中村雅俊 青春ドラマと心に刺さる名曲

こんにちは。皆さんの好きな80年代前後の俳優さんはどなたでしたか?私は、小学生から中学生にかけてもっともハマったのは、中村雅俊さんでした。

今回は、中村雅俊の曲を中心としたお話をさせていただこうと思います。

もし、中村雅俊さんを知らない方がこのレビュー記事をを読まれていて、男らしい歌声で心にグッと来る曲をお探しの方がいるなら、是非中村雅俊さんの曲を聴いてみてください。

スポンサーリンク

中村雅俊の魅力

私が小学生の頃、中村雅俊さん主演の青春ドラマが頻繁に再放送されていて、中村雅俊さんの演じる人物に強く感化されました。

それ以来、私にとって中村雅俊さんは理想の人間像となり、かつて大学の入学願書の尊敬する人の欄に「中村雅俊」と書いてしまいました(^_^;)

中村雅俊の演じる人物像について

中村雅俊さんは多くの青春・刑事・家族ドラマ等に出演されていましたが、中村雅俊さんの演じる役柄には共通点があるように思います。

中村雅俊さん演じる役柄のイメージは、真面目・正義感・世間に流されない・ユーモアもある・人情味に溢れる、、、そんな筋の一本通った人物像だと思います。

ドラマにリンクした中村雅俊の歌う名曲の数々

現在のドラマ主題歌は、ドラマに出演していないアーティストが歌うことが多く、場合によっては、どうしてこのドラマにこの主題歌?と思うものも多々あります。

70~80年代のドラマの多くは、主演されている方が主題歌を歌い、その歌詞の内容、曲調もドラマを象徴するような、そんな曲が多く存在しました。

中村雅俊さんの魅力は、俳優としてはもちろんのこと、歌手としても個性のある歌い方で、その歌詞の内容と共に、深く心に刻まれる数多くの名曲がありました。

「海を抱きしめて」~情景の浮かぶ名曲の数々~

私は中学生の頃、フォークギターを始め、百科事典のような各アーティストの歌本を買い、毎日のように弾き語りをしていました。

その中でも一番のお気に入りは、中村雅俊さんの歌でした。

当時、中村雅俊さんのベストアルバム「メモリアル」をカセットに録音して持っていましたが、歌本の中には自分の知っている曲以外の物も多く収録されており、ギターでメロディーを確かめながら歌を覚えていきました。

中村雅俊さんの曲は、テンポの良い明るい曲調のものは少なく、悲しげな曲調や、明るい曲調でもゆったりとおおらかな曲が多いです。

そんな中村雅俊さんの曲の中から、私が好きだった曲を列挙してみたいと思います。皆さんのお気に入りだった曲は入っているでしょうか?

私の好きな中村雅俊

マイナー調(悲しげな感じ)の曲

  • ふれあい
  • 俺たちの旅
  • 俺たちの祭
  • 心の色
  • 君の国
  • 恋人も濡れる街角(サザンオールスターズの桑田佳祐さん作詞作曲)
  • 日付変更線
  • パズル・ナイト
  • 想い出のクリフサイドホテル
  • さよならが言えなくて(THE ALFEEの高見沢俊彦さん作詞作曲)

「さよならが言えなくて」は、THE ALFEEのアルバム「DNA」に「KITTO」という曲名で歌詞は英語&リアレンジで収録されています。

この中で、私が一番弾き語りしまくったのは、「俺たちの祭」です。このドラマは中村雅俊さんの青春ドラマの中では、かなり暗い感じのドラマでした。人を疑うより人を信じて裏切られた方がいいという劇団員である主人公の人間模様を描いた青春ドラマです。マイナー調の極みともいった感じの曲で、心にグサッと刺さった曲でした。

メジャー調(明るい雰囲気)の曲

  • 白い寫眞館
  • いつか街で会ったなら
  • ただお前がいい
  • あゝ青春
  • 辛子色の季節
  • 青春試考
  • 時代遅れの恋人たち
  • 海を抱きしめて
  • 激しさは愛
  • マーマレードの朝
  • 表通りは欅通り
  • 燃える囁き
  • 雨のハイウェイ

「激しさは愛」という曲は、ドラマ「われら行動派!」の主題歌でした。曲調はバラードで、最後の方に中村雅俊さんの語りが入ります。この曲を弾き語る時、結構恥ずかしい思いをしながら歌っていました。加山雄三さんのようなイメージです。

「マーマーレードの朝」は映画「刑事珍道中」の主題歌で、全編英語のバラードです。私は英語がよくわからなかったので、耳で聞こえたままに歌っていました。

さて、私が中村雅俊さんの全曲の中で一番好きで、いつも頭から離れなかった曲は、ドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」のエンディング曲、「海を抱きしめて」です。この曲はドラマ「俺たちの旅」のエンディング曲、「ただお前がいい」と同系列のゆったりとしたバラードです。

「俺たちの旅」「ゆうひが丘の総理大臣」ともに、これらのエンディング曲の終わり頃に、人生についての詩がつらつらと流れてきます。

私はいつもその詩を読んで、人間としての生き方、物事の考え方について、感心し、その後の自分の生き方に大きな良い影響を与えてくれました。

この「海を抱きしめて」は、悩み多き人に対する癒しソングとなっています。人生は色々あるけれど、母のように大きな自然があなたを包み込み、再び笑顔にさせてくれる、、そんな曲です。

何か辛いことがあったとき、いつもこの曲を聞いて、聞き終わった後には、自分の悩みはいつも小さくなっていました。この「海を抱きしめて」は、私にとって、とても偉大で大切な曲でした。

まとめ

皆さんにも忘れられない曲、自分が助けられた曲がきっとあると思います。私にとっての初めてのその曲は「海を抱きしめて」でした。

この曲だけでなく、中村雅俊さんの曲は、心に突き刺さるような歌詞と、その歌詞の内容を高めるメロディー、中村雅俊さんの語りかけるような歌い方により、聞くものに大いなる感動を与えてくれます。

もし上記にあげた曲で聞いたことのない曲がありましたら、是非聴いてみてください。

皆さんにとって、新しい良い出会いがあるかも知れません。

関連事項

久保田早紀 異邦人以外にも聴いて欲しい曲の数々!

ブログトップページ

80年代Pops&More

スポンサーリンク
中村雅俊 青春ドラマと心に刺さる名曲
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする