EARNiNE EN120 Silver 試聴レビュー~気になるシングルBAイヤホン~

2017年7月22日に韓国メーカーのEARNiNEから「EN120 Silver」という5000円台のイヤホンが発売されました。

私は、オーディオニュースで、EARNiNE EN120 Silverのリリース情報を見た時、シンプルな本体と5000円台という価格、製品化までに約2年間を要し、ポタフェスなどで来場者の反応や意見を取り入れながら作り上げたという点に興味を持ちました。

最近の5000円台のイヤホンの質は非常に上がってきているため、一体どんな音を聴かせてくれるのか気になり、試聴してみました。

スポンサーリンク

シングルBAがもたらす音

見た目について

ステンレスボディの本体は、シンプルな美しさがあります。

LR(左右)の区別は分かりづらく、一見すると、どうやってLRを判断したらよいのか分かりませんが、よく見ると、イヤホン本体から出ているブーツ(本体とコードの付け根)の内側にLRの表記があります。

コードは撚り線になっており、取り回しは良さそうです。

装着感に関しては、特別良くも悪くもなく、標準的といった印象です。

音質について

EARNiNE EN120 Silverは、シングルBA(バランスド・アーマチュア)、再生周波数帯域は20Hz~20kHzで、いわゆるハイレゾ対応ではありません。

試聴にあたって、DAPはSONY NW-ZX2を使用し、音響効果は全てオフにしてあります。

試聴曲は、斉藤由貴「卒業」、Wink「淋しい熱帯魚」、BABYMETAL「ギミチョコ!!」、手嶌葵「La Vie En Rose」、欅坂46「二人セゾン」で、ファイル形式はflacですが、「二人セゾン」のみハイレゾ音源です。

音の傾向と印象

まず、音場ですが、左右はあまり広く感じませんでしたが、上下や奥行きは、左右の広さと比べるとあるように思えました。

全体的にクリア&きれいな音で、鳴っている音の中で、ボーカルの音像が一番大きいです。

全体的な音質は、硬めの傾向です。

低音はBAらしい、音の芯を聴かせるタイプですが、その芯は細身で、低音の重さや厚みはあまり感じられません。

斉藤由貴「卒業」では、音質が硬めのせいか、ボーカルのサ行が少し気になりました。

BABYMETAL「ギミチョコ!!」では、バスドラムやスネアの音の芯がクッキリと聴こえますが、その線は細身で、音圧感はほとんど感じられません。

手嶌葵「La Vie En Rose」のボーカルは、なまめかしく聴こえますが、ウッドベースの空気を揺らすような、うねりというか響きも、ほとんど感じられません。

低音の量感や力強さのなさといった低音の質感は、付属のイヤーピースによるものなのかと思い、持参した茶楽音人(さらうんど)のSpinFIt TwinBladeや、SONYのトリプルコンフォートイヤーピースに付け替えてみました。

どちらもガッチリと耳にハマり、遮音性も高まりました。

この状態で、再度試聴してみましたが、音の硬さ、低音の量感・重さに、ほとんど変化は見られませんでした。

なので、これがEARNiNE EN120 Silverの音の傾向・特徴だと思われます。

まとめ

EARNiNE EN120 Silverは、ネットで検索してみると、高い評価をされている方を多く見受けますが、これは、SHUREやWESTONEなど、シングルBA~複数のBAを積んだシリーズをリリースしている中の、1万円を超えるエントリーモデルの音を、5000円台までに落とし込んできたというところから来るものと想像します。

EARNiNE EN120 Silverは、典型的なシングルBAのバランスですが、音がモヤっとせず、音の輪郭も明瞭で、BAならではのクリアな音を聴かせてくれました。

個人的には、音の滑らかさに、音の明瞭さを加え、ダイナミック型にはないシングルBAの良さを認識してもらうことをコンセプトに作られたイヤホンのように感じました。

音楽にノリや、低音の量感を求めている方には向かないと思いますが、クリアですっきりと音楽、特にボーカルを聴きたい方にとっては、満足できるリラックスタイムを提供してくれると思います。

関連事項

ZERO AUDIO「ZERO BASS ZB-03」を買ってみた!

イヤホン・ヘッドホン関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
EARNiNE EN120 Silver 試聴レビュー~気になるシングルBAイヤホン~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする