激痛小学生!イタタ…💦~危険な遊びの代償~

私が小学生だった70年代は、今と違って過激なテレビ番組があったり、ドラえもんに出て来るような空き地や土管が本当にありました。

小学生の頃は、テレビに影響されて、かなり危険な行為をしてみたり、力が有り余っているので、何でも全力でやったものです。

そういうことをしていると、大なり小なり怪我をします。

今回は、その中でも無謀な行為、その他の事由によって味わった激痛の話を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

危険を予知できない小学生

小学生の頃味わった激痛について、9つ思い出したので、痛みの弱い順からランキング形式で書いていきます。

9位 蜂

これは、自分が何かやらかし訳ではありませんが、遊んでいた時に蜂が飛んできて、手で払っていましたが、いつの間にか服の隙間から蜂が入ってきてしまい、案の定、刺されました。

スズメバチとかではなくて、ミツバチみたいな蜂でしたが、蜂に刺されたのが初めてだったので、そのインパクトは計り知れないものがあり、あまりの痛さに大泣きしました。

患部は結構腫れました。

8位 空気銃

私が小学生の頃、空気銃が流行っていて、私も空気銃を持っていました。

この空気銃は、多くのパーツを自由に脱着でき、ショットガンからライフルにまでカスタマイズできました。

ある日、友達が遊びに来て、この空気銃で遊んでいたところ、友達が「銃口をほっぺに押し当てて引き金を弾いたら、どのくらい痛いのかな」なんて言い出したのをきっかけに、誰がそれをやるかという話になりました。

じゃんけんか何かで決めましたが、負けたのは私でした。

空気銃の弾は、前方後円墳みたいな形のピンク色をしたプラスチック製のもので、見た感じはそれ程痛そうでもないと思いました。

しかし、銃口をほっぺに押し当て、引き金が引かれた時、一瞬ほっぺがしびれ、痛みがジワジワ・ズキズキやってきて、蜂に刺された時のように腫れあがりました。

7位 カッターの替え刃

確か小学4年の頃だったと思います。

小学生の頃は勉強がダイキライで、授業なんかまともに聞いた記憶がありません。

授業中に暇だったので、消しゴムをカッターで切り刻んでいたところ、切れが悪くなってきたので、刃を交換しようとしました。

しかし、替え刃の入っているビニールが中々破れなくて、先生に見つからないように、机の下でグリグリやっていたら、ビニールが破れるのと同時に、刃に沿って指がスライドしてしまい、かなり深く指が切れ、ヒヤッとする痛みに襲われました。

出血がひどく、ティッシュっで拭いても血が止まらないので、一番前の席にもかかわらず、ずっと机に下でゴソゴソしていました。

先生は、授業中、私が何かやらかしていることに気付いているようでしたが、あえて授業中には何も言わず、授業が終わってから、先生に「何してたんだ!」と言われ、しかじかこうこうで…と話していたら、先生に思いっきりビンタされ、保健係の人に「〇〇を保健室に連れてってやれ」と先生が言って、泣きながら保健室に行きました。

その後、先生に優しい口調で端的に注意されましたが、思い出に残っているのは、カッターで指を切った痛みより、先生のビンタの痛みのほうです。

この先生は生涯出会った先生の中で、一番生徒想いの先生で、ビンタされた時も、不思議と憎しみなどは全く湧かず、むしろ、すみませんという気持ちでいっぱいでした。

6位 釘

近所に河原があって、友達とよくそこで遊んでいました。

ある日、この河原で走り回って遊んでいる時、何かを踏んずけました。

足の裏から痛みが電気のように駆けあがって来て、よく見ると、靴に古びた板がくっついていました。

どうやら、そこから垂直に出ていた釘を踏んでしまったようで、その錆びた釘がかかとに刺さっていました。

病院に連れて行かれ、消毒等の治療をしてもらいましたが、かかとが痛くてまともに歩けませんでした。

その数日後、高尾山への遠足がありましたが、どうしても行きたかったので、学校に相談して行かせてもらうことになりました。

ただ、山登りは出来なかったので、隣のクラスの先生が、私をおんぶして山を登ってくれました。

当然、登るペースは他の子たちよりも遅いので、この遠足は、この先生と二人で来たような感じになりました。

途中の売店で、先生が「みんなに内緒だよ!」と言って、高尾山のペナントを買ってくれて、リュックの奥の方へ押し込んでくれました。

遠足が終わって数日したら普通に歩けるようになりましたが、激痛の釘は、また別の良い思い出をくれました。

5位 コンクリートの角

うちの近所には小学生がたくさんいて、学校から帰ってきたら、学年問わず、いつも一緒に遊んでいました。

かけっこ、竹馬、メンコ、ゴム段、ウルトラマン(仮面ライダー)ごっこなど、いろんなことをしていました。

たぶん、鬼ごっこをしていた時だと思いますが、鬼から逃げようとして、家と家の狭い隙間を走り回って、背丈の低い塀を乗り越えた時、目の前に3段ぐらいに積まれたコンクリートブロックがあり、その角に膝を強打しました。

ブロックに膝が当たったというよりは、刺さったという感じで、かなり出血し、膝を中心として全身に電気が走りました。

その傷は今でも残っています。

4位 目をつぶって自転車をこぐ

小学生の頃、テレビっ子で、特に、川口浩探検隊やUFO、超能力、ホラー映画などのハラハラドキドキする番組が好きでした。

そんなこともあって、自分も、ふとハラハラドキドキするようなことにチャレンジしたくなる瞬間がありました。

時々やってみたくなったのは、自転車をこいでいる時、目をつぶったまま、何秒ぐらい走れるかという行為です。

ある日の遊びに行った帰り道、下り坂で、これをやってみたくなり、目をつぶって5秒ぐらい走ってみました。

「な~んだ、余裕じゃん!」と思って目を開けた瞬間、目の前にコンクリートの壁がありました。

この坂道の両サイドにある家は、1階がコンクリートで囲われた駐車場になっている家が多く、私は車の止まっていない、駐車場の壁に突っ込んでしまいました。

下り坂だったので、自転車のスピードはかなり出ていた為、壁に激突した瞬間、私は進行方向とは反対側に弾き飛ばされました。

宙を浮いて背中から落下し、たまたまそれを見ていたおばさんが、「大丈夫かい?」と声をかけてくれましたが、恥ずかしかったので「大丈夫です」といって、すぐにその場を立ち去りました。

本当は、背中を打った時に息苦しくなり、擦り傷も出来てヒリヒリとあちらこちらに痛みがありました。

その後、この一件を忘れたのか、再度自転車のブラインド走行をし、今度は、田んぼの用水路に落っこちて、買ってもらったばかりの腕時計がグチャグチャになってしまいました。

3位 リス

我が家は動物が大好きで、常に犬、猫、うさぎ、小鳥などがいました。

その中でも変わり種だったのが、リスでした。

父が買って来て世話をしていました。

リスがヒマワリの種を頬張ったり、クルミをガリガリやるさまが可愛くて、よく籠の外から見ていました。

ある時、父が「リスの籠を掃除するからリスを取り出しておいてくれ!」というので、私が籠の中に手を入れてリスを掴んだところ、指の第一関節付近をリスに噛まれました。

一瞬、チクッとしたぐらいでしたが、すぐに大量出血し、ズキズキと激痛が走り始めました。

止血するためにティッシュを手に取り、指を押さえようとして指を見たところ、なんと指の骨が見えてました。

クルミの殻をかみ砕く顎の強さで噛まれたので、かなり深く噛まれたようです。

指の痛みもさることながら、自分の指の骨を見たという衝撃が今でも忘れられません。

2位 鉄棒

学校や、どこの公演にも必ずあったのが鉄棒で、大体3種類ぐらいの高さ違いの鉄棒がありました。

私が良く遊んでいた公園には、鉄棒の近くに移動が容易な木製のベンチがありました。

ある時、友達と、このベンチを少しずつ鉄棒から遠ざけて、誰が一番遠くからジャンプして鉄棒につかまることが出来るかという遊びをしました。

みんなが届かない距離から鉄棒を掴むことが出来た私は、もう少しチャレンジしてみたくなって、さらにベンチを鉄棒から離し、勢いよく鉄棒に向かってジャンプしました。

しかし、鉄棒を掴む寸前で体が落下し始め、そのまま胸から地面に叩きつけられました。

息が出来なくなり、舐めていた飴玉を吐き出し苦しんでいる私を見た友達が、すぐに私の母を呼びに行き、そのまま病院へ直行しました。

レントゲンを撮ったところ、背骨がずれているということで、夏休みを目前にして入院となりました。

体に包帯をグルグル巻いて、その上からセメントみたいなものを塗って、しばらくしたら、固まって鎧のようになりました。

これで背骨を矯正するという治療でしたが、完治するまで、このコルセットを外すことができず、入院中は背中がかゆくてたまりませんでした。

この年の夏休みは、入院で終わってしまいましたが、隣のベッドにいたおじさんが、ハレンチ学園のマンガを貸してくれて読むことが出来たのは、小学生の私にとって刺激的な出来事でした。

1位 脊椎注射

小学生のある学年の時、勉強が嫌いという事は言うまでもないことですが、いじめっ子がいて、余計に学校に行きたくない時期がありました。

そんな時、テレビドラマで、子どもが体温計を両手でこすり合わせて温度を上げ、ズル休みするというシーンを見て、「これは使える!」と思い、実際にやってみたところ、うまくいきました。

こうして仮病を使って何日か学校を休んでいましたが、近所の病院では原因不明の高熱ということで、大学病院を紹介してもらい、検査入院することになってしまいました。

これはヤバいと思いながらも、後に引くことはできず、具合の悪い振りをしていました。

検査をするという事で、診察室に入ったところ、先生が「腰の骨にある液体を取り出して検査するよ。診療台に乗って横になって体を丸めてね。」と言いました。

何かすごくぶっとい注射器を持ってきて「痛いけど我慢してね」と言われました。

背骨辺りの皮膚に注射針が刺さり、さらにグッと差し込み、背骨に注射針が刺さった時、気が変になってしまいそうなぐらいの激痛に襲われました。

もちろん、検査結果は異状なしで、うっすらと仮病という事がバレてしまったのですが、これを機に、仮病は止めようと思いました。

しかし、しばらくすると、大事にならない仮病の使い方はないものか…などと考え始めるのでした。

まとめ

こんな感じで、小学生の事はよく考えもせず、衝動的な行動をし、その結果、激痛を味わうことになってしまいましたが、それでも中々懲りずに同じようなことを繰り返していました。

皆さんも子どもの頃は似たような思い出がありましたか?

関連事項

70年代 小学生の遊び~学校の備品に憧れて~

昭和TV&レトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
激痛小学生!イタタ…💦~危険な遊びの代償~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする