本田美奈子さんのお墓参りと朝霞の記念碑に行ってきました!

2017年7月31日、今日は本田美奈子さんの50回目のお誕生日です。

私は地元に住んでいながら、一度も本田美奈子さんのお墓参りに行ったことがなかったので、今日のお誕生日を機に、お墓参りに行ってきました。

本田美奈子さんの好物(?)を持って…

スポンサーリンク

歌姫 本田美奈子さんに会えて

今日の朝霞市はとても良いお天気でした。

本田美奈子さんの曲を、ウォークマンでシャッフル再生しながら家を出て、「風のうた」で始まり、お墓に着いた時には「APE’RITIF」が流れていました。

広称寺の本田美奈子さんのお墓

本田美奈子さんのお墓は埼玉県朝霞市の広称寺(こうしょうじ)というお寺にあります。

東武東上線の朝霞台駅で下車し、改札を出たら右(北口)へ向かいます。

北口の階段を降りたらバスロータリーを右に沿って(マクドナルドのある方向)歩いていきます。

ミスタードーナッツのところを右に曲がると、長い下り坂があるので、そこをまっすぐに進みます。

黒目川に架かる橋を渡って、土手の一つ向こうの道を右に曲がると朝霞市斎場があり、そのすぐ隣が広称寺です。

広称寺沿いには、比較的浅く透明度の高い黒目川が流れていて、週末にもなると家族連れの子どもたちが水浴びをしています。

黒目川の土手には桜の木が植えてあり、春になると見事な桜並木になります。

本田美奈子さんは、こういったにぎやかで美しい自然に囲まれた場所に眠っています。

お墓参りは誰でもすることができ、事務所右脇の通路から入って行くことが出来ます。

私は事務所に入り、声をかけました。

「本田美奈子さんのお墓参りをしたいのですが…」というと、「どうぞどうぞ」と親切にお墓の場所やお墓の特徴を教えていただきました。

敷地に入ると、綺麗なお花が飾ってあったので、すぐに本田美奈子さんのお墓を見つけることが出来ました。

お墓の脇には、かわいい小さな動物たちがいました。

お墓参りは、手ぶらで行って構いませんが、私は今日は本田美奈子さんのお誕生日なので、何か持っていきたいと思い、本田美奈子さんの好物を調べたところ、ふぐ・あんきもと書いてありました。

ふぐとあんきもは中々用意が出来ず、その他の好物を探したところ、搾菜(ザーサイ)とあったので、搾菜(ザーサイ)を持っていきました(^-^;

搾菜(ザーサイ)をお供えして、本田美奈子さんとしばしお話しをしました。

かつてオンタイムで聴いた本田美奈子さんの歌の事、死の直前まで歌に情熱を燃やしていたことなどを思い出していたら、日頃の自分のモヤモヤした部分が浄化されたような晴れやかな気分になりました。

搾菜(ザーサイ)は、傷んでしまってご家族に迷惑がかかるといけないので、持ち帰りました。

朝霞駅の本田美奈子さんの記念碑へ

お墓参りを終え、今度は朝霞駅にある本田美奈子さんの記念碑の様子を見に行きました。

朝霞駅は、本田美奈子さんのお墓がある朝霞台駅の隣の駅です。

朝霞駅の改札を出たら左(南口)へ向かいます。

階段を降りると、バスのロータリーに出ます。

上の画像の時計がある草木が生い茂っているところに、本田美奈子さんの記念碑があります。

下の画像でいうと、赤丸の付いている場所です。

本田美奈子さんの記念碑付近は、キレイに整備されていました。

まとめ

当時、本田美奈子さんはテレビで自分の考えをしっかりと話す、アイドルとしては珍しいタイプでした。

ただ、それは、本田美奈子さんは歌というものに対する強い信念と、それを実現させるべく、小さな体で努力を惜しまず、常に前を見ていた自信からくる発言だったと思います。

当時、本田美奈子さんを好きだった方、最近本田美奈子さんを知って好きになった方で、朝霞市へ来ることのできる範囲に住んでいる方は、是非お墓参りに行ってみてください。

お墓の前で、当時の本田美奈子さんの活躍ぶりを思い出してみると、皆さんもきっと本田美奈子さんから勇気・やる気・希望をもらえると思います。

ちなみに、朝霞市図書館(本館)は、本田美奈子さんのCDが比較的充実していて、ゴールデン★アイドルも置いてあります。機会があったら立ち寄ってみてください。

最後に、本田美奈子さん、お誕生日おめでとうございます。

いつまでも歌い続けて、私たちに感動を与え続けてください!

関連事項

私の好きな80年代アイドルソング BEST 30

ザ・ベストテン 年代別ランクイン全曲紹介記事一覧

80年代アイドル関連記事一覧

目次

ブログトップページ

スポンサーリンク
本田美奈子さんのお墓参りと朝霞の記念碑に行ってきました!
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする