J-POP おすすめ名曲 諌山実生「WOMAN」

星の数ほどある楽曲の中から、皆さんが自分好みの曲に出会えるのは、ほんの僅かだと思います。頻繁にラジオやテレビで流れない限り、その機会を失ってしまいます。

今回は、自分の知らない新たなJ-POPの名曲を探している方に向けて、平成のJ-POP名アルバムを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

諌山実生 「WOMAN」

今回紹介させていただくアーティストは、シンガーソングライターの諌山実生(いさやま みお)さんです。

2002年に「恋花火」というシングルでデビューし、現在でも他のアーティストへの楽曲提供や自身のライブを行ったりと精力的に活動を続けられています。

諌山実生さんの声は、少しハスキーでソウルフル、バラードはつぶやくように、ノリの良い曲はパワフルに歌いこなします。系統としては、MISYAや鬼束ちひろさんのような感じです。

5thアルバム「WOMAN」について

(収録曲)

  1. 真夜中のシンデレラ
  2. 月のワルツ
  3. 永遠の片想い
  4. Over
  5. スピカ
  6. Destiny
  7. サハラの誘惑
  8. 嘘つき
  9. Smile

このアルバムは2006年にリリースされました。マイナー調(哀し気な曲調)のカッコいい曲、メジャー調(明るい曲調)の朗々と歌うさわやかな曲、しっとりとしたバラードとバラエティーに富んだ楽曲構成になっています。

2002年から2009年の間、諌山実生さんのリリースした曲は沢山タイアップされました。

このアルバムの「月のワルツ」は、NHKみんなのうた、「サハラの誘惑」は、ビートたけしのTVタックル、「スピカ」は、朝だ!生です 旅サラダで流れました。

このアルバムの曲は、どの曲もメロディーが耳に残る印象深いものが多いですが、このアルバムの要となる曲は、「月のワルツ」と「サハラの誘惑」です。

「月のワルツ」は幻想的なメロディーをジャズアレンジにした曲で、癖になりそうな曲です。

「サハラの誘惑」は庄野真代さんの「飛んでイスタンブール」のような異国の雰囲気を感じるメロディー&アレンジとなっていて、サビの部分が特に印象的な曲です。

この2曲を動画配信サイト等で試聴してみてください。この2曲が気に入られたなら、このアルバムは買いです。

ただ、「月のワルツ」に関しては、この「WOMAN」にはシングルバージョンとは若干異なったアレンジ(よりジャズっぽいアレンジ)になっていますので、ご注意ください。

まとめ

諌山実生さんのアルバムの中で、この5thアルバム「WOMAN」を紹介させていただいたのは、このアルバムが他のどのアルバムよりもバラエティーに富んでいて、「サハラの誘惑」のような強烈なインパクトのある曲が収録されているためです。

諌山実生さんのアルバムを初めて聞くなら、是非この「WOMAN」というアルバムから聞いてみてください(^_-)-☆

関連事項

ブログトップページ

平成の名作記事一覧

スポンサーリンク
J-POP おすすめ名曲 諌山実生「WOMAN」
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする