デジタル化して廃棄したカセットテープを振り返る

かつてカセットテープを大量に持っていた昭和生まれの方も、今ではデジタル化してカセットテープの多くを処分してしまった方も多いのではないでしょうか?

(関連記事)レコード・カセットテープのデジタル化のやり方

私もカセットテープに録音したものをMD、次いでパソコンへとデジタル化し、その都度、カセットテープを処分してしまいました。

最近、レコードやカセットテープなどのアナログブームが再燃し、時々、雑誌やテレビでこういった情報を見聞きすると、懐かしくなって、もう一度、あのアナログな感覚に触れてみたくなりますよね。

アナログ機器になじみのない若い世代の方々の中にも、こういったアナログ製品に興味を持たれる方がいるようなので、今回は、カセットテープを中心とした当時のミュージックライフは、どんな感じだったのか、思い出しながら書くと共に、昨年購入したラジカセとカセットテープの本(「カセットテープ コンプリート ブック」「ニッポン ラジカセ大図鑑」)の簡単なレビューなどを書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

アナログの面倒くささが思い出を深く刻む

カセットテープの使い始め

私の音楽再生機器との最初の出会いは、ソノシートと呼ばれる赤や青といった色が付いたペラペラのプラスティック製のレコードで、おもちゃのような蓋をパカッとあけて使う小さなレコードプレイヤーで、アニメ・特撮ものの主題歌等を聴いていました。

しばらくしてモノラルのラジカセを父が購入し、これをテレビの前において、テレビの主題歌等を直に録音していました。

音質は悪くても、持っていないレコードの曲を聞くことが出来ることに、大きな喜びを感じていました。

その後、ステレオ仕様の少し大きめのNationalのラジカセ、次いでSANSUIのステレオセット(コンポ)が我が家にやって来ました。

この頃になると、カセットにはコードを繋いでレコードを録音するようになり、友達とよくカセットの貸し借りをするようになりました。

小学5年生の頃、教室にはモノラルのラジカセが置いてあり、先生が給食の時間に、生徒が持ってきたカセットテープの音楽を流してくれました。

五輪真弓さんの「恋人よ」、雅夢の「愛はかげろう」、五十嵐浩晃さんの「ペガサスの朝」など、そんな感じの曲がかかっていました。

思い出深いカセットテープ

カセットテープの使い始めの頃は、どのカセットテープを使うかなどは全く考えておらず、たまたま家にあったものを使うというだけでした。

覚えているのはTDKのカセットテープ。型番までは覚えていませんが、赤や青のストライプが入ったものでした。

自分で購入するようになってから印象深いカセットテープは、FUJIのER。

これは、当時大流行し、私も大好きだったYMOがCMをやっていたので、よくERを購入していました。

後は、値段の関係とデザインで、緑のラベルのSONYのBHFもよく使っていたような気がします。

こんな感じで、当初のカセットテープ選びの基準は、音質ではなくデザインやCMといったイメージからでした。

しかし、時には値段の高いグレードのカセットテープも使ってみたくて、時々ノーマルポジション以外のカセットテープも購入しました。

その中で印象に残っているのは、まず、黄土色のラベルのSONYのDUAD。

ノーマル以外のグレードはクローム・メタルしか知りませんでしたが、DUADというのはフェリクロームという聞きなれないグレードで、興味を惹かれました。

最も印象に残っているのは、TDKのMA-Rというメタルテープ。

透明なテープカバーに、枠が鉄製で重く、いかにも高音質メタルテープという佇まいが、物凄く所有感を満たしてくれました。

テープの色は通常茶色ですが、メタルテープともなると黒に近い色で、凄味がありました。

ただ、メタルテープはデッキのヘッドの劣化を早めるという噂を聞いて、慎重に使用したものでした。

正直な所、音質の良し悪しはよく分かりませんでしたが、グレードの高いカセットテープで音楽を聴いている時は、自分自身にいい音だなと思いこませながら聞いていました。

あと、デザインで惹かれたものとして、金ぴかラベルのマクセルのUDⅡ。

高級感があって好きでしたが、中には、この金ぴかのラベルが浮いてきて、端から剥がれてくることがあって、それ以来、このカセットテープは購入しませんでした。

その後は、カセットテープをたくさん使う事から、3~5パックで安めのモノを中心に購入する感じでしたが、ある時期、特定のメーカーばかり購入していた時期がありました。

それは、AXIAのPSシリーズ。

当時好きだった斉藤由貴さんがAXIAのCMをしていて、数パックセットのAXIAには、斉藤由貴さんのカセットレーベルがおまけで付いていたので、それを目当てにAXIAばかり購入していました。

おまけが付かなくなって来てからは、特にどのメーカーのカセットテープを購入したいという事もなく、適当に購入していました。

ただ、AXIA PSシリーズの流れもあって、PS slimというカセットケースが通常のモノよりも薄めのカセットテープは良く購入していました。

ドライブする時など、カセットテープを持ち出すときは、カセットテープが10本ぐらい収納できるケースに入れていましたが、このPS slimだと10数本入りました。

なぜカセットテープを頻繁に使っていたのか

当初、音楽を聴くのはレコード中心でしたが、本格的なラジカセを購入してからは、音楽を聴く中心はカセットテープになりました。

カセットテープは録音ができるので、エアチェック(ラジオの録音)や貸しレコードの利用、レコードの好きな曲を集めたマイベストを作ることができたということが大きな要因でしたが、もう一つの大きな要因は、レコードに比べて楽ちんということでした。

当時のステレオセットは、家具のように大型で、音楽は、そのステレオセットが置いてある部屋でしか聴くことが出来ませんでしたが、ラジカセにより、どの場所でも音楽を聴くことができるようになりました。

レコードは、レコードをかける前に埃の除去をしたり、A面の再生が終わるとレコード盤をひっくり返さなければならず、これがシングル盤を連続で聴こうものなら、その手間は計り知れませんでした。

それと、レコードは購入した1発目の音が一番良く、その後は静電気と埃との格闘、レコード盤や針の劣化による音圧が高まった時の音割れ・歪みに悩まされるというパターンだったので、レコードを購入してすぐカセットテープに録音することによって、その一番いい状態の音を聴き続けられるというメリットもありました。

先程のどこでも音楽を聴くことが出来るというメリットは、ウォークマンを購入してから決定的なものになりました。

購入した歴代ウォークマンたち

小学生の高学年の頃、ウォークマンを購入してから、音楽熱は一気に加速しました。

初めて購入したウォークマンは、2代目ウォークマンのWM-2。

シルバーの本体にスタイリッシュなボタン配置、オレンジのイヤーパッドが特徴のオンイヤー型ヘッドフォン…何もかもが新鮮で、ヘッドフォンを通して聴くその音楽のステレオ感に日々感動していました。

これ以後、AIWA、Panasonicなどのメーカーもポータブルカセットプレイヤーを発売していきましたが、私は最初に購入したWM-2の衝撃が忘れられず、SONYファンになってしまったため、その後もずっとウォークマンのみ購入していきました。

次に購入したのは、オートリバース、録音可、ラジオチューナー付きのWM-F202。

最後に購入したのは、イヤホンのコードの部分にリモコンが付いたWM-703Cでした。

ウォークマンは外に持ち出して頻繁に使用していたからか、再生できなくなる、音質がおかしくなるといった具合に、大体3年前後で故障しました。

時々、落下させたりしていたので、しょうがなかったのかもしれません。

これらのウォークマンは全て処分してしまいましたが、ウォークマンを収納するポーチが1つだけ残っていました。

カセットテープで困ったこと

カセットテープは毎日触っていたので、色々なことがありました。

よくあったのがテープの絡まりです。

カセットテープを若干たるんだ状態等再生すると、カセットテープがラジカセのヘッド周辺にからまり、再生が止まってしまいます。

慎重に絡んだテープをほどきながら、事なきを得たこともありましたが、多くはテープに折り目のような傷が付き、その部分は音飛びしたりしていました。

最悪な場合は、絡んだテープをハサミで切るしかないこともありました。

小学生の時、このようにダメになったカセットテープを使って、テープってどのくらいの長さがあるのか時々実験していました。

テープのキレた部分を掴んで、自宅周辺を走り回ったり、所ジョージさんの番組「ドバドバ大爆弾」のトイレットペーパー早巻きを真似してグルグル巻いてみたり…

上書き防止の爪を折り忘れて、ラジオでエアチェックした大切なカセットテープの一部を消してしまうなんてことも時々ありました。

ただ、爪を折ったら折ったで、再度録音するには爪の部分にセロハンテープを貼ったりしなければならず、セロハンテープを付けた部分がベトベトになったりするものもありました。

その点、上記で紹介したTDKのメタルテープ MA-Rのオレンジ色の爪は脱着が出来る仕様になっており、非常に便利でした。

カセットテープの残量に悩まされたこともありました。

LPが微妙に収まらなかったり、逆に余り過ぎたり。

カセットテープは年々録音時間のバリエーションが増えてきて、大幅に無録音の部分が余るという事は無くなって行きましたが、それでも3分切るぐらいの微妙な余りが出る時がありました。

私は、この部分がもったいなくて、録音したアルバムとは全く関係のないシングル曲をよく録音していました。

その時に活躍した曲が、河合奈保子さんの「ムーンライト・キッス」

この曲は、2分台で終わる曲なので、色々なカセットテープの終わりの部分では、この曲が流れていました。

据え置きのカセットデッキを購入した際に混乱したのがドルビーという機能で、これにはB,Cやらの種類があって、これを使用するとノイズが低減しましたが、この機能がない機器で再生すると、音が明るくなると同時にノイズが盛大に乗ってしまい、使いづらい機能だったので、あまり使用することはありませんでした。

ダブルデッキを購入してからは、ダビングを良くしましたが、カセットのダビングを繰り返していくと、段々ピッチ(再生スピード)が上がって来てしまいます。

友達同士でバンドをやるためにダビングを重ねたテープで耳コピして練習に臨んだところ、音が半音ぐらいずれていて、全く合わなかったなんてこともありました。

カセットテープを上書きする時の失敗もありました。

カセットデッキのイレースヘッドが汚れていたりすると、上書きしても前に録音した音が若干残っていて、音が重なり、奇妙な音になってしまったり、カセット全体のイレースをしないまま上書きし、テープの最後の方に、前に録音したものが急に聞こえて来たり💦

カセットテープの使い終わりと廃棄

カセットテープの使用頻度が低下し始めたのは、レコードがCD変わった辺りからでした。

かつて、購入したレコードは必ずカセットテープに録音して、それ以後、レコードを聴くことはありませんでしたが、CDになってからは、カセットに録音しなくても、高音質を維持し続け、聴くのも簡単だったので、購入したCDに関しては、必ずしもカセットテープに録音するということはなくなってきました。

ただ、レンタル市場も盛り上がっていたので、まだまだカセットテープは日常生活において、切っても切り離せないものでした。

カセットテープ離れが加速したのは、MDの登場でした。

MDレコーダーを購入してから、カセットテープを購入することはほとんどなくなり、さらにPCにMP3,WMAといった形式で音楽を取り込めるようになってからは、完全にカセットテープとはお別れでした。

ただ、後悔しているのは、PCへの取り込みのほとんどが失敗し、取り込んだ後の状態を確認しないまま、カセットテープを破棄してしまったことです。

当時、初めて購入したパソコンの性能が低く、ラジカセからPCに録音している時、他の機能が勝手に働いていたせいか、頻繁に音飛びしていました。

しかも、ステレオ出力だと思っていたラジカセのアウトプット端子が、モノラル使用だったという失態。

皆さんも、今後カセットテープをデジタル化する時は私のような失敗をしないよう、PCで他の作業をしない等、PCになるべく負荷をかけない状態でやってくださいね。

なお、カセットウォークマンとDAP(デジタルオーディオプレイヤー)の音質差が気になる方は別記事て書いていますのでご覧になってみてください。

カセットウォークマン vs NW-ZX2 音質の良いのはどっち!?

ラジカセ・カセット本の紹介

昨年、「カセットテープ コンプリート ブック」と「ニッポン ラジカセ大図鑑」という本を購入しました。

前者はカセットテープとウォークマン等のポータブルプレイヤー中心、後者はラジカセ中心の本となっています。

カセットテープ コンプリート ブック

発行所はネコ・パブリッシングで、約21×26㎝、200ページ程のボリュームがあります。

その年ごとに発売されたカセットテープがオールカラーで掲載されており、モデルチェンジや技術革新の様子が事細かに書かれています。

ウォークマンを中心としたポータブルカセットプレイヤーもほぼ網羅されており、写真とスペックをみて、当時自分の所有していた機器に再会することができます。

一番興味深かったのは、AXIAブランドの立ち上げと斉藤由貴さんをイメージキャラクターに採用した背景とTDKのメタルテープMA-Rの誕生秘話。

当時、何の考えもなく使用していたカセットテープでしたが、こういった背景と共にカセットテープを振り返ると、私たちの生き抜いた青春時代が、より鮮明に浮かび上がってくるような気がします。

★Amazon 「カセットテープ コンプリート ブック」商品紹介ページはこちら

ニッポン ラジカセ大図鑑

発行所はスタンダーズ株式会社で、約18.5×26cm、150ページ程の内容です。

カセットテープについての話も書いてありますが、ほぼラジカセ中心の本です。

発売された全てのラジカセが載っている訳ではありませんが、1968年に発売されたAIWA TPR-101から始まり、後年の重低音ラジカセまで、その年の主要なラジカセの概要とカラー写真が掲載されています。

カセットテープをどのラジカセで聴いたのかということも重要で、私たちの過去の記憶を鮮明に呼び戻してくれます。

どのような背景から、どのようにラジカセは進化していったのか、興味深い内容がぎっしりと詰まった本です。

★Amazon 「ニッポン ラジカセ大図鑑」商品紹介ページはこちら

まとめ

アナログブームを見ていると、かつての感覚が懐かしくなり、時々、レコードやカセットテープを聴いたりしていますが、やはり、もう慣れてしまった便利なデジタルオーディオから、アナログ中心の生活に戻ろうとは思いません。

しかし、気に入ったアルバム数枚ぐらいはカセットテープに録音して、昔ながらのスタイルのコンパクトなラジカセで聴いてみたいという欲求に駆られます。

カセットテープなどのアナログ機器は、現代のデジタル機器よりも、音の核となる部分の音の聴かせ方がうまいと感じます。

現在売られているラジカセの中にも、パナソニックのRX-FS27-KやSANSUIのSCR-B2など、80年代に流行った形状のラジカセがあるので、こういったラジカセをお探しの方は是非チェックしてみてください。

★Amazon パナソニック「RX-FS27-K」商品紹介ページはこちら

Amazon SANSUI「SCR-B2」商品紹介ページはこちら

関連事項

2017 大ラジカセ展に行ってきました!

昭和TVとレトログッズ記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
デジタル化して廃棄したカセットテープを振り返る
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク