SONY MDR-1Aはリケーブルやポータブルアンプがなければ使えないのか?

今回のおすすめヘッドホンとして紹介させていただくのは、SONY MDR-1Aです。

SONY MDR-1シリーズは、MDR-1R発売以来、毎年改良を重ね、MDR-1R MKⅡ、MDR-1Aと、今回で3作目になるリスニング用ポータブルヘッドホンです。

MDR-1シリーズに共通して言えるのは、装着感が非常に優秀で、他社の高級ヘッドホンも所有していたとしても、おのずと手が伸びて使用頻度が高くなる…そんなヘッドホンです。

私はMDR-1Rも所有していますが、MDR-1Rとは違う傾向の音なので、既にMDR-1Rをお持ちの方でも、十分使い分けできる機種だと思います。

今回は、SONY NW-ZX2,NW-S784,XPERIA Z2 TABLET,IPOD SHUFFLE直差し、又はNW-ZX2をポタアンSONY PHA-2に接続をして、MDR-1Aの純正ケーブルとSONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1の聞き比べをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

人気はあるが賛否両論あるヘッドホン?

各サイトでのレビュー数の多さから、その人気の高さが伺えます。その人気の高さは、装着感の良さ、手ごろな値段、音楽を楽しく聞かせてくれるといったところからくるものと思われますが、これだけレビュー数が多いと、様々な意見が散見されます。

できる限り、各レビューを読んでみましたが、賛否両論ある中で、皆さんが気になっている点は、以下のような意見についてではないでしょうか?

  • 低音がぼわつく、締まりがない?
  • 低音の量が多く、中高音に被る?
  • SONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1に交換したら、本当に別物のように音が良くなるのか?
  • ポータブルヘッドホンの割には、ポータブルプレイヤーで鳴らしづらく、ポータブルアンプの導入により、音に対する不満がなくなった?

値段が手ごろといっても、2万円以上もするヘッドホンなので、特に初心者の方でMDR-1Aを購入候補に入れている方は、真剣に悩んでいることと思います。

今回やってみること

今回は、MDR-1Aの音質チェックPart1として、以下の聞き比べをしてみたいと思います。

  1. SONY NW-ZX2直差しでの付属ケーブルとSONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1の聞き比べ
  2. SONY NW-ZX2をSONY ポータブルアンプPHA-2とデジタル接続し、付属ケーブルとSONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1の聞き比べ

尚、各プレイヤーのイコライザー等の音質設定は、全てオフの状態とします。

以下の写真の左が付属ケーブル、右が高品質ケーブルMUC-S12SM1です。

高品質ケーブルMUC-S12SM1は、付属ケーブルよりも太く、高級感のある仕上げとなっています。

試聴曲

以下の4曲を使用します。これらの曲は、曲始まりから1分以内で、イヤホンによる違いが出やすいので選曲しました。各曲ごとのチェックポイントを中心に聞いていきます。

尚、ファイル形式は全てflacです。

淋しい熱帯魚  (アーティスト)WINK (アルバム)Wink memories 1988-1996 Disc1

全体の解像度・音量バランス、バスドラムの量感と切れ、ボーカルの再現性をチェックします。

告白の噴水広場 (アーティスト)Berryz工房(シングル)告白の噴水広場

曲始まりのスネアの音(切れと音色)、ベースの解像度(音階が分かるか否か)、ハイハットの音(シャリつきがあるか否か)とチェックします。

La Vie En Rose (アーティスト)手嶌葵(アルバム)La Vie En Rose

ウッドベースの再現性・量感、ボーカルの艶やかさをチェックします。

Spread Your Fire (アーティスト)ANGRA(アルバム)Temple Of Shadows

ツーバスの切れをチェックします。この曲は、ハイスピードのツーバス連打から始まる曲です。

SONY NW-ZX2直差しでの付属ケーブルとSONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1の聞き比べ

淋しい熱帯魚

付属ケーブルでの試聴

曲初めのシンセサイザーの音が明るく、音の輪郭がはっきりして、そのシンセサイザーの音にかかっているエコーの音まで、はっきり聞こえます。

バスドラムは、ぼわつかず、切れがと重みがあります。

歌が始まってから左右に聞こえるパーカッションの音もくっきり聞こえます。

ハイハットとボーカルは、少し厚みが薄目でさらさらした感じを受けます。SHURE SE846で聞いた時のような濃厚な感じではありません。

音場は、左右に関しては広すぎず狭すぎずといった感じですが、前方に奥行を感じます。この奥行は、ボーカルが遠くなるというのではなく、ボーカル等の音の後ろに広い空間を感じるという意味です。

高品質ケーブルでの試聴

基本的には付属ケーブルと同じ感覚ですが、違う部分は以下の通りです。

  • バスドラムの音量が少し減って聞こえる
  • ハイハットとボーカルのさらさらした感じが薄れ、少し厚みが出たように感じる

告白の噴水広場

付属ケーブルでの試聴

曲始まりのスネアの音は明るく、切れのある音ですが、少し重みが足りない感じがあります。

ベースラインは、はっきり分かり、特にベース・ドラムといった低音が強調されている感じはありません。

ハイハットは、シャリ付きはしませんが、実際のハイハットの音に比べると少しさらさらした感じを受けます。

高品質ケーブルでの試聴

全体的に少し暗めの音になり、ベースラインの輪郭が付属ケーブルと比べて若干甘い感じを受けます

全体的に前方に奥行き感が増し、鳴っている音自体が少し遠くから聞こえます。

それ以外の感想は付属ケーブルと同じです。

La Vie En Rose

付属ケーブルでの試聴

ウッドベースは主張しすぎず、膨らむこともなくベースラインがはっきり分かります。

低音の量は、他の音域の音量と比べて、特別多いとは感じません。

ボーカルは明るく聞こえ、リップノイズまではっきり分かります。

高品質ケーブルでの試聴

付属ケーブルより、ウッドベースは少し前に出て、重みを増したような感じを受けます。

奥行がさらに増して聞こえますが、鳴っている音自体が少し遠くから聞こえます。

ボーカルは、付属ケーブルと比べて、少し暗く感じます。

それ以外の感想は、付属ケーブルと同じです。

Spread Your Fire

付属ケーブルでの試聴

バスドラムは1音1音はっきり分かり、アタックばかり目立つのではなく、バスドラムのもちっとした感じも聞き取れます。

左で鳴っているライドシンバルの音色は自然な感じです。

全体的な音量バランスは、フラットで、特にどの音が主張しているということはありません。

ボーカルは艶やかで、ざらっとした感覚はありません。バスドラムやベースのせいで、ボーカルが引っ込むということもありません。

高品質ケーブルでの試聴

付属ケーブルに比べて、少しバスドラムの音量が減って(引っ込んで)聞こえます。

バスドラムはより締まって、アタック音は付属ケーブルより少し太く重みを増したような感じを受けますが、輪郭がぼやけるということはありません。

全体の音自体が、少し遠く聞こえます。

それ以外の感想は付属ケーブルと同じです。

SONY NW-ZX2をSONY ポータブルアンプPHA-2とデジタル接続し、付属ケーブルとSONY純正の高品質ケーブルMUC-S12SM1の聞き比べ

淋しい熱帯魚

付属ケーブルでの試聴

音色は全体的に明るすぎず、暗すぎず、自然な音色です。

バスドラムは、重く、量は多めです。ただし、他の音に被って聞きづらいということはありません。

ボーカルには艶があり、より自然な声の音に近づいた感じがします。

NW-ZX2直差しに比べて、細かい音が意識しなくてもはっきり聞こえるという感じはありませんが、意識すればきちんとなっているという感覚です。

高品質ケーブルでの試聴

音色は全体的に明るめです。

曲始まりのシンセサイザーの音にかかっているエコーの音は、意識しなくてもはっきり聞こえます。

バスドラムの量は多めで、重く、付属ケーブルと比べて、切れがあります。

音場はNW-ZX2直差し同様、奥行を感じます。

告白の噴水広場

付属ケーブルでの試聴

曲始まりのスネアの音色は自然な感じで、切れも切れすぎず甘すぎず自然な感じです。

ベースは、少し主張が強く、輪郭も甘めです。

ハイハットはNW-ZX2直差し同様、若干さらさらした感じです。

NW-ZX2直差しより、全体的に音の厚みが増しています。

高品質ケーブルでの試聴

全体的に明るい音色です。

ハイハットは付属ケーブル同様、若干さらさらした感じです。

曲始まりのスネアの音に切れがあります。

ベースは特に主張せず、自然な(フラット)バランスで、しっかりと締まって、切れもよくベースラインもしっかりと分かります。

La Vie En Rose

付属ケーブルでの試聴

NW-ZX2直差しと比べて、かなり前方の奥行を感じます。

ウッドベースの主張が強く感じ、若干ふくらみを感じますが、ふくらんでいるというより、ウッドベースの自然な鳴り方とも感じます。

ボーカルは明るめで、リップノイズ等もはっきりとわかります。

高品質ケーブルでの試聴

奥行き感は付属ケーブルと比べると、それほど強くは感じませんでした。

ウッドベースの量は特にに主張するわけでもなく、フラットに感じます。芯が太く輪郭がはっきりしており、付属ケーブルで感じたふくらみは感じません。

Spread Your Fire

付属ケーブルでの試聴

NW-ZX2直差しより、全体的に音色が自然になり、奥行き感が増し、力強さを感じます。

高品質ケーブルでの試聴

全体的に明るめの音色で、バスドラムのアタックの音が強く感じます。

付属ケーブルの方が力強さを感じます。

今回のまとめ

次回のPart2では、DAPにSONY NW-S784,XPERIA Z2 TABLET,IPOD SHUFFLEを使用し、MDR-1Aの付属ケーブルと高品質ケーブルMUC-S12SM1の聴き比べをしてみたいと思います。

Part2の記事において、今回の聞き比べの結果の総括をしますので、引き続き読んでみてください(^^♪

<次のページ>MDR-1Aレビュー(Part2)

★Amazon MDR-1A(Limited)商品紹介ページはこちら

★フジヤエービック 新品DAP商品一覧はこちら

★フジヤエービック 中古DAP商品一覧はこちら

関連事項

各スパイラルを止めるための提案~スパイラル記事 番外編~

SONY MDR-Z1000 VS SHURE SRH1540

イヤホン・ヘッドホン・DAP関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
SONY MDR-1Aはリケーブルやポータブルアンプがなければ使えないのか?
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする