中森明菜 ハイレゾ&CD 音質比較「北ウイング」「セカンド・ラブ」

80年代トップアイドルだった中森明菜さん。松田聖子さんと人気を2分し、現在でも活躍され、その人気を保っていますが、それだけに多くのアルバムがリリースされ、近年ではハイレゾ配信もされています。

これから、又は昔を懐かしんで中森明菜さんを聞きたいと思われる方は、まずベストアルバムをチョイスされる方も多いと思います。

ベストアルバム自体、数種類リリースされていますので、自分の聞きたい曲がどのベストアルバムにも収録されている場合、どれを購入したら良いのか迷われると思います。

その判断基準の一つとして、今回はハイレゾはCDの音質とどのくらい違うのかということも含めて、音質の聞き比べをしてみました。

スポンサーリンク

使用する3つのベストアルバムと試聴環境

今回使用するベストアルバムは、1986年にリリースされた「BEST」、2014年にリリースされた「オールタイム・ベスト -オリジナル-」、2009年にリリースされた「コンプリート・シングル・コレクションズ -ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>」です。

ファイル形式は、「BEST」はハイレゾ、それ以外はCDのFLACです。

各アルバムの仕様

「BEST」


音楽配信サイトからのハイレゾ音源です。ハイレゾ化に当たって、オリジナルマスターを使用したのか、CDをアップサンプリングしたのか注釈がないため不明です。

「オールタイム・ベスト -オリジナル-」


特にデジタルリマスター等の表記はありませんが、リマスターはされていると思います。

「コンプリート・シングル・コレクションズ -ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>」


デジタル・リマスタリング(全てオリジナル・シングル・マスター使用)と記載されています。

試聴環境について

パソコンにSONYのポータブルアンプPHA-2をUSB経由で繋ぎ、ヘッドホンはSONY MDR-Z1000を使用します。パソコンの再生ソフトはSONYのMEDIA GOです。

同アルバムより「北ウイング」「セカンド・ラブ」の試聴開始!

「北ウイング」

「BEST」

全体的に音がタイトで、そのせいか聞き始めは硬めに聞こえますが、聞いているうちに特に硬いとは思わなくなっていきました。ただ、少し乾いた音のような気もします。

ボーカルが少し前に出て聞こえる感じがします。

解像度は驚くほど高いです。顔面から放射線状に空間が広がって行き、エコーなどのかかっているエフェクト音がすべて聞こえます。特に「不思議な力で~」と音を伸ばしている時、その空間に吸い込まれていくような感覚に陥ります。

特にリマスター等の記載はないので、音色や音のバランスは発売当時のままだと思います。

「オールタイム・ベスト -オリジナル-」

「BEST」と比べると、全体的にまろやかな音質です。

低音は締まりと適度な肉付きがあり、とても自然な音色です。肉付き感があるせいか、若干「BEST」より量が多めに聞こえます。

空間は、左右は「BEST」とあまり違いはありませんが、奥行は圧倒的に「BEST」の方があります。

ボーカルは引っ込むことはありませんが、低音のまろやかで線の太い音と比べると、少し厚みが薄く感じます。

「コンプリート・シングル・コレクションズ -ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>」

「BEST」と比べて、まろやかな感じがするのですが、音は明るく、音の輪郭がくっきりしており、クリアーで力強い音です。

解像度は「オールタイム・ベスト -オリジナル-」よりも高く感じます。

低音の量感は「オールタイム・ベスト -オリジナル-」と同じぐらいですが、こちらの方がベースラインはつかみやすいです。

音場の広さは「オールタイム・ベスト -オリジナル-」と同じぐらいです。

ボーカルは肉厚で不自然さを感じさせません。

「セカンド・ラブ」

「BEST」

全体的に音がタイトで、若干乾いた感じに聞こえるところや、ボーカルが少し前に出る感じは「北ウイング」と同じです。

空間については、「北ウイング」ほどの広がりは感じませんでしたが、細かい音ははっきりと聞こえます。

「オールタイム・ベスト -オリジナル-」

全体的に音がまろやかで、艶やかに聞こえます。

低音は「北ウイング」同様、タイトさと適度な肉付きを感じます。

空間は、「BEST」よりも上下の広さを感じます。

音のバランスはフラットだと思います。

「コンプリート・シングル・コレクションズ -ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>」

「BEST」との違いははっきり変わるのですが、この曲に関しては「オールタイム・ベスト -オリジナル-」との違いを見つけ出すのが困難でした。何度も聞きましたが、ほとんど違いを見出せんでした。

あえて違いを上げるとすれば、こちらの方が音の輪郭がよりくっきりしているところでしょうか?

まとめ

まず、ハイレゾ音源についてですが、私はこの他にもハイレゾ音源を入手してCDとの聞き比べをしました。

ハイレゾを聞いて「すごい!CDと全然違う!」と思うかどうかは、オリジナル音源がどのような録音状態であったか、又はハイレゾ用にマスター音源からしっかりとリマスターされているかによると思います。

私の個人的感想では、「北ウイング」に関しては「さすがハイレゾ!」と言える音質だったのに対し、「セカンド・ラブ」では、他のCD音源の方が音質・空間表現共に聞きやすく、どれを選ぶかと言われたらCD音源を選ぶと思います。

この3つのアルバムを全部聞いてみて、解像度・音圧感・空間描写等、個人的に一番バランスよく高音質と感じたのは「コンプリート・シングル・コレクションズ -ファースト・テン・イヤーズ<ライノ・プレミアム・エディション>」でした。

皆様それぞれの感じ方の違いもあると思いますので、一つの参考にしていただければ幸いです。

関連事項

ハイレゾ関連記事一覧

岡田有希子 UHQCDと他のリマスターCDとの音質比較

斉藤由貴ハイレゾ版「ガラスの鼓動」音質レビュー

80年代アイドルソング記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
中森明菜 ハイレゾ&CD 音質比較「北ウイング」「セカンド・ラブ」
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする