SONY NW-ZX300試聴レビュー~アンバランス編~

2017年10月7日に、ソニーの新しいデジタル・オーディオ・プレイヤー(以下、DAP)NW-ZX300が発売されます。

9月6日より、ソニーストアにて先行展示が始まりましたので、銀座のソニーストアへ行き、UI(ユーザーインターフェイス)の動きと共に、その音質を確認してきました。

ほんの僅かですが、NW-A40の音も聴いてみました。

なお、今回は、あまり時間がなかったので、NW-ZX2との音質差をチェックを主眼とした、アンバランス接続のみのレビューとなります。

バランス接続については、また別の機会に試聴してみたいと思います。

追記)バランス接続の音を確認してきました。リンクは「まとめ」の最後に貼ってあります。

スポンサーリンク

NW-ZX300の立ち位置は?

かつて、10万を超えるDAPと言えば、HIFIMAN等のほんの一部の海外メーカーに限られていましたが、現在ではAK(Astell&Kern)を筆頭とする高級DAPの登場により、各メーカーのフラッグシップDAPの価格も10万円越えが当たり前のようになっています。

SONYのフラッグシップモデルは、大体5万円前後の価格で推移していましたが、NW-ZX1の登場から、その壁は破られ、NW-ZX2で初の10万円越え、昨年はNW-WM1A、NW-WM1Zが発売され、NW-WM1Zにおいては、約30万円と、かなり天井が高くなってきました。

DAPにおける高音質を求めて、フラッグシップモデルが発売される度に買い替えをしていた方々も、ここまで高額になってくると、今までのようなペースで買い替えをするのは一部の人に限られ、多くの方々は、どこかで一線を引いていると思われます。

それは、金額であったり、買い替えのペースを遅らせたり、音質はDAPに求めず、ヘッドホンアンプに投資したりと、色々な考えのもとにDAPと付き合っていると思います。

2015年には、NW-AシリーズとNW-ZX2の間を埋めるように、NW-ZX100が発売され、その音を聴いてみた時は、こういう元気な音も聴いていて気持ちがいいなと思ったりしていました。

さて、今回発売されるNW-ZX300ですが、価格は約7万円で、NW-ZX1やNW-ZX100が発売された当時と同じぐらいの価格で、このぐらいの価格帯での高音質DAPを待ち望んでいた方も多いのではないでしょうか?

この価格と名称から、NW-ZX100系統の音なのか、それともオーディオニュース等の開発者インタビューからすると、NW-WM1系統の音なのか、色々と想像を巡らせてしまいます。

NW-ZX300の外観

まず、カラーですが、ブラックとシルバーの2色展開となっています。

表面がブラックなので、本体がブラックだとカラーの統一感があります。

ただ、シルバーも非常に美しい仕上がりで、ブラックより高級感を感じる方も多いと思います。

イヤホンジャックは、本体上部に設けられていますが、NW-WM1シリーズのようなイヤホンジャック周りの出っ張りがありません。

本体下部もNW-ZX1、NW-ZX2のような出っ張りがなく、非常にスリムです。

WM-PORTは、本体下部の真ん中ではなく、少し左側に寄っていました。

持参したNW-ZX2と大きさを比較してみましたが、NW-ZX2よりもNW-ZX300は大分コンパクトで軽く、非常に持ちやすかったです。

NW-ZX300は、高音質をコンパクトなボディーに凝縮し、いつでもどこにでも持ち歩くといった従来のSONY WALKMANが戻ってきたような印象を受けました。

NW-ZX300のUI

表面のパネルは、マット仕上げですが、特に見づらいという感じではなく、アルバムアートもきれいに表示されていました。

何度も画面をタッチし、いじり回しましたが、全くと言って良いほど、指紋による汚れが気になりませんでした。

UIの応答速度は速く、ミスタッチもほとんど発生しなかったことから、ストレスは感じませんでした。

メニューについては、シンプルで、必要な機能に素早くアクセスでき、特に不満は感じませんでした。

以下に、UIを適当にいじった動画を載せておきますので、これを見てUIの雰囲気を感じ取ってみてください。

NW-ZX300とNW-ZX2の音質比較

初めにお断りした通り、今回はアンバランス接続のみのNW-ZX2との音質比較となります。

試聴にあたり、ヘッドホンはMDR-Z1000を、試聴曲は以下の曲を使用し、NW-ZX300で聴いた後、NW-ZX2で同じ曲を聴くという行為を何度か繰り返しました。

なお、青字の曲はハイレゾ音源です。

  • 淋しい熱帯魚(WINK)
  • 残酷な天使のテーゼ(Director’s Edit.Version)(高橋洋子)
  • ギミチョコ!!(BABY METAL)
  • 今だけの真実(斉藤由貴)
  • 卒業(斉藤由貴)
  • 北ウイング(中森明菜)

NW-ZX300は、ソースダイレクトをオンにした状態で試聴しました。

NW-ZX300とNW-ZX2とでは、一聴してはっきり分かるぐらいの違いがありました。

総じていうと、NW-ZX300は、NW-ZX2と比べて、ベールを一枚剥がしたように明るい音色でクリア、全体的に音が締まっている、なめらかの音調という感じでした。

低音の力強さは感じますが、決してドンシャリではなく、NW-ZX2比では、フラットに感じました。

解像度(音の鮮明度合い)は高く、芯の通ったしっかりとした音がはっきりと聴こえますが、音のエッジ(輪郭)を強調している感じはありません。

付帯音(音にまとわりつく空気感のようなもの)や、サ行の刺さり、音の荒々しさは全く感じられず、非常になめらかな音です。

音場は若干広めに感じましたが、これは使用するイヤホン・ヘッドホンによって感じ方が異なると思います。

音の距離は、顔面から近すぎず遠すぎずといった感じで、聴きやすい距離感でした。

NW-ZX2は、NW-ZX300をきれいに灰汁を取り除いたスープだとすると、若干灰汁が残っているという感じです。

音場は、NW-ZX300とそれほど変わらないと思いますが、NW-ZX300は音が全体的にしまっているので、音と音の間にすっきりとした空間があり、そのせいで、すっきりさわやかな印象を受けるのに対し、NW-ZX2は、音の線が太めで、その音像も大きく、隙間なく音が詰まっているため、音の迫力や音の濃厚さといった点は、NW-ZX2の方があると感じました。

この感覚は、かつて私がずっとレコードを聴いていて、初めてCDの音を聴いた時の感覚に似ています。

オーディオ的にはNW-ZX300の方がワンランク上だと思いますが、どちらが聴いていて気持ち良く感じるかは、人それぞれだと思いますので、気になった方は是非試聴されてみてください。

ちなみに、NW-ZX300とNW-ZX2の両方の良さを兼ね備えた音は、NW-WM1Zかなとも感じました。

NW-A40について

NW-A40については、少ししか試聴していないので、詳細のレビューはできませんが、NW-ZX300と比べて、気づいたことを少しだけ書いておきます。

まず、持った感じは超コンパクトで軽く、これぞウォークマンという感じでした。

画面は、ちょっと触れただけで、指紋が結構ついたので、NW-ZX300のマット画面の秀逸さを改めて感じてしまいました。

音質は、NW-A30シリーズよりも高音質になっているという事でしたが、今回、NW-A30シリーズとの音質比較はしていないので、その点は分かりません。

ただ、NW-ZX300との音質差は、かなり大きく感じられました。

NW-ZX300では、全ての音にしっかりとした芯が通っているのに対し、NW-A40は、その芯が若干弱々しく感じ、特にシンバル、ハイハットといった高音部に、音の荒さを感じました。

まとめ

SONY NW-ZX300は、7万円といった価格帯から、そのライバルは、onkyo、pioneer、fiio、AKの普及機辺りだと思われますが、音質と品質のバランスを考えると、NW-ZX300は頭一つリードしているように思えます。

NW-ZX300はバランス接続がウリなので、バランス接続目的で購入を検討される方が多いと思いますが、中には、バランス接続に興味はあるけど、今後、購入するイヤホン・ヘッドホンをバランス接続できるものに限定したくないとか、バランス接続用の高品位なケーブルに散在したくないといった理由から、アンバランス接続を主として使用するという考えの方もいらっしゃると思います。

バランス接続をしないなら、NW-A40シリーズでいいのでは?という疑念も湧きますが、上記のように、アンバランス接続での音質差は大きく、NW-ZX300をアンバランス接続を主たる目的として使用しても、十分な高音質で音楽を楽しむことが出来ます。

現在発売されているウォークマンや、他社のDAPも含めて、NW-ZX300は、トータルバランスとコストパフォーマンスに最も優れた機種だと思いましたので、気になる方は、是非試聴されてみてください。

★Amazon NW-ZX300商品紹介ページはこちら

★フジヤエービック NW-ZX300商品紹介ページはこちら

追記)2017.9.20

NW-ZX300のバランス接続の音質をチェックしてきました。

引き続きご覧になってみてください。

SONY NW-ZX300試聴レビュー②~バランス編~ 

関連事項

AZLAのイヤホン「AZLA-01R」試聴レビュー

レコードプレイヤーはポタアンで鳴るのか実験してみた!? 

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SONY NW-ZX300試聴レビュー~アンバランス編~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする