胸を打つ!泣きのギター~おすすめ泣き泣きハードロック~②

前回は、泣きのギター曲として、ゲイリー・ムーア、イングヴェイ・マルムスティーン、スコーピオンズを紹介させていただきました。

今回は、Michael Schenker(マイケルシェンカー)から始めたいと思います。

★胸を打つ!泣きのギター~おすすめ泣き泣きハードロック~①はこちら

スポンサーリンク

ギタリストごとの「泣き」フレーズ&奏法

表記は、アーティスト・バンド名の下に、曲名(アルバム名)とします。

Michael Schenker(マイケルシェンカー)

マイケルシェンカーについては、ソロやバンド名義等色々ありますが、ここでは、それらを一括した中から紹介したいと思います。

名義については、曲名(アルバム名)の後に記載します。

  1. Red Sky(Built to Destroy)<MSG>
  2. Bijou Pleasurette(The Michael Schenker Group)<MSG>
  3. Harmony(Thank You)<ソロ>
  4. Lipstick Traces(Phenomenon)<UFO>

※MSG(マイケルシェンカーグループ)

マイケルシェンカーは、とても繊細な神経の持ち主で、時には精神的に不安定になって、理解しがたい大胆な行動をとることがありました。

この精神面の大きな起伏が、ストレートにギタープレイに出ているように思えます。

それゆえ、マイケルシェンカーは精神的に不安定な時のアルバム・プレイが最高!などと言わることもあります。

1曲目の「Red Sky」は、カッコいいリフから始まるマイナー調のノリの良い曲ですが、間奏では、スローテンポになり、泣きのソロが始まります。

こういうパターンの曲は、マイケルシェンカーの曲の中によく見られますが、マイケルシェンカー自身の感情の起伏を表しているような気もします。

2~4曲目は、インストです。どの曲も感傷的なメロディーで、マイケルシェンカーの繊細な部分を垣間見ることが出来ます。

3曲目の「Harmony」は、別にこの曲でなくても良かったのですが、「Thank You」というアルバムを聴いてもらいたくて、選曲しました。

「Thank You」は、アコースティックギターのみで演奏されるインストアルバムで、マイケルシェンカーのメロディーセンスがよく分かるアルバムです。

ただ、シンプルなアレンジで曲数も多いため、もしかすると聴いていて途中でダレるかもしれませんので、このアルバムを聴くのは、他のアルバムを聴いた後でも良いかもしれません。

マイケルシェンカーのギターにはアームが付いておらず、時にギターのヘッドを手で押してビブラートをかけることがありますが、左手でビブラートをかける時も含めて、あまり大げさなビブラートはかけません。

しかし、ねちっこいチョーキングや、ワウペダルを使ったトーンコントロールによって、メロディーの哀愁性が増し、聴いていて鳥肌が立つこと必至です。

Ritchie Blackmore(リッチー・ブラックモア)

リッチー・ブラックモアについては、DEEP PURPLEとRAINBOWから選曲しました。

  1. Wasted Sunsets(Perfect Strangers)
  2. Anybody There(Bent Out Of Shape)
  3. The Temple Of The King(Ritchie Blackmore’s Rainbow)

長年ハードロックから遠ざかっていたリッチー・ブラックモアでしたが、昨年(2016年)RAINBOWを復活させ、ヨーロッパにて3公演行いました。

今年もイギリスでの4公演とファンを楽しませてくれています。

さて、上記に挙げた3曲ですが、いずれもバラードで、2曲目はインストです。

かつてのリッチー・ブラックモアのギタープレイスタイルは、時に大胆に、時に繊細で、そのパフォーマンスも見る者を魅了してやみませんでした。

リッチー・ブラックモアは、フィーリングでギターをかき鳴らすこともありますが、基本的にメロディーを重視するタイプのギタリストです。

ストラトキャスターの枯れた音を、ハンマリング&プリング、アーミング等を駆使し、なめらかに美メロを紡いでいきます。

3曲目の「The Temple Of The King」のソロパートでは、ボトルネックを用いた、たそがれを思わせるような美旋律を聴くことが出来ます。

ゲイリー・ムーアを激情型哀愁とするなら、リッチー・ブラックモアは静かなる哀愁といったところでしょうか。

Vandenberg(ヴァンデンバーグ)

  1. Kamikaze(Alibi)
  2. Burning heart(Vandenberg)

1981年に、エイドリアン・ヴァンデンバーグによって結成されたバンドです。

この頃のエイドリアン・ヴァンデンバーグのギタープレイは、マイケルシェンカーに似ています。

1曲目の「Kamikaze」は、「In to the arena」、2曲目の「Burning heart」のソロは「Bijou Pleasurette」のような雰囲気があります。

所々に見られるミュートしながら弾くそのメロディーは、胸をウッウッと突かれます。

Y&T(ワイ&ティー)

デビュー当初は、「Yesterday&Today」というバンド名でしたが、途中から「Y&T」に変更しました。

  1. Midnight In Tokyo(Mean Streak)
  2. Forever(Black Tiger)

Y&Tのポイントは、ツインギターのハモリによる泥臭いメロディーです。

その演歌チックなメロディーに、日本人なら心くすぐられること間違いなしです。

まとめ

次回は、1バンドにつき1曲、全部で10曲ほど紹介したいと思います。

<次のページ>

関連事項

おすすめ!ハードロックのインスト曲

ハードロック関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
胸を打つ!泣きのギター~おすすめ泣き泣きハードロック~②
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする