池袋のおすすめランチと本屋とCDと

ギョウザ好きな人ー!でっかいギョウザを満腹になるまで食べたいですかー!

ちょっとテンションが上がってしまいましたが、今日は東京 池袋にて、お腹一杯ジャンボ餃子を食べてきました。

その後、日本有数の大型の本屋 ジュンク堂書店と、ディスクユニオン池袋店に行ってきました。

スポンサーリンク

池袋に来たら寄ってみたい場所

いつも池袋に行くと、ランチはラーメンにすることが多い私ですが、たまには違うものを食べてみようと思い、少し前から気になっていたジャンボ餃子のお店「開楽(kailaku)」に行ってみました。

池袋のおすすめ一人ランチ!

「開楽(kailaku)」は、池袋東口(いけふくろう)から出たなら、徒歩10分以内ぐらいで行ける場所です。

11:00のオープンですが、今日は早めに昼食を取らなければならなかったので、11:00過ぎにお店に入りました。

お客さんは2,3人しかいませんでしたが、食事を終えた頃には、続々とお客さんが入って来たので、お昼頃になると混みそうな感じでした。

カウンター席に座って、メニューを手に取り…

開いてみて…

じっくり眺めて…

決めました!初めて来たので、お得なセットにしてみました。

ご飯とギョウザを食べたかったので、Bセットを注文。

お箸を見つめながら、まだかなまだかな~

なんて思っていたら、5分ぐらいで出てきました、ジャンボ餃子が!!

チャーハンは、半チャーハンという事で、ご飯茶碗一杯分程度の量でした。

ギョウザは、期待通りの大きさで、見ただけでワクワク!

かつて、銀座の天龍というお店でもジャンボ餃子を時々食べていたので、それを思い出しました。

ちなみに、天龍は、池袋東武のレストラン街にもあります。

さて、「こんなちっちゃいご飯で足りるかな~」なんて思いながら、ギョウザを食べてみました。

焼き目の付いているところは、カリッとした歯ごたえで、周りの生地はもっちもち。

ギョウザを噛んだ瞬間に、溢れましたよ、肉汁が…(*’▽’)

中のお肉は、くどさのない味付けで、いくらでも食べられそうな感じでした。

ギョウザ3つぐらい食べたところで、チャーハンがなくなり、残りの2つは、ギョウザを味わいながら食べました。

スープはあっさり目で、このセットにはちょうど良い感じでした。

「あと2つぐらいは食べられるな~」なんて思いながら、お店を後にし、近くのサンマルクカフェでアイスコーヒーを飲んでいたところ、ジャンボ餃子マジックが…

まだ余裕で食べられると思っていたお腹が、急にいっぱいになってきました。

このギョウザ、あとから来ますね!侮れない(=゚ω゚)ノ

お店の詳細は、ホームページで確認してみてください。

ジュンク堂書店~書店に居る幸せ~

ジュンク堂書店に向かう途中、あるビルの1階に本物の電車が展示してありました。

このビルの地下1階と2階に、丸善という都内最大級の文房具屋さんが入っています。

さて、ジュンク堂書店に着きました。

地下1階から9階まで、本で埋め尽くされた本のビルです!

私はあまり本を読みませんが、専門書やちょっとマニアックな本が欲しい時は、いつもここに来ます。

1階をブラブラ見ていたら、ザ・ビートルズのLPコレクションなるLPレコード付きの本が売っていて、欲しくなってしまいました。

1階の奥の方に、「愛書家の楽園」と題されたコーナーがあり、クリス松村さんの「誰にも書けないアイドル論」等のアイドル関連の本が何冊か展示されていました。

そこには、昨年(2016年)発売された、河合奈保子さんの写真集「再会の夏」が2冊置かれていました。

私は河合奈保子さんが大好きで、既にこの写真集は持っていますが、キレイに展示されたこの光景を見て、ちょっと感激してしまいました。

3階に行き、タレント本や懐かしい昭和関係の本を見ていた時、思わず、この本の前で立ち止まってしまいました。

ジュニア チャンピオン コース「もしもの世界」と…

ジュニア チャンピオン コース「超科学ミステリー」

「これは小学生の時、我が家にあった本だ!」と心の中で叫んでしまいました( ;∀;)

確か、もしも〇〇ということが起こったら、こんなになるみたいな感じの内容で、世紀末的な恐ろしい挿絵と共に語られていたと思います。

古本屋でもないのに、何でこの「ジュニア チャンピオン コース」が売っているのだろうと思って手に取ってみたら、復刻版と書いてありました。

「絶対欲しい、買おう!」と思いましたが、値段を見たら、3700円(税別)だったので、散々迷った挙句、今回は泣く泣く購入を見送りました。

専門書の購入目的でジュンク堂書店に来たのですが、ピンとくるものがなかったので、専門書は購入しませんでしたが、タレント本コーナーで、面白そうな本があったので、購入してみました。

乃木坂46のかずみん(高山一実)が、何の知識もない状態で、投資のプロから講義を受け、それをどう理解し、実践し、結局どうなったのか読んでみたくなりました。

ディスクユニオン池袋店

学生の頃は、頻繁にディスクユニオン池袋店に通っていましたが、最近は全く行っていなかったので、久しぶりに寄ってみました。

ちょっと分かりづらい場所にありますが、池袋東口からサンシャイン60方面に向かう途中のビルの4階にあります。

このビルの1階は、「紙のたかむら」という和紙を使った商品を扱っているお店があり、お店に入ると、きっとお土産に何か買って帰りたくなると思います。

さて、ディスクユニオンですが、大場久美子さんのライブLPを探していたので、LPコーナーの「お」のインディックスが付いているところを中心に見てみました。

結局なかったのですが、この「お」のところには、岡田有希子さんのLPが何枚もありました。

たまたま目に入った「い」のところには、岩崎宏美さんの「10カラット・ダイヤモンド」があり、欲しくなってしまいましたが、我慢しました(*ノωノ)

書籍コーナーには、9月15日発売予定の「レコードコレクターズ 松本隆の世界」が、既に売っていたので、帰りに買って帰ろうと思いましたが、買うのを忘れて帰路についたのでした。

まとめ

今回は日記のような記事になってしまいましたが、開楽のジャンボ餃子はおすすめです。

何を食べようか迷った時、ギョウザがお好きなら是非一度行ってみてください。

ジュンク堂書店は、とても居心地が良く、座って本を読むことが出来ます。

沢山の本がビジッとキレイに整理整頓されて陳列されており、それを見ているだけでも、とても気分が良いです。

特に欲しい本がなくても、かなりマニアックな本も売っているので、数時間楽しめると思います。

今度、池袋に行った時は、西口のウナギ屋さん「まんまる」に行ってみたいと思います。

食数限定ですが、1000円で特大ウナギを食べられるお店です。

行った際には、またレポします(”◇”)ゞ

関連事項

川越「時の鐘」周辺を散策してきました~うなぎと日帰りおでかけスポット~

おでかけ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
池袋のおすすめランチと本屋とCDと
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする