ベッキーも出演していた!「ブースカ ブースカ」

70~80年代にテレビっ子だった方に是非、お勧めしたい作品です。この作品を見れば、思わずニヤッとすると思いますので、1960年代後半に放送された「快獣ブースカ」の平成版「ブースカ ブースカ」を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

心温まるギャグドラマ

1999年から2000年の間でテレビ東京の朝7:30から毎週土曜日に放送され、全38話で構成されています。

内容をざっくりお話ししますと、発明家の息子で、父親より優秀な発明をする屯田雄作がブースカを作り出し、ブースカと屯田雄作の友達を中心に、色々な騒動に巻き込まれていくというものです。

私は放送当時30代だったのですが、思いのほかハマり、DVDも買ってしまいました。この作品を見たことのない方は、「キャラのかわいい子供番組でしょ?」と思うかもしれませんが、侮ってはいけません!とても笑えるし、70年代の小学生の頃に自分を引き戻す力があります。

覚えてますか?「ケンちゃん チャコちゃん」「5年3組魔法組」

この作品を色々見て、子供のころに見た何かの番組に似ているなと思っていました。そして、まず思い出したのが、「ケンちゃん チャコちゃん」「5年3組魔法組」でした。

いたずら・けんかをして反省し、友達への思いやり、道具を使って大騒ぎ、最後は失敗するけれど、なんだか温かい気持ちになる、そして子供たちの見事な演技、そういった要素がこの「ブースカ ブースカ」にあります。

「時間ですよ」的なドラマの笑い

大体、必ずと言っていいほど、「時間ですよ!」の堺正章さん、「ムー一族」の由利徹さんののような体がガクッとなるようなくだらないギャグや言い間違えとツッコミがあり、ほんとにこれは、昭和の笑いです。

ストーリーの良さ(道徳的側面とギャグの側面)、キャラクターのかわいさといった点が、この「ブースカ ブースカ」に詰め込まれていますので、家族で見てもみんなが楽しめる作品だと思います。

若かりし頃のベッキーさんも出演していました!

出演者も面白いです。屯田雄作の母役は、角川映画のヒロインに起用された渡辺典子さん、屯田雄作の住む夢町の治安を守る泡手刑事役は、映画版「家族ゲーム」やドラマ「青い瞳の聖ライフ」「ヤヌスの鏡」に出演していた宮川一朗太さんです。

そして、第12話の「冬の国ものがたり」という回に、当時15歳ぐらいだったベッキーさんが出演していました。ベッキーさんがメジャーになってきた時、「この子どこかで見たことあるな」思い、思い出したのがこの「ブースカ ブースカ」で、ちょうどDVDを持っていたので、見たところ、やはりベッキーさんでした。ただ、当時のクレジット(芸名)が、レベッカ・レイボーンとなっていたため、しばらくは分かりませんでした。

この話の内容は、屯田雄作とその友達が公園で遊んでいるとき、雪のような色白の少女ルルが突然現れ、屯田雄作の友達のおさむが、ルルに恋してしまうが、ルルは、「冬の国ものがたり」という子供向けの本に出てくる少女にそっくりで、、、、というちょっと切ない話です。

なんか最近面白いテレビがないな~と思っている方は、是非ご覧になってみてください。

スポンサーリンク
ベッキーも出演していた!「ブースカ ブースカ」
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする