハイトーンではなく、ゆったりと歌う鈴木さんのメロディーに癒されます。

歌詞は「信じられないことは 僕が君に別れを告げたこと」というフレーズから始まりますが、当時中学生だった私は、「やっと付き合うことが出来た相手に、自分から別れようというなんてありえない!」なんて思っていました(;^ω^)

28位 風に吹かれて(SELECTION 1978-81)

当時発売されたオフコースのベストアルバムには、アルバム未収録の曲やシングルバージョンの曲、リアレンジした曲等が入っていて、私は単なるベストアルバムにとどまらない、独立したアルバムとしてとらえていました。

この「SELECTION」に収録されている「風に吹かれて」もシングルバージョンとは違う、重いサウンドに生まれ変わった曲になっています。

小田さんの曲は優しいメロディーに物悲しい歌詞という曲が多い中、この曲の若干攻撃的なメロディーとサウンドに惹かれました。

27位 首輪のない犬(この道をゆけば)

最初にこのタイトルを見た時、「犬の歌?」と思ってしまいました💦

しかし、曲を聴いてみると、ジャズっぽい雰囲気と複雑な曲の展開に「なんか変わった曲だな~」と思い、興味を持ちました。

実際にギターで弾いてみると、コードも抑えづらいし、コードチェンジも速いし、すごく弾きづらい曲でした。

それだけにチャレンジし甲斐があり、何度も何度もギターで弾いたので、強く思い出に残っている曲です。

「潮の香り」という鈴木さんの曲も似たような複雑なコード展開をする曲で、苦労した思い出があります。

26位 思い出を盗んで(JUNKTION)

小田さんの優しく爽やかな曲ですが、サビに入る前の重いドラムとうねるシンセサイザーの旋律にただならぬ雰囲気を感じて好きになりました。

25位 冬が来る前に(SONG IS LOVE)

ゆったりとしたテンポの優しい感じのする小田さんの曲です。

ポツリポツリと歌う小田さんの歌い方や、間奏の美しいピアノの旋律に聴いている自分も感傷的になりました。

24位 めぐる季節(SONG IS LOVE)

爽やかでちょっとにぎやかな感じのする小田さんの曲です。

私が美旋律を感じるのは、ほとんどマイナー調(悲しげな感じ)の曲なのですが、小田さんの作るメロディーは、こういったメジャー調(明るい感じ)の曲でも美しさを感じることができます。

23位 あなたより大切なこと(We are)

ドシャーンといきなり鮮烈なサウンドが飛び出してくるマイナー調のロックです。

バンド形態になってから、小田さんはかつての優しい一辺倒の歌い方から、曲によってはシャウトするような歌い方をするようになりました。

この曲は、まさにその荒々しい小田さんの歌声を聴くことが出来る曲で、小田さんの弾くピアノは、まるで打楽器を演奏しているかのような叩きつけるようなアタックの強い弾き方で、ロックという曲のイメージをより強く演出しています。

このカッコよさが大好きです。

22位 恋びとたちのように(The Best Year of My Life)

鈴木さんが脱退後にリリースした最初のアルバムの1曲目です。

どんなアルバムになるか心待ちにしていたアルバムで、特にレコードに針を落として最初に出てくる音に神経を集中していました。

メロディーや曲調はかつてのアルバム曲のような攻撃的なカッコいいバンドサウンドだったので、一安心しました。

シンセドラムやシーケンサーを導入したサウンドに新しさを感じ、このアルバムはお気に入りとなりました。

ただ、何度も繰り返して聴いていく内に、段々違和感を感じ始める私でした…

21位 気を付けて(The Best Year of My Life)

小田さんのバラードです。メロディーが非常に美しく、繊細さと力強さを兼ね備えた小田さんの歌い方によって、この曲に強いインパクトを覚えました。

まとめ

記事が長くなってきましたので、一旦ここで区切らせていただきます。

次回のPart 2では、一気に20位から1位までを紹介していきます。

ランキングにあまり意味はありませんが、ランクが上がるにつれて、曲にまつわるエピソードが増えていきますので、よろしければPart 2も是非読んでみて下さい(‘◇’)ゞ

関連事項

私の好きなオフコース BEST 30 Part 2

私のオフコースとの出会いと思い出

80年代Pops & More 記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
私の好きなオフコース BEST 30 Part 1~アルバムの色褪せないサウンド~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする