欅坂46「二人セゾン」~昭和歌謡的楽曲~

今回は、私が昭和的な香りを感じ取った楽曲、欅坂46の「二人セゾン」という曲を紹介したいと思います。

昭和のアイドルが好きだった方は、アイドルのどこに惹かれましたか?

私は、アイドルは歌謡界の中で、ある意味特殊な存在だと思っています。歌唱力があるだけではダメ、ルックスがかわいいだけでもダメ、ダンスがうまいだけでもダメ、かといって全てが高水準であってもダメ…。

完成度が高くスキのない歌手は、もはやアイドルではないと私は思っています。

アイドルとは、技術的なスキルよりも、等身大の世界観を醸し出す歌詞を、その子の表現の仕方で、聞き手をドキッと、ハッと、ニコッとさせてくれて、明日への活力を与えてくれる…そんな存在だと思います。

スポンサーリンク

キラキラした少女達のほとばしる躍動感

今回紹介させていただく、欅坂46の「二人セゾン」という曲は、先月(2016.11)発売されたばかりの新曲です。

メロディーは、乃木坂46にあるようなさわやかなもので、昭和歌謡で言えば、松田聖子さんの「青い珊瑚礁」を聞いた時のようなすがすがしいものがあります。

ただ、昭和歌謡のような癖のあるメロディー・アレンジとはちょっと違います。

私がこの楽曲のどこに昭和的歌謡の香りを嗅ぎつけたかというと、「二人セゾン」の公式PVにて、彼女たちが歌詞の世界を表現する、キラキラとした等身大の女の子の躍動感です。

昭和のアイドル達もさわやかな曲は、笑顔と可愛らしい振り付け・衣装等で、見る者をひきつけてやみませんでした。

「二人セゾン」には、こういった魅力が詰まっている楽曲です。現代的なダンスシーンもありますが、この曲の基本は、恋することによって今まで何でもなかった日常がキラキラして見えるという少女達の気持ちの爆発をバレエダンスのような動きを取り入れた振り付けにあります。

「二人セゾン」Type-Bに収録されているカップリング曲「誰よりも高く跳べ!」は、ノリの良いメジャー(明るい)調の曲で、PVは井森ダンスのような昭和的な動きで踊りまくっているため、昭和歌謡的要素を求める方には、このType-Bがおすすめです。

平成のアイドルソングは、昭和歌謡のメロディー・アレンジと違った曲が多く、さらっと聞き流してしまう方もいらっしゃると思いますが、平成のアイドルはできる限りこういったPVと共に楽曲を聴くと、昭和のアイドルが好きだった方の何かの琴線に触れる機会も増えると思います。

もちろん平成のアイドルソングの中にも限りなく昭和アイドルの楽曲に近いメロディー・アレンジの曲もたくさんあります。

昭和・平成といった時代に関係なく、良いものはいつの時代にも存在しています。当ブログでもこういった楽曲を紹介していきますので、是非一度PVと共に聴かれてみてください。

関連記事

欅坂46 ハイレゾアルバムの音質は!?「真っ白なものは汚したくなる」

乃木坂&欅坂のおすすめイヤホン~SONY XBA-A2~

乃木坂46 タイプ別楽曲~シングル曲以外のおすすめは?~

平成アイドル関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
欅坂46「二人セゾン」~昭和歌謡的楽曲~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする