おすすめ!80年代ハードロック名盤集~メンバーから枝葉のように広がる世界~

私はハードロックが大嫌い!?でした。しかし、ある時期から大好きになり、ハードロックを聞き始めて30年近く経つ今でも、ハードロック抜きの生活は考えられません。今では、BABYMETALも好きです。

ハードロックバンドの多くは、メンバーの入れ替わりが少なからずあり、気に入ったメンバーの参加しているバンドを追っていくごとに、その世界はどんどん広がって行きました。

今回の記事では、私がハードロックを聴くきっかけになったバンドの話から、どのようなバンドを聴くに至ったのか、そして各々のバンドのおすすめアルバムの話など、主に80年代を中心としたハードロックアルバムのことを書いていきたいと思います。

自分はこんな感じでハードロックの裾野を広げていったな~と思い出に浸ったり、BABYMETALからハードロックに興味を持ったけど、何から手を付けたら良いのか分からないという方に読んでいただきたい記事です。

スポンサーリンク

ハードロックとの出会い

初めてハードロックを知ったのは高校生の時

私がハードロックに触れたのは結構遅いと思います。小中学生の頃は、周りにハードロックを聞く人がおらず、テレビでハードロックバンドを見ることもなかったので、ハードロックという存在自体も、ほとんど知りませんでした。

ハードロックを知ったのは、高校生の時ぐらいで、その時は、ジャパニーズメタル(以下ジャパメタ)のアースシェイカー、44マグナム等、洋楽では、METALLICA、RAINBOWなどを学園祭などで演奏する人たちを見るようになりました。

当時は、ハードロックが嫌いでした。まず、ジャパメタですが、ジャパメタは見た目と曲が本家のマネのように思えて、日本人が恰好を真似しても似合わない、曲がハードロックになりきっていないというかオリジナリティーを感じないというか中途半端なイメージを強く持っていました。

これは、「天才!たけしの元気が出るテレビ」の「燃えろ!ヘビメタ」というコーナーの影響も大きかったかもしれません。これはこれで面白かったのですが、、、。

次に、洋楽のハードロックですが、友人がRAINBOWの「KILL THE KING」や「GATES OF BABYLON」を演奏するのを見て、ギターリフはソロはカッコいいけど、歌メロがいまいちつまらないと思いました。私は日本の歌謡曲ばかりを聞いていたので、歌メロの起伏の少なさに物足りなさを感じていました。

それと、ハードロックはみんなうるさく、同じような曲に聞こえるとも思っていました。

当時、私の要望を満たすのは、ALFEEでした。ハード、プログレッシブ、フォーク、歌謡かつ歌メロやギターソロもメロディアス、美しいコーラス、3者3様のビジュアル、ボーカルが曲によって変わったりするなど、その幅の広い音楽性に惹かれていました。

高校生の時に良いと思った曲

あまり多くのハードロックを聞いたこともないのに、こういった偏見を持っていた私ですが、高校時代にカッコいいなと思った曲は何曲かあります。

当時、エレキギターでALFEEのコピーばかりをやっていて、友人からは、ハードロックもコピーすると、もっとギターうまくなるよと言われ、友人がハードロックの曲が入ったカセットテープをよく貸してくれました。

あとは、ALFEEのラジオを聞いていて、高見沢さんがお気に入りのハードロックの曲をかけたことによって、ハードロックに触れることが出来ました。

その中でいいなと思ったのは、OZZY OSBOURNEの「MR.CROWLEY」、MSGの「CAPTAIN NEMO」、YNGWIE MALMSTEENの「ICARUS ‘ DREAM SUITE OP.4」でした。

どの曲もメロディーが良いので気に入りました。

特に「ICARUS ‘ DREAM SUITE OP.4」には、ちょっと驚きました。ギターの音がディストーションがかかっているのかいないのか分からないくらいクリーンな音色で、バイオリンの速弾きのようになめらかで、表情のある音に惹かれました。

しかし、だからと言ってそれ以上ハードロックの曲を聞きたいという欲求は湧いてきませんでした。これは、ハードロックバンドはハードロックしかやらないという音楽性の狭さを感じていたことが原因だと思います。

大学時代の友人との出会いがハードロックの扉を開けた

大学に入学して初めてできた友達が、プロレスとハードロック好きでした。私はプロレスが大好きで、よくよく考えてみれば、プロレスラーの入場曲によくハードロックの曲が使われていることに気づきました。

ハードロックのバンドについて全く知識のない私でしたが、中学生の頃、ASIAの「THE HEAT GOES ON」を購入していたことを思い出しました。これは、新日本プロレスのザ・コブラという選手の入場曲でした。

レコード屋さんでこの曲がかかっているのを聞いて、店員さんに、「この曲なんて言う曲ですか?」と聞いて購入したレコードです。

その他にも、前田日明の入場曲「キャプチュード」のレコードも購入しました。その時、アーティストは誰かなど、全く気にも留めていませんでしたが、後になってCAMELであることを知りました。

大学入学時には、新日本プロレスのビッグバン・ベイダーという選手が好きで、その曲がRAINBOWのアルバム曲だと知り、その友人から色々聞かせてもらっているうちに、ハードロックって色々な世界観があるなと感じ始めました。

これをきっかけに、友人から私の好きそうな曲を紹介してもらい、色々聞いているうちに、ハードロックはうるさいだけで、どの曲も同じに聞こえるという偏見はなくなり、爆発的にハードロックの世界へのめり込んでいくことになりました。

まとめ

私がハードロックに目覚めたのは、私の好きなプロレスや映画(例えば「フェノミナ」など)にハードロックの曲が多く使われていることに気づいたからでした。

次回は、どういったバンドから聞き始め、どのような広がり方をしていったのか、具体的なバンド名やアルバム名を書いていきたいと思います。

次のページ

関連事項

おすすめ!ハードロック インスト BEST 30

ハードロック関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
おすすめ!80年代ハードロック名盤集~メンバーから枝葉のように広がる世界~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする