中村雅俊 アルバム「Shy Guy」レビュー~ゆうひが丘の総理大臣挿入歌等~

今回は中村雅俊さんがドラマ「ゆうひが丘の総理大臣」に出演していた時にリリースされたアルバム「Shy Guy」のレビューをしたいと思います。


このアルバムには「ゆうひが丘の総理大臣」のオープニング、エンディングのみならず、挿入歌も収録されており、「ゆうひが丘の総理大臣」が好きだった方は必聴のアルバムです。

スポンサーリンク

多彩な作家人から提供された楽曲

「Shy Guy」はCD化されていますが、ここではLPレコードのレビューをしたいと思います。

レコードの仕様

レコードジャケットの中には、2つ折りの歌詞カードと3枚のカラーポートレートが入っています。

ポートレートには、「ゆうひが丘の総理大臣」のエンディングで流れる散文詩がプリントされています。

このレコードは新宿のディスクユニオン昭和歌謡館で購入しましたが、ポートレートの四隅に空いている穴を見ていると、レコード発売当時に購入された方が「ゆうひが丘の総理大臣」が好きで、部屋の壁に画びょうで貼っていた様子が浮かんできます。

収録曲とアルバムの雰囲気

収録曲は以下の通りです。

(A面)

  1. 時代遅れの恋人たち(作詞:山川啓介 作曲:筒美京平)
  2. 三つ数えろよ(作詞作曲:呉田軽穂)
  3. 恋人よ おやすみ(作詞:門谷憲二 作曲:西島三重子)
  4. POP CANDY(作詞作曲:尾崎亜美)
  5. 優しさの街角(作詞作曲:尾崎亜美)

(B面)

  1. 日時計(作詞作曲:呉田軽穂)
  2. Better Days Love(作詞作曲:佐藤奈々子)
  3. こんな悲しい夜には(作詞:門谷憲二 作曲:西島三重子)
  4. 朝明けの「時」(作詞:松田侑利子 作曲:渋谷裕子)
  5. 海を抱きしめて(作詞:山川啓介 作曲:筒美京平)

編曲は全て松任谷正隆さんで、B面2曲目のブラスアレンジのみJake H.Concepcionとなっています。

「ゆうひが丘の総理大臣」のオープニング曲「時代遅れの恋人たち」とエンディング曲「海を抱きしめて」は、シングルとは違うアルバムバージョンで、どちらも、より歌をメインにしたようなシンプルなアレンジになっています。

中村雅俊さんもリラックスした歌い方で、このアルバムバージョンも心に染み渡ります。

A面4曲目の「POP CANDY」、5曲目の「優しさの街角」、B面1曲目の「日時計」は、「ゆうひが丘の総理大臣」の挿入歌ですが、毎回のように流れた曲ではなかったので、ドラマを繰り返し見た方でないと印象は薄いかもしれません。

「POP CANDY」は35話、「優しさの街角」は36話、「日時計」は30話と35話で使用されました

呉田軽穂、つまり松任谷由実さんが2曲楽曲提供をしていますが、どちらの曲もクレジットを見なければユーミンが作ったとは思えないような歌謡曲チックなマイナー(悲し気な)ソングです。

尾崎亜美さんの提供した「POP CANDY」と、佐藤奈々子さんの提供した「Better Days Love」は、どちらも3分を切る短めの楽曲で、かわいらしい雰囲気があります。

中村雅俊さん自身も、ちょっとかわいらしい感じで歌っており、聴いていて、ちょっとくすぐったくなるような感じもします。

アルバム全体的には、疾走感のある曲は「時代遅れの恋人たち」ぐらいで、あとはマイナーとメジャー調と織り交ぜながらドッシリとした男らしい作風になっています。

まとめ

中村雅俊さんのリリースしたアルバムは全てCD化されていると思いますが、最初にCD化されてからリマスターによる復刻等されていないため、アルバムによっては高値で手を出しづらいものもあります。

その点、レコードは500円前後で手に入るものも多いので、聴こうと思って聴きそびれたアルバムはレコードで聴くのも良いと思います。

今回封入されていた大きなポートレートなどは、レコードならではの楽しみですね。

★Amazon 「Shy Guy」CD紹介ページはこちら

関連事項

中村雅俊 青春ドラマと心に残る名曲

70~80年代ポップス記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
中村雅俊 アルバム「Shy Guy」レビュー~ゆうひが丘の総理大臣挿入歌等~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク