飯島真理 おすすめアルバム3選~80年代クリスタルボイス女性シンガー~

テレビアニメ「超時空要塞マクロス」のリン・ミンメイ役の声優として、劇場版主題歌「愛・おぼえていますか」の歌手として、80年代にアイドル的な人気を誇った飯島真理さん。

声優を担当したキャラの役柄や、歌番組での可愛らしい衣装からアイドル歌手のようなイメージがありますが、飯島真理さんはシンガーソングライターで、マクロス関係等一部の曲を除けば、ほとんど自身で作詞作曲されています。

シンガーソングライターの曲というと、カッコ良くてオシャレで、時にはアンニュイな….そんなイメージがありますが、80年代の飯島真理さんの曲は、これに谷山浩子さんのような可愛らしさが時折加わります。

そして飯島真理さんの最大の武器は、地声とファルセット(裏声)がシームレスで、雲を突き抜けるかのようなクリスタルボイス。

薬師丸ひろ子さんや谷村有美さんのような声がお好きな方には、きっとハマる歌声だと思います。

今回は、これから飯島真理さんの曲を聴いてみたいと思われている方に向けて、おすすめのアルバムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

飯島真理のおすすめアルバム

当時、私の周りでは「機動戦士ガンダム」が人気で、その流れで「超時空要塞マクロス」(以下、マクロス)を見ていた友達が何人もいました。

私は「機動戦士ガンダム」を途中から見てしまったので、何だか話がよく分からなかったということと、「機動戦士ガンダム」好きな友達から、私の大好きな「宇宙戦艦ヤマト」の批判をされたりしたこともあって、「機動戦士ガンダム」はあまり見ませんでしたし、その流れで「超時空要塞マクロス」もほとんど見ませんでした。

友達はリン・ミンメイにハマり、マクロスのサントラや飯島真理さんの1st、2ndアルバムを買い、その友達の家に遊びに行った時に、「このレコードすっごくいいよ!」と言われて聴かせてもらったのが、飯島真理さんの曲との初めての出会いでした。

なので、私は飯島真理さんに対しては最初からマクロスのイメージはなく、純粋なアーティストという感覚で聴いていました。

友達はマクロス人気が終わると同時に飯島真理さんからも去っていきましたが、私は1stアルバムからアーティストとしての飯島真理さんにハマり、その後も追っていきました。

80年代がリアルタイムだった皆さんはどんな感じだったでしょうか?

さて、飯島真理さんは、マクロスで人気を博した後、80年代終盤に結婚を機に渡米しましたが、現在に至るまでコンスタントにアルバムをリリースしています。

2000年に近づくにつれ、少しずつ地声が低くなり、それはそれで魅力的なのですが、ここでは飯島真理さんの人気とコンディションが最高潮だった80年代のアルバムから3枚紹介したいと思います。

GOLD 飯島真理 BEST TAKES

これから3枚のアルバムを紹介しますが、これは番外編です。

収録曲は以下の通りです。

  1. まりン(1st Album「ROSE」より)
  2. 天使の絵の具(3rd Single「愛・おぼえていますか」B面)
  3. 1グラムの幸福(4th Single)
  4. きっと言える(2nd Single)
  5. フォトグラフ(5th Single「セシールの雨傘」B面)
  6. セシールの雨傘(5th Single)
  7. 遥かな微笑み~黄土高原~(6th Single)
  8. 愛・おぼえていますか(3rd Single)
  9. 夢色のスプーン(1st Single)
  10. 私の彼はパイロットPartⅠ(以下「超時空要塞マクロス」劇中歌)
  11. 小龍(シャオパイロン)
  12. シルバームーン・レッドムーン
  13. SUNSET BEACH
  14. やさしさSAYONARA
  15. 私の彼はパイロットPARTⅡ
  16. 愛は流れる

飯島真理さんを初めて聴く方は、まずこのアルバムから聴いてみてください。

いわゆるベストアルバムですが、数多くリリースされているベストアルバムの中で、マクロスの歌姫リン・ミンメイとしての歌声と劇中歌ならではの曲調、アレンジやメロディーにフックのあるシングル曲がバランスよく収録されています。

発売当時は上記のタイトルでしたが、その後、「NEW BEST NOW」というタイトルでもリリースされています。

このアルバムを聴いていいなと思ったら以下のアルバムもどうぞ。

★Amazonアルバム紹介ページはこちら

ROSE(ロゼ)

「ROSE」は、1983年にリリースされた飯島真理さんの1stアルバムです。

飯島真理さんは多くのアルバムをリリースされていますが、御本人がTOTO好きなこともあるせいか、どのアルバムも当時の歌謡曲とは違う軽快なリズムやギターカッティング等を主体とした元気いっぱいの曲やアンニュイな曲等をうまくブレンドしたAOR、シティポップ、ニューミュージックといった作風です。

この「ROSE」というアルバムは、当時YMOのメンバーだった坂本龍一さんが全面プロデュースしたことによってテクノポップ調のアレンジになっているため、以後リリースされたアルバムと異なって聴こえるかもしれませんが、上記に挙げたような根本的な部分に変わりはありません。

ただ、このアルバムは、まだマクロスが放送されている時にリリースされたこと、1stアルバムであるということから、マクロスのリン・ミンメイファンが聴いても違和感のない可愛らしいアレンジとなっていて、全体的に緩急ある楽曲をうまく配置した非常に出来の良い作品になっています。

当時、「ROSE」を初めて聴いた時、飯島真理さんの可愛らしい歌い方とYMOのカッコいいサウンドが合体した作風に歓喜したものでした。

1曲目の「Blueberry Jam」がこのアルバムの世界観を如実に表しているので、この曲を聴いてピンときたら是非全曲聴いてみてください。

(収録曲)全作詞作曲:飯島真理 / 編曲:坂本龍一

  1. Blueberry Jam
  2. まりン
  3. My Best Friend
  4. Love Sick
  5. Secret Time
  6. きっと言える
  7. Shine Love
  8. ガラスのこびん
  9. ひまわり
  10. ひみつの扉
  11. おでこにKiss

★Amazonアルバム紹介&試聴ページはこちら

midori(ミドリ)

「midori」は、1985年にリリースされた飯島真理さんの3rdアルバムです。

このアルバム辺りから歌声の硬さも取れ、伸び伸びとした飯島真理さんのクリスタルボイスをより堪能することができます。

全体的には、1stアルバム「ROSE」同様の可愛らしさを感じる作風で、女の子の様々な日常の風景が描かれており、柔らかいバラードから徐々に盛り上がりを見せる1曲目の「僕の魔法」でアルバムの幕を開け、「もののかたち」という「僕の魔法」のインストリプライズで幕を閉じるといったアルバムトータルの流れも上手くできていて、非常に印象的でありながらも耳障りの良い聴きやすいアルバムです。

アレンジ&プロデュースは、EPOさん、大貫妙子さん等のプロデュースを手掛けたシティポップの血が脈々と流れる清水信之さんによるもので、飯島真理さんの作るメロディーと歌詞に寄り添うように緩急をつけたシンプル過ぎず派手過ぎないアレンジが施された「midori」というアルバムは、飯島真理さんのアルバムの中で最高傑作と言っていいと思います。

コーラスには、杉真理さん、EPOさんも参加しているので、その辺に注目して聴いてみるのも面白いと思います。

どの曲が良いと言えないぐらい粒ぞろいの良曲が並んでいますが、個人的にはアルバムタイトル曲「midori」のスキャットで始まる物悲しいメロディーが当時から強く印象に残っています。

(収録曲)全作詞作曲:飯島真理 / 編曲:清水信之

  1. 僕の魔法
  2. ひとりぼっちが好き
  3. ファースト・デイト
  4. Girl Friend
  5. いつものパーティー
  6. 二つの風船
  7. 雨の町で
  8. Tight Rope
  9. 恋は気ままに
  10. midori
  11. もののかたち – MARRON –

★Amazonアルバム紹介&試聴ページはこちら

Miss Lemon

「Miss Lemon」は、1988年にリリースされた飯島真理さんの6thアルバムです。

このアルバムをセレクトしたのは、これまでの可愛らしいポップな作品と今後のAOR的な作品が上手く混ざっているからです。

前作「コケティッシュブルー」から山下達郎さんの立ち上げたMOON RECORDS(アルファムーン株式会社)に移籍したせいか、ミドルスローなシティポップ的な曲が増え、弾けるようなかわいらしいポップソングは影を潜めるようになってきましたが、「Miss Lemon」は同じような傾向にありながらも、ノリの良いポップな曲が多く収録されています。

今までの可愛らしいポップな曲を聴きつつも、アダルトで力強く、時にはアンニュイな雰囲気の曲に触れて、その後の作品も追っていくべきか否か…「Miss Lemon」はそんな分岐点的アルバムだと思います。

ラストの「I LOVE YOU」は、厚みのあるコーラスで幕を開けるバラードですが、ヘッドフォンで聴くと、このコーラスの重厚感に圧倒されると思います。

このアルバムからアレンジ&プロデュースをジェームス・シュナイダー(後の飯島真理さんの夫)が担当することとなり、次作「My Heart In Red」では、TOTOのジェフ・ポーカロ達がアルバムに参加したり、英詩の曲にトライしたりと、AOR色を強めていきました。

(収録曲)作詞作曲:飯島真理(4曲目作詞:野田薫) / 編曲:ジェームス・シュナイダー

  1. ガラスのダーリン
  2. 鏡よ、鏡!(I wanna marry you)
  3. 9月の雨の匂い
  4. ミッドナイト・コール
  5. 冷たい雨
  6. プラット・フォーム
  7. 気紛れウィークデイズ
  8. パリからのエアメール
  9. ロンリー・ガール
  10. I LOVE YOU

★Amazonアルバム紹介&試聴ページはこちら

まとめ

7thアルバム「My Heart In Red」に収録されている秀逸なバラード「Blue Christmas」、12thアルバム「Sonic Boom」に収録されているディスコ調の「Super Sonic Boom」等、ここで紹介させていただいたアルバム以外にも素晴らしい曲があちらこちらに散りばめられています。

余裕が出来たらあれこれ聴いてみてください。

関連事項

70年代シティポップおすすめアルバム

80年代ニューミュージック記事一覧

ブログトップページ

Amazon.co.jpで買う
ゴールデン☆ベスト ビクター・イヤーズ 飯島真理
  • ビクターエンタテインメント and 飯島真理
  • 価格   ¥ 1,974 ¥ 2,160
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク