80年代アイドルと平成アイドルを見て思うこと

私はピンクレディー辺りからアイドルというものにハマり、それ以来、現在に至るまで、昭和・平成分け隔てなく、ずっとアイドルソングを聴いています。

SNSなどを見ていると、オンタイムでない若い方で、80年代アイドルソングを聴いているという方もよく見かけます。

良いものは語り継がれるといった感じがして、嬉しく思っています。

今回は、当時、80年代アイドルをどんな感じで見ていたのか、そして、平成アイドルをどんな感じで見ているのか、歌唱力などを含めて、私なりの視点で書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アイドルは理想の人間像

女性アイドルは、キレイな衣装を着て、かわいい振りをして、見た目も声もかわいく、こんな人が自分の恋人だったらいいなとか、こんな人と将来結婚したいな、なんて思っていました。

男性アイドルは、顔もスタイルも良く、アクションはカッコ良く、自分もこんな風になって女子にモテたい思って、洋服や髪形を真似したりしていました。

こんな感じで、アイドルとは自分にとっての同性・異性の理想像でした。

河合奈保子と乃木坂46

80年代アイドルの中で、最も熱を入れたアイドルは、河合奈保子さんで、平成アイドルで現在特に好きなのは乃木坂46です。

小学生の頃の理想の女性は、美しさとやさしさ、そして母性を感じさせるメーテルでしたが、それを実在する人間にした雰囲気を河合奈保子さんに感じました。

なので、河合奈保子さんを好きになったきっかけは、歌が気に入ったからというより、トークや歌唱時の雰囲気や声のかわいらしさからでした。

平成アイドルに関しては、少年の頃のような理想の女性という観点ではあまり見なくなりましたが、乃木坂46に関しては、何となく昭和を感じさせるような清楚な雰囲気と、時折昭和チックなメロディーを見せる曲調に惹かれています。

乃木坂46では、特に誰が好きという事はあまりありませんが、強いて挙げるなら、バレッタを歌っていた時の堀未央奈さんのかわいらしくも神秘的な雰囲気に惹かれました。

80年代アイドルは歌がウマいのか?

80年代当時と現在でもそうですが、特定のアイドルが好きだからと言って、他のアイドルを聴かないという事はありません。

80年代は、柏原芳恵さん、南野陽子さん、斉藤由貴さん、堀ちえみさん、中森明菜さん、松田聖子さんなども良く聴きましたし、平成アイドルでは、AKB48グループ、欅坂46、東京女子流、フェアリーズ、Berryz工房、BABYMETAL、ClariSなど、ふと出会って良い曲だなと思ったら、何でも聴いています。

アイドルが好きという以前に、音楽が大好きなので、一聴して気に入った曲は、歌手・アーティスト・ジャンルは問いません。

70~80年代は、歌番組以外のバラエティ番組でもテレビで歌手が歌う場面が多く、ヤンヤン歌うスタジオやレッツゴーヤングといった一部の歌番組を覗けば、アイドル以外の親が聴くような歌手まで、雑多に出演しており、色々な音楽が自然と耳に入ってきました。

毎週欠かさず見ていて、印象に残っているバラエティ番組は、ドリフターズの「8時だよ全員集合」、キャンディーズとしらけ鳥・デンセンマンが魅力の「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」、新人歌手がマラソンをしながらインタビューに答えたり、オープニングで素っ裸の子どもと親が洋服の山へダッシュするという「笑って!笑って!!60分」などなど…

こんな時代だったので、小学生の頃、私の友達は松田聖子さんのレコードを買う傍ら、八代亜紀さんの「雨の慕情」や五輪真弓さんの「恋人よ」などを購入していましたし、私も河合奈保子さんのレコードを買う傍ら、山本譲二さんの「みちのくひとり旅」や、ヒロシ&キーボーの「三年目の浮気」なども購入していました。

さて、80年代アイドルの歌唱力ですが、当時、こんな感じで色々な音楽が自然と耳に入って来たため、岩崎宏美さん、八神純子さんや布施明さんなどの歌を普段から聴いてきた自分にとっては、普通でした。

デビュー当時から歌がウマいアイドルは数えるほどしかいなく、多くは、曲のどこかで声がかすれたり、裏返ったり、音程をはずしたりして不安定でしたが、リリースを重ねるごとに、徐々にうまくなっていく人もいれば、そのまま変わらない人もいました。

現在、歌がウマいと言われている80年代アイドルは、私の感覚からすると、ほんの一部で、どちらかというと、ある程度の音程は取れている程度で、ウマいと絶賛されるほど、歌唱力があった感じではありません。

ただ、ザ・ベストテンなどの常連アイドルになる一部のアイドルは、やはり一定の歌唱力があり、それに表現力や美麗な衣装などのエンターテインメント性が伴っていました。

ただかわいい、歌がウマいというだけでは、一度ランクインしたとしても、徐々にランクインしなくなっていきました。

しかし、この傾向が変わったのは、おニャン子クラブからで、アイドル歌手の売れる要因として、歌唱力というものが大きなウェートを占めなくなってきました。

購買対象を若者に絞り、このターゲットとなる人たちが食いつきそうな企画を連発し、ザ・ベストテン等のランキングを独占していきました。

この頃から、売れても特定の層しか曲を知らないという現象が徐々に出始め、その傾向は、モーニング娘が絶頂期だった頃を除いて、現在まで続いています。

平成アイドルは歌がヘタなのか?

平成アイドルは、モーニング娘辺りから、欅坂46辺りまで、気に入ったものはアルバム含め、ずっと聴いていますが、その歌唱力に関しては、先程、80年代アイドルのところでお話したのと同様に、ウマい人もいればヘタな人もいるという感じです。

平成アイドルの選考は、歌唱力よりも、個々の個性や魅力を重視して、歌唱力は徐々について行けば良いといった考えのような気がします。

個性はダンスだったり、トークだったり、歌唱力だったり、様々なので、特にAKB48のような大人数で歌唱する曲の場合、当然歌が得意でない人もいるので、生歌を披露した場合、全体としてヘタに聴こえます。

残念なのは、グループの中で歌がウマい人のソロを、一般のテレビ・ラジオ等の視聴者が目(耳)にする機会がほとんどないことです。

AKB48グループで言えば、在籍当時から、岩佐美咲さん、増田有華さん、岩田華怜さんなど、かなり歌唱力の高いメンバーがいて、その人たちのソロを聴くことが出来るのは、ライブを見に行ったり、ライブDVDを購入する層しか知りません。

AKB48の柏木由紀さん、渡辺麻友さん、NMB48の山本彩さん、乃木坂46の生田絵梨花さん、ももいろクローバーZの有安杏果さん等々、80年代アイドルの中に入っても違和感のない歌唱力を持つ人たちはたくさんいます。

平成アイドルの楽曲

80年代アイドル好きの方々にとって、テレビで歌唱する平成アイドルの曲を耳にした時、メロディーやアレンジが、大分80年代の感じと違うので、聴く気になれないと思われる方もいらっしゃると思いますが、シングル曲のカップリングやアルバム曲の中には、80年代アイドルソングを彷彿させるような曲が多々収録されています。

中々そういった曲を探し当てるのは大変だと思いますが、私のブログで、こういった昭和の雰囲気を持つ曲をピックアップして、時々紹介していますので、興味があったら聴いてみてください。

70年代アイドルのアレンジと80年代アイドルのアレンジも随分違うので、こういったアレンジに関しては、機材の発達や時代と共に変わって行くものなので、しょうがないと思います。

まとめ

私が80年代アイドルと平成アイドルの両方を比べてみて思ったのは、歌唱力に関してはどちらも、ウマい人もいればヘタな人もいるし、どちらも必ず自分にとって魅力的な人がいて、元気を与えてくれる存在ということです。

偏見なく、どちらのアイドルにも足を踏み入れることが出来れば、アイドル好きなら、それぞれの魅力に気づくと思います。

平成アイドルの魅力を知るには、「AKBINGO」や「乃木坂工事中」などの深夜放送されている冠番組を見ると、個々の個性が分かりやすいので、こういった番組を見るのも良いと思います。

純粋に歌唱力を求める方ならば、ニューミュージックやJ-POPへ流れていくと思いますが、歌唱力や表現力、ダンスのキレなどといった言葉は、好きなアイドルをアピールするための手段であって、アイドルが好きな方は、結局のところ、一目惚れなのかな、なんて思います。

私はどちらのアイドルを聴いても、素敵だなと思って、いつもストレスを発散させてもらっています(^^♪

関連事項

昭和的雰囲気を持つ平成アイドルソング①

80年代アイドルソング関連記事一覧

平成アイドルソング関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
80年代アイドルと平成アイドルを見て思うこと
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする