THE ALFEE 1989 U.S. CAMP DRAKE ASC 現在の様子は!?

1989年8月13日(日)U.S.CAMP DRAKE ASCと題されたTHE ALFEEの一夜限りの夏のイベントが埼玉県朝霞市で行われました。

このライブ会場となった場所は、キャンプドレイクと呼ばれる米軍キャンプ跡地で、現在は、一部雑木林で、その他は中学校や公園などの公共施設となっています。

地元なので、この辺りはよく来ますが、このライブに参加したにもかかわらず、何故かTHE ALFEEがU.S.CAMP DRAKEをやった場所とあまり意識をしたことはありませんでした。

本日(2017年8月12日)は天気も良く、明日がその28周年なので、当時のライブ会場の様子を意識しながら、朝霞駅からこの近辺を散策してみました。

果たして、当時を思い起こさせてくれるものは残っているのでしょうか?

スポンサーリンク

様変わりしたU.S.CAMP DRAKE ASC

まずはパンプレットの確認!

出かける前に、THE ALFEE 1989 U.S. CAMP DRAKE ASCのパンフレットを押し入れから取り出してみました。

袋の中には、スケッチブック型のコンサートパンフレットとクレヨン、コンサートインフォメーションのチラシが入っていました。

クレヨンは弾丸に見立てられ、短く切ったガンベルトに収納されています。

よく見てみると、粉を吹いていて、今でも使えるのか不安になります。

クレヨンをホルダーから抜き取る時に、折れちゃうかも…(*ノωノ)

クレヨンホルダーの裏面はこんな感じです。

コンサートインフォメーションのチラシを開いて、会場がどんな感じだったのか確認してみました。

これを見ても、自分がどの位置で見たのかさっぱり思い出せません💦

ただ、この会場の位置は、現在のこの辺りの様子からして、大体見当が付きました。

会場の位置については、後述します。

そうそう、ペンダント型のコンサートチケットも忘れてはいけませんね!

散策開始!

朝霞駅は改装され、当時の朝霞駅の雰囲気は感じられません。

U.S.CAMP DRAKE ASCの会場だった場所には、朝霞駅南口から行くことになりますが、この南口のバスロータリーには、本田美奈子さんの記念碑が立っています。

さて、南口を出たら、まっすぐ商店街を進むべきか…

それとも、左に曲がって、大通りに行くべきか…

当時、どの道を通って会場へ行ったのか全く覚えていないので、大人数で通るには、狭い商店街より、大通りのはず!と思って、本日は大通りを通って行くことにしました。

今回は、以下のようなルート(赤い線)で、現地まで行ってみました。

緑で囲んだ場所が、コンサート会場だったところです。

ちなみに、上記の赤線と緑の線は、先程のクレヨンで書きました。

クレヨンを取り出す時、折れないように、おっかなびっくり取り出し、書いてみましたが、スラスラとキレイに線を書くことが出来ました(^_-)-☆

朝霞駅南口を左に向かって、しばらく行くと、東武ストアがあり、ここを右折します。

しばらくまっすぐ行くと、郵便局が見えてきます。

上記の写真でいうと、郵便局のところを、左の赤い車の見える方へ渡ります。

右手に雑木林が見えますが、この辺一帯が元米軍キャンプ跡地です。

この雑木林に沿って進んでいきます。

フェンス内には、所々に道路のようなものがあります。

道路を挟んだ向こう側には、図書館、体育館などがあります。

さらに進んでいくと、公共施設用の臨時駐車場が見えてきました。

この入り口は、ここ(下の写真)を右に曲がって、すぐ右に曲がるのですが…

駐車場に入らずまっすぐ行くと、そこにはゲートが…

このゲートのずっと手前から立ち入り禁止なので、近くまで行けませんでしたが、もしかすると、これは…

う~ん、違いますね(^-^;

さて、さらに直進して行くと、道を挟んだ向かい側に、朝霞中央公園陸上競技場が見えます。

この辺りまで来ると、フェンスの終わりが見えるので、ここを右折します。

このフェンスに沿って、しばらく行くと、朝霞第一中学校が見えてきます。

フェンスに沿って、右折すると、朝霞第一中学校の正門の前を通ります。

たぶん、この辺りが、ステージだったのではないかと思います。

この向かい側には、朝霞西高校があります。

朝霞第一中学校の駐車場を通り過ぎると、また雑木林になります。

そろそろ、何か当時の痕跡はないものか?と思いながら、直進して行きました。

すると、またフェンス内に道路のようなものが見えました。

ここは、かつて私たちが歩いた場所なのでしょうか(・・?

一部に、竹藪がありました。

錆びれた道路標識のようなものも数か所見えました。

このまままっすぐ進んでいくと、雑木林は終了し、朝霞の森という公園に着きます。

これで、初めにお見せしたルートを回ったことになります。

まだ雑木林が残っている分だけ、当時の面影がありますが、この部分も整備されてしまったら、ここがかつてTHE ALFEEがライブをやった場所だったなんて、全く分からなくなってしまいますね。

まとめ

先日(8月8日)、THE ALFEEの日本平オールナイトコンサート「SUNSET SUNRISE」の30周年ということで、ツイッターにて、多くの方々から、現在の日本平の様子をたくさん見せていただきました。

私は、あのコンサート以来、日本平には行ったことがなかったので、現在の日本平を見ることが出来て、感激しました。

朝霞市は観光地という訳ではないので、当時THE ALFEE 1989 U.S. CAMP DRAKE ASCに参加された方でも、中々来ることはないと思い、今回、THE ALFEE 1989 U.S. CAMP DRAKE ASCの現在の様子を書いてみました。

ただ、先日終わってしまいましたが、朝霞市では、彩夏祭(さいかさい)という比較的規模の大きい夏祭りが、8月の第一金土日の3日間行われますので、機会があれば、そういったイベントに合わせて、この辺りを是非散策してみてください。

多くのチームが競い合う、よさこい踊りは圧巻ですよ!

関連事項

THE ALFEE SUNSET SUNRISE~30年後の日本平の様子は!?~ 

70~80年代 シール集めをしてました!~雑誌やお菓子のシール~

70~90年代に買ったギターを引っ張り出してみた!

THE ALFEE関連記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
THE ALFEE 1989 U.S. CAMP DRAKE ASC 現在の様子は!?
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする