80年代女性アイドル ヒットに恵まれなかった名曲紹介!

80年代には多くのアイドルがデビューしましたが、ザ・ベストテンや夜のヒットスタジオ等の人気番組に常連のように出演できたのは、ごく一部のアイドルで、現在も懐かしのアイドルとして番組に呼ばれるのは、やはりこういった方々のみです。

アイドルソングの場合は、単に曲が良ければ、歌がウマければヒットする訳ではなく、アイドル自身の持つ要素に良曲が噛み合い、それに伴うプロモーションなど、様々な要素が時代に合致しなければ、日の目を見ることはありませんでした。

今回は、認知度が低いと思われる、いわゆるB級アイドルを中心に、私が良く聴く曲の中から10曲程度紹介したいと思います。

松田聖子、河合奈保子、中森明菜、小泉今日子、中山美穂といったメジャーなアイドルソング以外の良曲を探している方は、是非読んでみてください。

アイドルソングの名曲探しのきっかけになれば幸いです。

スポンサーリンク

隠れた80年代アイドルソング

以下に紹介する曲のほとんどは、動画配信サイト等で試聴することが出来ると思いますので、歌手名&タイトルの部分をコピペし、検索して聴いてみてください。

CD化され、現在入手できるものに関しては、どのCDに収録されているのか分かるように、商品リンクを貼っておきます。

気になった曲があれば、確認してみてください。

荻野目慶子「愛のオーロラ」

荻野目慶子さんは、荻野目洋子さんのお姉さんです。

荻野目慶子さんをアイドルと呼んで良いのか分かりませんが、映画「南極物語」で見た荻野目慶子さんは、私にとってアイドルでした。

この「愛のオーロラ」という曲は、「南極物語」のイメージソングで、劇中で流れた曲ではありません。

それだけに、この曲を聴いたことがない、もしくは耳にしたけど忘れてしまった方という方も多いのではないでしょうか?

曲調は悲しげな雰囲気を持つの壮大なバラードで、まさに広大な南極をイメージさせるような曲です。

薬師丸ひろ子さんのようなフワッとしたファルセットボイスで歌われる「愛のオーロラ」は、胸にグッと突き刺さるような曲です。

渡瀬麻紀「I LOVE YOU」

渡瀬麻紀さんは、1987年にアイドルとしてデビューし、3枚のシングルをリリースした後、リンドバーグというロックバンドのボーカルとなりました。

渡瀬麻紀さんの声は艶やかで、音程のしっかりした余裕のある歌い方が特徴です。

2枚目のシングル「I LOVE YOU」は、バラードのような切ない感じから、疾走する曲調へと変わって行きます。

アイドル時代の渡瀬麻紀さんの曲は、全てCD化されておらず、現在ではレコードのみで聴くことが出来ます。

CD化されることを熱望してやみません。

原日出子「約束」

原日出子さんは女優で、アイドルではありませんが、この曲がアイドルのコンピレーションCDに収録されていること、アイドルソングが好きな中川翔子さんなどがカバーしていることから、選曲しました。

作詞:松本隆、作曲:筒美京平による「約束」は、やさしい感じのするポップソングです。

歌詞とメロディーが非常に印象的で、この曲を聴いていると、心がほっこりする感じがします。

麻田華子「Doubt!」

麻田華子さんは、1988年にデビューし、その後、改名等をしながら活動を続けていました。

「麻田華子」名義では、5枚のシングルをリリースしましたが、この「Doubt!」はセカンドシングルです。

気持ちが晴れ晴れするような元気いっぱいのアイドルソングで、麻田華子さんのかわいらしくもしっかりとした歌唱が、この曲にマッチしています。

浦川智子「北風のピリオド」

1988年にリリースされたデビューシングル「北風のピリオド」。

ジャケットの表情は寂し気で、NSPの天野滋さんが作詞作曲した、その曲調も悲しげです。

歌謡曲然としたメロディーが印象的な曲です。

吉田里子「とまどい」

吉田真理子さんも、先程の浦川智子さんと同年の1988年にデビューしたアイドルです。

この頃、アイドルの人気は陰りを見せ、音楽番組の視聴率は低迷し、様々なアイドルを目にする機会がめっきり減りました。

この年、私がリアルタイムで目にしたアイドルはあまりいなく、そんな中でも偶然目にして好きになったアイドルが吉田真里子さんでした。

デビュー曲「とまどい」は、ゆったりとしたやさしい感じの曲で、かわいらしくも切ない乙女心を歌った曲です。

吉田真里子さんのちょっとたどたどしい歌い方や、間奏の初々しい語りが、アイドルソングの王道を感じさせてくれます。

吉田真里子さんに関しては、別記事でも紹介していますので、興味があったら読んでみてください

★吉田真里子関連記事はこちら

坂上香織「レースのカーディガン」

当時、フジテレビで放送されていた「オレの妹急上昇」という30分のコメディーホームドラマを見ていて、シブがき隊のフッくんの妹役として出演していた坂上香織さん見て、かわいいなーと思っていました。

番組終了後、1988年8月にアイドル歌手としてデビューしましたが、「レースのカーディガン」は、そのデビュー曲でした。

少し低めの鼻にかかった声が特徴的で、物悲しい曲調のデビュー曲をひたすら歌う姿が印象的でした。

佐野量子「雨のカテドラル」

佐野量子さんは、1985年にデビューしたかわいらしく、おっとりとしたイメージのアイドルです。

シングルは17枚リリースしていますが、マイナー調(悲し気な雰囲気)の曲が多めです。

その中でもサードシングルである「雨のカテドラル」は、西城秀樹さんの「サンタマリアの祈り」の女性版といった雰囲気で、愛する人を失って感極まるような物凄く悲し気な曲です。

曲の所々に佐野量子さんの語りが入っていて、純真な少女の心を垣間見ることが出来ます。

徳丸純子「恋はシーソーゲーム」

徳丸純子さんは、1983年に「聖・ファーストラブ」でデビューしました。

サードシングル「恋はシーソーゲーム」は、デビューシングルのマイナー調ポップ路線を継承しながら、サビの”恋は 恋は 恋は”というフレーズの繰り返しが、曲にインパクトを与えています。

村田恵里「オペラグラスの中でだけ」

村田恵里さんは、1985年にデビューしたアイドルで、後に改名をしたりしながら音楽活動を続けていきました。

「村田恵里」名義でリリースしたシングルは2枚のみで、この「オペラグラスの中でだけ」はデビューシングルとなります。

曲調も歌い方もかわいらしく、おっとりとしたやさしい曲調に癒されます。

まとめ

ヒットに恵まれなかったアイドルの名曲は、まだまだたくさんありますが、今回はここまでにしておきます。

また別の機会に書いてみたいと思いますが、この種の記事は「アイドル裏名曲」とタグをつけておきますので、興味がありましたら、時々確認してみてください。

関連事項

80年代アイドルソングの原曲~カバー曲をピックアップ!~

80年代アイドルソング記事一覧

ブログトップページ

スポンサーリンク
80年代女性アイドル ヒットに恵まれなかった名曲紹介!
この記事をお届けした
おすすめイヤホンと黄金の80年代の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする