永遠にかわいい石野真子 アイドル時代のアルバムおすすめ曲!

いくつになってもかわいいままの石野真子さん。とても魅力的な女性です。

アルバム「サフラン」で歌手活動を長期間休止しましたが、2003年に「Truth」というアルバムを発売し、本格的に歌手活動を再開しました。

石野真子さんが活躍していた当時、私はピンクレディーに夢中で、その後は河合奈保子さんのファンになったため、石野真子さんのことはあまり詳しく知りませんでした。

しかし、アルバム「Truth」を聞いて感動し、それ以来、石野真子さんのアルバムを集めだしました。

シングル曲はほぼ全ておすすめ曲なので、もしこれから石野真子さんを聞いてみたいと思われている方は、まずゴールデンベスト等のシングル曲から聞いてみてください。

今回は、シングル曲は大体知っているけど、アルバムは聞いたことがないという方を対象に、デビューアルバム「微笑」から「サフラン」までの昭和のアルバムの中から、私が特に耳を奪われた曲を、隠れた名曲として紹介したいと思います。

スポンサーリンク

石野真子 アルバムおすすめ曲

1stアルバム「微笑」

どのアイドルも1stアルバムは良いです。声が初々しく、一生懸命歌っている様子に好感が持てます。

石野真子さんの声は艶やかで声の質が良く、これからもっと歌が上手くなるという原石のようなアルバムです。

全体的に明るくかわいらしくを前面に出したアルバムとなっています。

詩生活(作詞:阿久悠 作曲:吉田拓郎)

この曲に限らず、このアルバムの多くの曲は吉田拓郎さんが作曲しています。

歌詞は「~です、なのです」という感じで、曲調もまさに吉田拓郎といった感じの曲です。

マイナー調(悲し気な感じ)のミドルテンポの曲ですが、曲に勢いがあり、軽快で、真子さんのかわいらしい声と相まって、あまりマイナー調を感じさせない曲です。

ジーパン三銃士(作詞:阿久悠 作曲:吉田拓郎)

メジャー調(明るい雰囲気)のハイテンポの曲です。真子さんのハイトーンがスカーっと伸びるところが非常に気持ちの良い曲です。

いたずら(作詞:阿久悠 作曲:吉田拓郎)

メジャー調のミドルテンポの曲です。余り騒がしくないおっとりした曲調と真子さんの歌い方がとてもかわいらしい曲です。

待ちぼうけ(作詞作曲:谷山浩子)

アコースティックギターのかき鳴らしから始まるマイナー調のハイテンポの曲です。

彼を喫茶店で待っているけどいつになっても来ないという歌詞です。この曲も真子さんのかわいらしい声がマイナー調を感じさせない曲となっています。

2ndアルバム「MakoⅡ」より

1stアルバムでは全ての音を同じ音量で歌っている感じがあったのですが、このアルバムからは、力を抜くところは抜くといった、歌い方に抑揚が出てきました。

自然にうっすらとビブラートもかかり始めています。

全体的にゆったりとした雰囲気で、真子さんの感情表現がしやすいような曲が集まったアルバムです。

インスピレーション(作詞:滝真知子 作曲:穂口雄右)

アコースティックギターのゆったりとしたアルペジオから始まるノリの良いメジャー調のミドルテンポの曲です。

白いファンタジー(作詞:伊藤アキラ 作曲:馬飼野康二)

鈴の音とマンドリン(?)のトリルから始まるマイナー調のミドルテンポの曲です。

このアルバムにはシングル「失恋記念日」が収録されていますが、その系統の曲です。

1stアルバムにマイナー調の曲がいくつか使収録されていますが、真子さんが歌うとあまりマイナー調の感じがしなかったのに対し、このアルバムから徐々にマイナー調の曲はマイナー調に聞こえるようになります。

ぽろぽろと(作詞:阿久悠 作曲:吉田拓郎)

ノリの良いマイナー調のハイテンポの曲です。

2003年に発売されたアルバム「Truth」でこの曲のセルフカバーをしています。アコースティックギター一本で、テンポを落とした、より吉田拓郎さん的な曲になっています。

3ndアルバム「MakoⅢ」より

声の艶が増し、声の抑揚、自然なビブラート、言葉に感情を載せるといった元々の質とテクニックが自然に融合し、真子さんの歌手としての成長を感じられるアルバムです。

約束(作詞:山上路夫 作曲:和泉常寛)

メジャー調のミドル(ハイ)テンポの曲です。2ndアルバムの「インスピレーション」のような感じの曲です。

サビを朗々と歌う真子さんが印象的な曲です。

草原サンセット(作詞:伊藤アキラ 作曲:馬飼野康二)

マイナー調で力強いミドルテンポの曲です。とてもメロディーが印象的です。

杉村尚美さんの「サンセットメモリー」をアップテンポにするとこの曲に似るかもしれません(?)。

白いオルゴール(作詞:松本礼児 作曲:幸耕平)

この曲は、本来はこのアルバムの曲ではなく、シングル「ジュリーがライバル」のB面に収録されている曲ですが、3rdアルバムが紙ジャケ仕様となって発売された時に、ボーナストラックとして収録されていました。

アコースティックギターのアルペジオの伴奏に乗せて真子さんが歌う、ゆったりとした明るいバラードです。

5thアルバム「私のしあわせ」

真子さんは、結婚を機に一度芸能界を引退しますが、その最後のアルバムとなったのが、この「私のしあわせ」です。

自然にファルセットを使いこなすなど、歌唱力も最高潮で、これで引退とはもったいないと思ってしまいます。

全曲石野真子さんが作詞をしています。その補助として荒木とよひささんがクレジットされています。

人さし指の涙(作詞:石野真子 作曲:三木たかし)

一瞬プログレか?と思ってしまう、ちょっと変わった編曲で、ピアノの激しい連打で始まり、急にスローテンポのマイナー調のバラードになります。最後もまた激しいピアノの連打で終わります。

ゴダイゴの「ポートピア」のような編曲です。

心の片隅に(作詞:石野真子 作曲:馬飼野康二)

メジャー調のミドルテンポの曲です。

松任谷由実さんの「ブリザード」のテンポを少し早くしたような感じの曲です。

ツン(作詞:石野真子 作曲:穂口雄右)

真子さんの愛犬ツンのことを歌った曲です。ミドルハイテンポのメジャー調の曲です。

とてもかわいらしい感じの曲で、歌詞の中に「ツン」という言葉がたくさん出てくるのですが、真子さんが愛犬を呼ぶような言い方で「ツン」と言ったりします。

真黒な犬だったようですが、その子どもはみんな真っ白だったそうです。

19才の私(作詞:石野真子 作曲:穂口雄右)

マイナー調のハイテンポなカッコいい曲です。”今旅立つ19才の私”というサビのフレーズが印象的で、何度も繰り返されます。

8thアルバム「サフラン」

このアルバムは石野真子さんが芸能界に復帰し、女優活動をしているうちにもう一度アルバムを作りたいと自ら希望し、作成されたものです。アルバムジャケットに書かかれている「Saffron」という文字は、石野真子さんの自筆です。

1985年に発売され、編曲もアルフィーや寺尾聡さんのアレンンジを手掛けた井上鑑さんが担当している為、新しくカッコいいサウンドになっています。

このアルバムの中で、私は「光の中で振り向くわたし」「砂浜のサティー」「ミモザの季節」「幸せの振りして」「海色のパセティック」等が好きですが、このアルバムに関しては、アルバムを通して1曲になっているというか、私はコンセプトアルバムだと思っています。

頭から最後まで通していくことによって、それぞれの曲の良さが分かる気がします。

大人の女性の恋愛をテーマにしたアルバムで、時には非常に悲し気で、時には吹っ切れたように緩やかな心もようが歌詞・曲調に表れています。

私は石野真子さんのアルバムの中で、この「サフラン」が一番好きです。全編石野真子さんが恋物語を耳元で語ってくれているような感じがして、このアルバムを聞いているとその世界の中に引きずり込まれます。

河合奈保子さんのアルバムに「さよなら物語」というアルバムがあるのですが、このアルバムと同様の引き込まれる世界観を持った素晴らしいアルバムです。

まとめ

石野真子さんの声、歌い方、曲の世界観といった部分において、同じようなアイドルはいません。石野真子さんには独特の世界観があります。

アルバム「Truth」も素晴らしい作品で、平成以後に発売された作品も紹介したいのですが、今回は昭和のくくりという事で、また別の機会に紹介させていただきたいと思います。

さて、いくつか石野真子さんのアルバムを紹介させていただきましたが、私の個人的なおすすめというか最初に購入して欲しいと思うアルバムは、1st「微笑」と8th「サフラン」です。是非聞いてみてください。

関連事項

私の好きな80年代アイドルソング BEST 30

石野真子関連記事一覧

80年代アイドル作品一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
永遠にかわいい石野真子 アイドル時代のアルバムおすすめ曲!
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする