口に出すのも恥ずかしい!?ハードロックの変わった邦題

70~80年代ハードロックファンの皆さん、ハードロックのレコードをカセットテープに録音した時、レーベルに書いたのは邦題ですか、それとも英語表記ですか?

スポンサーリンク

誰が付けたのか!こんな邦題

私は基本的にレコードの記載通りに、カセットレーベルにタイトルや曲名を書くタイプでした。

例えば、洋楽ポップスでいうと、ノーランズの「I’m In The Mood For Dancing」なら、「ダンシングシスター」、映画「ラ・ブーム2」の主題歌でクック・ダ・ブックスの歌う「Your Eyes」なら、「恋する瞳」、ポリスの「De Do Do Do,De Da Da Da」は「ドゥドゥドゥ・デ・ダダダ」という具合に書いていました。

しかし、ハードロックを聞くようになってから、考え方が変わりました。ハードロックには妙な邦題も多く、物によっては口に出すのも恥ずかしいようなタイトルもあったため、ハードロックに関しては、英語表記で統一することにしました。

今回は、私の覚えている範囲で、変わった邦題のハードロックのアルバム・曲名をいくつか挙げてみたいと思います。

OZZY OSBOURNE編

アルバム「BARK AT THE MOON」 邦題「月に吠える」

そのまんまですね。妙にいじっていないので、これでいいような気もするのですが、当時「月に吠える」とは書けませんでした。

アルバム「The Ultimate Sin」の収録曲「Shot in the Dark」 邦題「暗闇にドッキリ!」

アルバムタイトルの邦題は「罪と罰」で、それほどおかしくはないのですが、もしアルバムタイトルを邦題にしてしまった場合、収録曲も邦題にしないと気が済まない性格だったため、どうしても「Shot in the Dark」を「暗闇にドッキリ!」とは書きたくなくて、英語表記にしました。

「ドッキリ」にびっくりマークまでついて、、、、もしオジーのことを知らない人がこのアルバムのこの曲の邦題を見たら、きっと笑える系の曲だと勘違いしたかもしれません。

W.A.S.P.編

アルバム「W.A.S.P.」の収録曲「The Torture Never Stops」 邦題「死の拷問」

大体、ハードロックのアルバムで、タイトルがバンド名になっているものは妙な邦題がついていることが多いです。このアルバムの邦題は「魔人伝」です。

他のバンドでMAMA’S BOYS(ママズ・ボーイズ)がリリースしたアルバム「MAMA’S BOYS」は、邦題で「戦慄の王子」となっています。

どんなに「The Torture Never Stops」が好きでも、クラスメイトのいる中で、友人と「俺、このアルバムの「死の拷問」が好きだ!」という会話はしづらいです。

他の収録曲には「I Wanna Be Somebody」 邦題「悪魔の化身」といったものもあります。

SCORPIONS編

SCORPIONSに関しては、まずタイトルがややこしいものが多いです。

もし邦題でしかタイトルを覚えていない人と英語表記しか覚えていない人が、昔を懐かしんでSCORPPIONSのアルバムの話をした場合、全く話が通じないと思います。

まず、アルバムタイトルをいくつか列挙してみます。

  • Lonsome Crow  邦題「恐怖の蠍団」
  • Fly to the Rainbow  邦題「電撃の蠍団」
  • In Trance  邦題「復讐の蠍団」
  • Virgin Killer  邦題「狂熱の蠍団」
  • Taken by Force  邦題「暴虐の蠍団」
  • Animal Magnetism  邦題「電獣」
  • Blackout  邦題「蠍魔宮」 等

次に曲名ですが、これも変わったタイトルが多いです。

  • Loving You Sunday Morning 邦題「日曜の愛劇」
  • Is There Anybody There? 邦題「瞑想のレゲエ」
  • He’s A Woman – She’s A Man 邦題「暴虐のハードロッカー」
  • No One Like You 邦題「官能の夜」 等

まとめ

探せばまだまだたくさんあるのですが、今回はここまでにしておきます。

こういった変わった邦題は、ハードロック等の音楽に限らず、映画でもよくありましたよね。

また、面白いものをみつけたら、記事にしていこうと思います。

関連事項

おすすめ!ハードロック インスト BEST30

ハードロック記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
口に出すのも恥ずかしい!?ハードロックの変わった邦題
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする