まちろ社長、病院へ行くの巻~愛犬のフィラリア予防~

我が家の愛犬キャバリア”まちろ社長”は、今日、フィラリア予防の薬をもらいに病院へ行きました。

薬をもらう前に血液検査の注射をしますが、まちろ社長は大丈夫だったかな?

スポンサーリンク

病院でのまちろ社長は…

大体、今ぐらいの時期(4月)に通院し、予防期間である5~12月分(8回分)をもらいます。

予防薬は、飲み薬、注射と、いくつか種類がありますが、我が家はおやつタイプのものにしています。

月に一回、パパがまちろ社長をシャンプー&カットした後に、この薬をあげますが、まちろ社長は、これが大好きで、まちろ社長にとっては、月に一度の御馳走みたいです。

見た目は、ビーフジャーキーの塊のよう…

病院に連れて行く時、まちろ社長は、いつもただならぬ雰囲気を感じ取るようで、興奮してワンワン吠えます。

車に乗った後も病院に着くまで、ずっとクーンクーン、ワンワンしっぱなし!

病院に着くと、他のお友達もいるので、ちょっとビビリのまちろ社長は大人しくなります。

今日は何するんだワン!?

さて、フィラリアのお薬ですが、すぐにはもらえません。

血液中にフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)がいる状態で予防薬を投与すると、ショック症状が起きることがあるようです。

幼虫はフィラリアの成虫から生まれるので、成虫が血液中にいないか、血液検査(抗体検査)をします。

診察室に入ると、診察台に乗り、いつもの体重測定。

体重は9キロ💦

また太ったかな…なんて言っていたら、看護師さんが「前回は9.3キロだったので、ちょっと体重は減ってますね!」

う~ん、あんまり変わらない(;^ω^)

先生が聴診器で体をポンポン。

「少し心臓に雑音がありますね。キャバリアなので想定内の事ですが…。咳がひどく出るようなら受診してください。」

今まで何の問題もなかったまちろ社長ですが、もう7歳なので、気を付けて可愛がってあげないと…と肝に銘じたパパとママでした。

採血のために、先生がまちろ社長の足に注射をチクン。

まちろ社長はビクッともせず、大人しいいい子でした。

ただ、切ない目でパパとママを見つめていました💦

血液検査の結果は問題なしで、無事、フィラリアのお薬をもらえました。

まちろ社長、よくガンバリました!

もう帰りたいワン…

関連事項

犬の年齢を人間に換算すると?~犬の年齢早見表~

うまくいったかな?パパの考えた無駄吠え防止作戦!!

キャバリア記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
まちろ社長、病院へ行くの巻~愛犬のフィラリア予防~
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク