河合奈保子とラジオ~FMおだわら 午前0時の歌謡祭を振り返って~

2017年8月20日、27日の2週に渡り、FMおだわらの「午前0時の歌謡祭」という番組で、河合奈保子さん(以下、奈保子ちゃん)特集が組まれました。

昨年も同局にて奈保子ちゃんの特集が組まれましたが、1回のみ(再放送を除く)の放送だったことを考えると、今年はさらにパワーアップした内容でした。

このところ、CD、写真集など、毎年のように奈保子ちゃん関連商品が発売され、今年(2017年)の8月30日には、紅白歌合戦やレッツゴーヤング等のNHKに出演した奈保子ちゃんの映像を収めた3枚組のDVDがリリースと、その人気は衰えることを知りません。

私は、奈保子ちゃんの事が大好きにも関わらず、昨年の放送をまともに聴くことが出来なかったので、今年は絶対に聴くゾ!と放送日を心待ちにしていました。

ただ、初めはこのラジオを聴くことに関して、それ程テンションが高かったわけではありませんでした。

しかし、あることがきっかけで、「このラジオ番組は普通のラジオと違う!」と思い始め、どんどんテンションが上がって来て、放送終了後には満たされた気持ちでいっぱいになりました。

今回は、「再会の夏・河合奈保子リクエスト大会」と題された、「午前0時の歌謡祭」の放送の様子や感想、当時私が聴いていた奈保子ちゃんのラジオ番組の思い出等を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

声を掛け合いながら参加するラジオ番組の素晴らしさ

今回の「午前0時の歌謡祭」は、奈保子ちゃん本人はもちろんのこと、奈保子ちゃん所縁の関係者が出演することもなく、オーガナイザー(パーソナリティ)の濱口英樹さんが一人で進行するという形でした。

しかし、番組の作り方が巧みで、聴いていた1時間は単にラジオを聴いているという感覚ではなく、あっという間に終わってしまったという感じです。

小学生の頃聴いていた奈保子ちゃんのラジオ番組

当時、奈保子ちゃんのラジオ番組はたくさんありましたが、その中でも私が一番聴いていたのは、「ウキウキサンデー奈保子でスタート」という番組でした。

あと、金田賢一さんと一緒にやっていたラジオも聴いていた記憶が薄っすらとありますが、金田賢一さんは、カッコ良くて優しい感じのするお兄さんだなということぐらいしか覚えていません。

さて、「ウキウキサンデー奈保子でスタート」ですが、これは毎週聴いていました。

この番組で奈保子ちゃんがかける曲を聴いて、時々レコードを買ったりもしていました。

オフコースの「Yes-No」は、このラジオ番組で初めて聴いて、買ったレコードです。

時々、このラジオ番組を録音していましたが、テープの数増え、あまり繰り返し聴かないことから、段々とテープを他の録音のために上書きして、最後に残ったのは1本だけでした。

この1本は、今でも覚えていますが、このTDK D-C60でした。

ただ、この1本もいつの間にか紛失してしまい、残念でなりません💦

ちなみに、上記のカセットには、当時エアチェックしたYMOのライブが入っています(^-^;

ラジオ番組は、テレビと違って歌以外の奈保子ちゃんの声を聞くことが出来るのが魅力でした。

時折、「いや~」とか「ナハハ」という時の、奈保子ちゃんのちょっと声がしわがれる感じが可愛くて、素の奈保子ちゃんに触れている感覚がありました。

午前0時の歌謡祭を聴くに当たって

奈保子ちゃん関連のラジオをしっかり聴いたのは、上記の時以来で、本当に何十年ぶりです。

奈保子ちゃんの大ファンなので、奈保子ちゃん特集のラジオだから聴こうかなぐらいのテンションでいましたが、放送日が近づくにつれて、ツイッターにて「午前0時の歌謡祭」のリクエスト募集のツイートを頻繁に目にするようになり、一応リクエストしてみようかなと思いました。

私は、思い入れの深い「甘いささやき」をリクエストしただけで、特にその思い出についてメッセージを送ることはしませんでした。

しかし、そんなそっけないリクエストにもかかわらず、「午前0時の歌謡祭」から、「1stアルバム「LOVE」の収録曲ですね!承りました。リクエストありがとうございました。」とご丁寧なお返事をいただき、このリスナーを大切に思う姿勢に感銘を受け、段々テンションが上がってきました。

1回目の放送日当日、私は旅行に出かけていて、散々遊んでとっても疲れていて、久しぶりに飲めないお酒も飲んでしまったため、ラジオを聴くことが出来るか若干不安でしたが、絶対に聴こうと思って、横にならずにスタンバイしていました。

電波状況も非常に悪く、途中で音声が途切れたり、自分のしたツイートが送信できなかったりと散々でしたが、どうにか聴くことが出来ました。

午前0時の歌謡祭に感じた魅力

オーガナイザーの濱口英樹さんは、エンタメ系フリーライター・歌謡曲愛好家等の肩書がありますが、そのツイートを見ていても、相当奈保子ちゃんの事が好きだったんだなと感じ取れます。

今回リクエストをした方々も、きっと奈保子ちゃんの大ファンが多かったと思います。

そういう人たちが集うと、選曲や話がマニアックな方向に行きがちで、一般の方々が話について行けなくなりそうですが、オーガナイザーの濱口英樹さんは、そういった一般の方々にも分かりやすいような選曲、解説を丁寧にされていました。

この番組を聴いていて素晴らしいなと思ったのは、かつて一人でラジオを聴いていた時代とは違う、SNSと連動した時間の共有を強く感じられたことでした。

ラジオを聴きながら、リアルタイムで、ツイッターにて他の奈保子ちゃんファンとコミュニケーションをとったり、そこに「午前0時の歌謡祭」の方も加わったため、1人でラジオを聴いているにもかかわらず、ニコニコしてしまって、大盛り上がりでした。

その共有した時間に現れる空間は、奈保子ちゃんのファンミーティングや、奈保子ちゃんのライブ会場にファンが集っている…そんな錯覚すら覚えました。

午前0時の歌謡祭にて紹介された曲

今回は50曲のリクエストが来たようで、それを1回目は10代のアイドル時代、2回目は20代の幅広い音楽性を見せ始めた頃の作品に分け、濱口さんのセンスの良い選曲により、以下の曲が流れました。

私は曲が流れる度に、レコードやCDを引っ張り出して、それらを眺めていました。

1回目

  • 夏のヒロイン
  • Girls Like A Party
  • 甘いささやき
  • 愛してます
  • ラブレター
  • イチゴタルトはお好き?
  • 夏はSEXY
  • 涼しい影
  • こわれたオルゴール
  • あの夏が続く空
  • face to face
  • UNバランス

その他、1回目の放送では、イントロクイズもあり、ツイートが賑わっていました。

2回目

  • THROUGH THE WINDOW~月に降る雪~
  • デビュー~Fly Me To Love~
  • ANGELA(手をひいてアンジェラ)
  • 星になるまで~NIGHT AFTER NIGHT
  • エスカレーション
  • PARIS OCTOBER(パリは悲しみに燃え)
  • ハーフムーン・セレナーデ
  • 秘めやかなラヴ・ストーリー
  • 想い出のコニーズ・アイランド
  • Dear John
  • 言葉はいらない~Beyond The Words~
  • face to face
  • 十六夜物語

まとめ

うれしいことに、私のリクエストした「甘いささやき」が、1回目の放送で流れ、私の名前も呼んでいただき、思い出深い番組となりました。

私の「甘いささやき」に関するエピソードは、大した話ではありませんが、話せば長くなりそうなので止めておきます💦

ラジオ番組は一人で聴いて、どうせリクエストしても中々曲がかからない、メッセージは読まれない、番組からのリアクションもないだろうと、若干冷めて聴いていましたが、今回の「午前0時の歌謡祭」を聴いて、ラジオに対する考え方が変わりました。

一人CDで聴く奈保子ちゃんの曲と、今回ラジオによる時間を共有して聴く奈保子ちゃんの曲は違って聴こえ、とても新鮮でした。

今回、こういった楽しい番組を作っていただいた「午前0時の歌謡祭」、オーガナイザーの濱口英樹さんに感謝したいと思います。

ありがとうございました(*^-^*)

関連事項

河合奈保子とザ・ベストテン

河合奈保子関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
河合奈保子とラジオ~FMおだわら 午前0時の歌謡祭を振り返って~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする