SONY NW-ZX2最高!何が?~追従を許さない使い易さ~

今回は、SONYのポータブルプレイヤーNW-ZX2の使い勝手の良さについてのお話をしたいと思います。

先日、ラ・フェラーリという車が2億円もするにもかかわらず、予約段階で完売したというニュースを見ました。どこの世界にも熱狂的なマニアはいるものですね。

スポンサーリンク

NW-ZX2が他機種より大きく秀でている点

さて、現在は高音質を謳うびっくりするような価格のポータブルプレイヤー(以下DAP)も販売されていますが、皆さんは何を求めてDAPを購入しようと思っていますか?

私の音楽の聞き方

私は毎日外出時や、部屋をあちこち移動しながら音楽を聞きます。時々音楽を聞きながら眠ってしまうこともあります。

聞くジャンルも70年代からの歌謡曲、ハードロック、洋楽ポップス、サントラ、平成のアイドル、アニソン等多岐に渡り、ハードディスクには数万曲保存してあります。

音楽の聞き方は、アルバム単位で聞く事も多いのですが、それ以上にその日の気分でオールジャンルの色々な曲を聞くことの方が多いです。

私は、NW-ZX2の音質は他のDAPと比べて特別良いとも悪いとも思っていません。ただ、どのジャンルの曲を聞いても聞きやすく、音に力強さがあるため、不満はありません。

私のように、多くの曲が入ったDAPを毎日使うという点において、NW-ZX2は他機種より大きくリードしています。

NW-ZX2の使い勝手の良さを検証

では、具体的にどういう部分が使い易いのか検証してみたいと思います。

純正音楽再生アプリ”W.ミュージック”の使い易さ

TOPページの視認性が良い

トップ

トップページはこんな感じです。

特に「最近追加した曲」はありがたい機能です。これがないと、時々「この間転送したアルバムは何だっけ?」ってことになってしまいます。

フォルダー管理している方が使い易いように、フォルダー再生機能もあります。

背景色の変更もできます。背景は黒の方が、又は白の方が見やすいといったニーズに対応する細かな点の配慮がなされています。

背景色の変更

任意のアルバム等をTOP画面に登録できる

お気に入りのアルバム、アーティスト、曲をTOP画面に登録することができるため、好きな曲に素早くアクセスすることができます。これをショートカット機能といいます。

登録方法は簡単です。例えば、アーティストで検索し、TOP画面に登録したいアーティストが見つかったら、そのアーティスト名を長押しすると、いくつかメニューが出てきて、その中の「ショートカット作成」という部分をタップするとTOP画面に登録されます。

長押し画面

ショートカット

おまかせチャンネルで登録した曲と新鮮な気持ちで出会うことができる

おまかせチャンネル

NW-ZX2本体に「12音解析」機能があり、解析後上記のようなチャンネルに曲が振り分けられます。チャンネルは以下のような14種類があります。

アクティブ / エモーショナル / ソファラウンジ / ダンスフロア / エクストリーム / アップビート / リラックス / メロウ / 朝のおすすめ / 昼のおすすめ / 夕方のおすすめ / 夜のおすすめ / 深夜のおすすめ / 全曲シャッフル

自分で選曲すると、数十曲の同じ曲ばかりを聞く事になりがちですが、それが飽きた時に、こういった自動選曲機能があると、重宝します。

次の曲は何だろうというワクワク感もあります。

カバーアートビューはレコード世代を楽しませてくれる

カバーアート

レコード世代の方には分かってもらえるかもしれませんが、ジャケットってとても大事です。

昔は試聴して買うという事が出来なかったので、時にはジャケットのアートワークに魅かれて「ジャケ買い」ということをしたこともあります。

ジャケットが素晴らしいレコードは、部屋に飾ったり、レコードを聞きながら眺めたものでした。

この「カバーアートビュー」という機能は、自分の部屋にレコードジャケットを散らかしたような感じで、鑑賞することができ、任意のジャケットをタップすると、そのアルバムを聞く事が出来るという機能です。

邦楽を聞く人にはありがたい!あいうえお順の並び

DAPでABC、カナのあいうえお順、漢字の?順という並びのものも多いのですが、私のように邦楽・洋楽といった色々なジャンルの曲をたくさん詰め込んでいる場合は、こういった並びでは非常に検索がしづらいです。

NW-ZX2では、アーティスト、アルバム等は、数字、ABCから始まり、ひらがな・カタカナ・漢字を含めた読み方通りのあいうえお順に並びます。

例えば、Berryz工房をSONY MEDIA GOという音楽管理ソフトで「Berryzkoubou」と読みを設定した場合は、ABCの欄に並び、「ベリーズコウボウ」と読みを設定した場合は、あいうえお順の欄に並びます。

あいうえお順

超高速スクロール検索でストレスなし!

アルバムやアーティストがたくさん入っていると、一番下の方にあるものにたどり着くには、相当スクロールしなければなりません。

NW-ZX2は、スクロールを始めると、画面右に青く太いバーが現れます。

このバーをつかんで、上下に動かすと超高速でスクロールしてくれます。

超高速スクロール中は、画面中央にA,B,C、ア、イ、ウ等が表示され、今どの辺りをスクロールしているか知らせてくれます。

検索ボックスによる検索も可能!

画面上部に虫眼鏡のマークがありますが、ここをタップすると、文字入力画面になり、ここに曲名、アーティスト名、アルバム名を入力することで素早い検索が可能となっています。

文字は、一文字入れるごとに検索内容が絞られてくるため、全部文字を入力しなくても任意の曲を探し当てることができます。

例えば、乃木坂46の「何度目の青空か?」を検索したい場合、「なんど」という文字を入れただけで探し当てることができます。

検索ボックス

本体で沢山のプレイリストが作れ、追加・並び替え・削除ができる

私はその日の気分で聞く曲を決めたり、たくさんプレイリストを作って本体に転送した曲を色々な方法で聞くことが好きです。

例えば、私は80年代アイドルのデビュー曲、ザ・ベストテン(スポットライト登場曲)など、たくさんのプレイリストを作っています。

これを首尾よくするためには、本体で沢山プレイリストが作れること、1つのプレイリストに沢山の曲を追加、又は削除ができること、一度プレイリストに登録した曲順の変更ができること、プレイリストの名前を変更できることが条件となります。

NW-ZX2はこれら全てをすることができます。

プレイリスト

プレイリストの作成数や1つのプレイリストに追加できる曲数の限度は不明ですが、現在プレイリストを20程度、1つのプレイリストに500曲程度入れることが出来ています。

予想ですが、プレイリストは最低でも100程度、1つのプレイリストに収録できる曲は1000曲程度はあると思います。

少なくとも同じSONYのSシリーズ等にある、ブックマークという簡易プレイリスト作成数は5つ、1つのブックマークに入れられる曲数は99曲までといった制限はありません。

本体に転送した曲自体の削除ができる

たまにシャッフル等で音楽を再生している時など、この曲はいらないなと思うことがあります。そんな時、いちいちパソコンを立ち上げて曲を削除するのは面倒です。

NW-ZX2は本体で曲を削除することができます。

TOP画面のフォルダーを開き、そこに表示されている任意の曲を長押しするとメニューが出てきて削除することができます。

曲の削除

しかし、W.ミュージックアプリにおいて、ダイレクトに削除できるのは、フォルダーからファイル名で曲を探すことができた場合に限ります。

画面上部の虫眼鏡で曲を探す場合、その検索はタグで検索しているのであり、ファイル名で検索しているわけではありません。

このような場合、ファイルエクスプローラー等のアプリで削除したい曲を検索し、そのアプリで削除することにより、曲の削除をすることができます。

削除した後には必ずW.ミュージックにて「データベース更新」をしてください。これをしないと削除したにもかかわらず、その曲が画面上に表示されることになります。

歌詞を愛する人にはうれしい歌詞表示機能

歌詞表示機能はカラオケの練習だけでなく、歌詞に大きな意味を感じている人にとってはうれしい機能だと思います。

レコード時代は、曲を聞きながら歌詞カードを眺め、作詞作曲、編曲は誰なのかとか、耳で音を聞き、目で歌詞を見ることによって、その曲の世界に入り込むことが出来ました。

私は現在、曲を聞いてもさらっと流れてしまい、なかなか歌詞が頭に入ってきません。自分の老いなのか、今の音楽の聞き方が上記のような形でないからなのか不明ですが(>_<)

歌詞はSONYの音楽管理ソフトMEDIA GOで有料でダウンロードするほかに、MEDIA GOにて自分で入力することもできます。

やり方は簡単で、最初に歌詞を入力し、その後曲を聞きながら、入力した歌詞の先頭を表示させたいところが来たら、その都度指定されたボタンをクリックするだけです。

これによって、歌詞が曲に合わせてスクロールしていきます。

詳細はSONYのサポートページに記載されています。

ちょっとマニアックで手間がかかることですが、NW-ZX2にはSONYのフォトというアプリが入っているので、聞くアルバムに封入されているパンフレットに写っている写真や解説等をスキャンし、それをNW-ZX2に取り込んで、曲を聞きながらスライドショーにすると、最高です。

転送ソフト不要!D&Dで曲の転送ができる

DAPの中には、専用のソフト経由でしか曲の転送ができない機種もあります。そのソフトの使い勝手が良く、挙動が安定していれば問題はないのですが、中にはソフトの挙動が不安定で、転送中に固まって動かなくなったり、転送に時間がかかったりして、イライラすることが多々あります。

NW-ZX2では専用ソフト経由での転送に加え、D&Dでも曲の転送ができます。

専用ソフトMEDIA GOで転送すると任意のフォルダーに曲の転送をすることはできないのですが、D&Dで曲の転送をする場合は、自分で作成した任意のフォルダーに転送することができます。

例えば、私は80年代アイドルの曲は「アイドル(S)」、久保田早紀さんなどの80年代ポップスは「懐かし」とジャンルのタグ付けをしています。ちなみにこの「S」は昭和の「S」です。

転送はD&Dで、「懐かし・アイドル(S)」という1つのフォルダーに入れています。

これにより、80年代アイドル又はポップスを別々に聞きたい場合は、W.ミュージックTOP画面のジャンルから再生し、2つのジャンルをまとめて聞きたい場合は、TOP画面のフォルダーから再生するといった方法をとることができます。

本体メモリー128G+microSD128Gで容量不足から解消される

現在FlacとMP3が8:2程度の割合で5000曲ほど入っていますが、まだ内部メモリーに余裕があります。

DSD等にこだわる方は、この容量は少ないと思われるかもしれませんが、そうでなければ十分な大容量といえます。

バッテリー切れでガッカリはほとんどなし!長時間持続するバッテリー

以前の所有していたSONY NW-F887は、使い方にもよりますが、夜音楽を聞きながら眠ってしまうと、朝バッテリーは切れていて、通勤時には使えないという事も多々ありました。

しかし現在ではそういうことは皆無です。

現在の高音質DAPと呼ばれるものの多くは、10時間前後しかバッテリーが持ちません。

高音質のためなら構わない、毎日充電するから10時間もあれば大丈夫という方もいらっしゃると思いますが、私のように音楽を聞きながら寝てしまったり、時々充電するのを忘れたりすると、翌日すぐに使いたくても使えないという場面に多々出くわすことになります。

NW-ZX2は、例えばWAVなら61時間程度の電池持続時間があります。実際はどのぐらいあるのかはわかりませんが、普通に使っていて、バッテリーがやばい!と思ったことはほとんどありません。これはNW-F887を使っていた時とは大きな違いです。

容量ギリギリまで転送しても動作が重くならない

私は過去に色々なDAPを購入してきましたが、大体容量ギリギリ近くになると動作が重くなり、スクロールがついてこないといったストレスフルな現象に見舞われてきました。

しかし、このNW-ZX2に関してはそういったことはありません。現在、本体メモリーは残り10G程ですが、快適な挙動です。

まとめ

このSONY NW-ZX2も、欲を言えばまだまだこういう機能を付けて欲しいという部分はあるのですが、私にとってこの使い勝手以下のDAPは考えられません。

音楽の楽しみ方やこだわりは人それぞれだと思います。使いやすい、使いづらいもその人のライフスタイルによりけりだと思います。

ただ、私と同じような使い方をしたいと思われている方には、胸を張っておすすめできる最強の使いやすさを誇るDAPです。

実機に触れる機会がありましたら、是非いじってみてください。

関連事項

NW-ZX2の音質レビュー

NW-ZX2 GND分離 ONSO 4極リケーブルレビュー

SONY ウォークマン SDカードと曲の入れ方について 

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SONY NW-ZX2最高!何が?~追従を許さない使い易さ~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする