Nuforce HEM1 レビューPart1~装着感とハード面について~

2017年3月17日に発売されたNuforce HEM1ですが、発売日に入手し、音を聴き始めてから10時間を超え、音の傾向が掴めてきましたので、早速レビューをしたいと思います。

記事を書いていたら長文になってきたため、ハード面、音質面の2回に分けて投稿します。

見た目と価格帯がSE215speに似ていることから、どちらを購入すべきか、または使い分けをする機種として適しているのか迷われている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

Nuforce HEM1のハード面と装着感

Nuforce(ニューフォース)とは、アメリカのOptomaという会社のオーディオブランド名で、HEM1がイヤホンの製品名となっています。

日本での販売は、バリュートレードという会社が取り扱っています。

さて、このHEM1ですが、e-イヤホン等の専門店では試聴できるかもしれませんが、その他の家電量販店で試聴できる店はきっと少ないだろうと思います。

なので、HEM1のことが気になっているが、ネットの評判等を頼りにせざるを得ない方に向けて、なるべく細かくHEM1の情報を書いてみたいと思います。

箱と付属品

箱の表面・裏面はこんな感じです。

表面は横に開くと中身が見えるようになっています。

取り出すときは、上のふたを開けて引っ張り出しますが、モノがビッチリ入っている感じで引っ張り出しづらかったです。

箱の中には、イヤホン本体、その下にイヤホンケース、背面は観音開きになっていて、そこには取扱説明書が入っています。

イヤホンケースの中には、コードクリップとイヤーピース(S,L)が入っています。

蓋の片面には、イヤーピース等を収納するためのネットが付いています。

このイヤホンケースは、Westone3辺りの頃にWestone社のイヤホンに付属していたケースに似ています。

イヤホン本体

私はREDを選択しました。このイヤホンは表面と裏面では仕上げが違います。

表面はスケルトン、裏面はメタル仕上げになっています。

ちなみに私の購入したREDですが、表面はSHURE SE535LTDのようなワインレッドで、落ち着いた赤です。

本体のケーブル付け根の部分にはLRの表記があります。

裏は宇宙刑事シャリバンのようなピカピカつるつるです(;^ω^)

カラーはこの他に、ブラック、ブルーがありますが、表面に関しては、オーディオニュース等の写真で見るカラーとほぼ同じなので、色選びについては、これらの写真のカラーで判断して間違いないと思います。

本体の大きさですが、SHURE SE215speと比べると、少し厚みがありますが、装着感や重さに関しては、SE215speと同じで、非常に付け心地は良いです。

SHURE SE215speのノズルの中間には突起があり、イヤーピースの抜け防止策が取られていますが、HEM1にはそういった突起はないので、使い込んだイヤーピースで口のユルイものを使うとイヤーピースが抜けやすくなるかもしれません。

上記の写真で変わる通り、ケーブル接続部分は2pinで、本体のpinを受ける側は飛び出しています。

ケーブル側の挿す部分の周りにはカバーが付いており、ケーブル接続後、pinに負荷がかかることを防止しています。

2pinの接続に関しては、SHURE SE215speのカチッとはめる感じとは違う、スーッと入って、最後にギュッと締まる感じで、ケーブルの着脱はしやすいです。

これは正面からの写真です。ちょっと分かりづらいかもしれませんが、本体がノズルへ近づくにつれてなめらかに細くなっているため、SHURE SE215speよりも、耳の奥までイヤーピースを入れ込むことが出来ます。

この形状により、イヤホン挿入深度の自由度が増し、多くの方々がベストポジションを見つけやすい作りとなっています。

ケーブル

ケーブルは2つ編みで、細く柔らかく、肌触りも良く、非常に取り回しも良いです。

さりげなく、透明なコードスライダーが付いています。

よく見ないと分かりませんが、2pinの付け根から9cmぐらいまで、透明のスミチューブ(熱収縮チューブ)加工がされていて、この部分で、コードスライダーが止まるようになっています。

この部分にはワイヤーは入っていませんが、スミチューブの部分に癖が付けられているのか、自然なカーブを描いています。

ケーブルの長さは138cmで、SHURE SE215speの116cmと比べるとこれぐらい長いです。

この138cmという長さですが、人にもよると思いますが、デジタルオーディオプレイヤー(以下、DAP)をおしりのポケット入れても、それほど長くて困るというほどの長さではない感じです。

ケーブル自体が非常に軽く、重さをほとんど感じないので、138cmという長さのケーブルのデメリットはないように思われます。

ケーブルは細目ですが、ケブラー繊維が織り込まれているので、強度にも問題はないと思います。

本体部分のところでも書きましたが、この2pin接続に関しては、受ける側と挿す側に負荷がかからないように、カバーが付いているオリジナル仕様ため、他社の2pin仕様のケーブルを使用するのは困難かと思います。

イヤーピース

イヤーピースの茎の部分はそれぞれボディーカラーと同色になっています。

茎の部分は硬めで、周りの傘の部分も比較的硬めです。イメージとしては、SHUREのシリコンイヤーピースを僅かに硬めにしたような感じです。

初めは、茶楽音人(さらうんど)のSpinFitに似ているかなと思いましたが、高さや幅、先端部分仕上げといった形状的には、SONYのハイブリッドイヤーピースに似ています。

各イヤーピース(全てLサイズ)を比較してみました。左からHEM1、ハイブリッドイヤーピース、SpinFit、SHUREのシリコンです。

まとめ

取り急ぎ、Nuforce HEM1のハード面について書かせていただきましたが、皆様はいかがお感じになられたでしょうか?

私は、装着感に少しでも違和感のあるイヤホンは、どんなに音質が良くても購入しませんが、このHEM1の装着感は、非常に良く、イヤホンの挿入深度の自由度も高いことから、万人におすすめできるイヤホンと言えます。

この時点でHEM1に興味を持たれましたら、是非、音質面のレビューも引き続き読んでみてください(^^♪

関連事項

Nuforce HEM1 レビューPart2~音質について~ 

スピード収納&不安なし!私のイヤホンケースと自宅収納方法

SHURE SE215spe関連記事一覧

1万円前後のイヤホンレビュー一覧

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
Nuforce HEM1 レビューPart1~装着感とハード面について~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする