final E2000 & E3000 試聴レビュー~5000円前後のおすすめイヤホン~

2017年5月18日にfinal(ファイナル)から新しいイヤホンE2000とE3000が発売されました。

どちらも価格が5000円前後で、ダイナミックドライバーを搭載したイヤホンです。

ヘッドホン祭りやe-イヤホン等で先行試聴が出来たため、発売前からレビューが挙がっていましたが、おおむね高評価ですね。

私もfinalの空間表現と、無駄のない美しいデザインに興味を持ったので、試聴してきました。

スポンサーリンク

final E2000、E3000の見た目と音

試聴に使用したDAPは、SONY NW-ZX2で、音響エフェクト等は全てオフの状態です。

試聴曲は以下の曲を1コーラス程度、何度か聴きました。ファイル形式は全てflacです。

  • 淋しい熱帯魚(Wink)
  • LA Vie En Rose(手嶌葵)
  • ギミチョコ(BABYMETAL)
  • 卒業(斉藤由貴)
  • みずいろの雨(八神純子)
  • 石鹸色の夏(斉藤由貴)
  • インフルエンサー(乃木坂46)

なお、細かいスペックについては、公式サイト等でチェックできると思いますので、ここでは省かせていただきます。

見た目とフィット感

本体の大きさは、finalのシングルBAであるF3100~F7200シリーズよりは太めですが、かなり小さな部類で、本体が耳の穴の入り口に干渉して、痛くなるという事は、あまりないと思います。

E3000は、E2000よりも若干太めに感じましたが、気のせいかもしれません。

下の写真は、E3000です。

イヤーピースの厚みは、SHUREのシリコン程度です。

装着感は悪くはないと思いますが、本体が小さいため、小さいサイズのイヤーピースを装着した場合、耳の穴のどこまでも入って行きそうな感じがあり、こういったタイプのイヤホンに慣れていない方は、少し不安になるかもしれません。

もし購入したなら、Mサイズ辺りから試してみて、少しずつ耳に挿入し、ベストポジションを見つけてみてください。

音質について

今回の試聴に当たって、私は結構耳の奥までイヤホンを突っ込んでみました。

もしかすると、少し大きめのイヤピースを使用して、もう少し浅い位置で試聴したら、また別の感想になるかもしれません。

まず、E2000の音ですが、一言で言うと、良い意味で「普通」です。

感想を箇条書きにしてみます。

  • 音のバランス フラット
  • 音色 少し暗め、まろやか
  • 空間 音が近すぎず遠すぎず、横と上に適度な広さを感じる
  • 解像度 高いとまでは感じないが、低いとも思わない
  • 音のキレ キレがあるかないかと言われたらあると思うが、キレキレではない
  • 音の厚み 厚すぎず薄すぎず

もし、何の知識もなく、E2000を聴いていたら、ダイナミックでなく、シングルBAと思ったかもしれません。

それ程、音に荒々しさがなく、なめらかで、とても心地の良い音を奏でてくれます。

低音は強く主張するわけではありませんが、締まった芯のある音で、低音が少ないと思うことはあっても、「低音が鳴ってない!」と思うことはないと思います。

低音の解像度(音の鮮明度合い)は悪くないので、バスドラムのキックやベースラインも分かりますが、エッジ(音の輪郭)があまり立っておらず、なめらかなので、キレはあるけどキレキレという感じはしませんでした。

finalの音場は、独特の立体感を感じる製品が多くありますが、E2000に関しては、その良い意味でのfinalらしい空間表現は、少し薄く感じました。

E2000の音を総じていうと、ダイナミックなのに、低音の誇張はなく、全ての音がBAのようになめらかで、非常に聴きやすいイヤホンといった感じで、聴くジャンルを選ばないイヤホンと言えます。

次に、E3000の音ですが、E2000と比べて違いを感じる部分は、音色と空間表現です。

音色は、E2000よりもマッタリとしていて、上記の試聴曲では、Jazzの「LA Vie En Rose」が一番合うなーと思いました。

逆に、「ギミチョコ!」は、低音の響きが重なる感じがして、スピード感を殺しているような気がしました。

空間は、E2000よりもfinalらしい立体感を少しですが、感じることが出来ました。

まとめ

E2000とE3000の違いは、E2000がアルミ、E3000がステンレスという事だけですが、その音質は結構違います。

色々なジャンルの音楽を聴く方はE2000、Jazzなどのアコースティックな曲や、ゆったりとした曲を多く聴く方はE3000が聴きやすいと思います。

オーディオビジュアルアワード『VGP2017summer』において、E2000がインナーイヤー型ヘッドホン/5,000円未満部門で金賞、E3000がインナーイヤー型ヘッドホン/5,000円以上10,000円未満部門で金賞&コスパ賞受賞したので、今後、ますます注目度が高くなるイヤホンだと思います。

ただ、個人的には、このイヤホンは様々な価格帯の多くの駆動形式のイヤホンを複数所有している方々や、評論家等の玄人受けするイヤホンだと感じました。

比較的フラットで粗さのない滑らかな音質という質感の高さから、イヤホン中上級者の方々からは高い評価を受けると思いますが、初めて5000円台のイヤホンを購入するといった初心者の方にとっては、派手な音を出すタイプではないので、もしかするとつまらない音と思われてしまうかもしれません。

初心者の方が、このイヤホンの購入を検討される場合、一度、同じ価格帯であるintime(アンティーム)というメーカーの「 碧(SORA)」、SATOLEX(サトレックス)のtubomi、ZERO AUDIOの「ZERO BASS ZB-03」辺りも試聴してみてください。

再生環境や音の好みもあると思いますので、試聴して、ご自身の好みを確かめてからの購入をおすすめします(^^♪

★Amazon final E2000 商品紹介ページはこちら

★フジヤエービック final E2000 商品紹介ページはこちら

関連事項

SONY NW-ZX300試聴レビュー~アンバランス編~

intime 碧(SORA)試聴レビュー 

ZERO AUDIO「ZERO BASS ZB-03」試聴レビュー

5000円前後のおすすめイヤホン記事一覧

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
final E2000 & E3000 試聴レビュー~5000円前後のおすすめイヤホン~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする